2017年10月02日

夢の島ライド&クルーズでプチセレブ

昨日は夢の島ライド&クルーズを企画してお知り合い4人と行ってきました。

彩湖集合で荒川サイクリングロード左岸を下り、まずは葛西臨海公園へ。
IMG_3443.JPG
おなじみの風景ですね。

葛西臨海公園から夢の島マリーナへは、荒川河口橋を渡ります。右岸からだとこの橋には入れないので、清砂大橋が自転車で渡れる最南端の橋だと思っている人が多いけど、実は荒川河口橋も渡れるんです。ただし、歩道は橋の北側にしかないので要注意。
今回は時間がなくて行かなかったけど、橋の西詰から海辺の気持ちいいサイクリングロードを通って若洲海浜公園にも行けてそのルートもお勧め。

今回の企画は、夢の島マリーナの「夢の島マリンフェスティバル2017」の東京ゲートブリッジ船上見学会への参加がメインイベント。夢の島マリーナで不定期開催されている東京湾ショートクルーズ(\1500/人)とほぼ同じ内容が無料で楽しめるという大変お得なイベントです。ヨットに無料で乗れるセーリング体験会もそそるけど、9:30-13:30の間拘束されるとのことで諦めました。

今回の東京ゲートブリッジ船上見学会は2隻のクルーザーが用意されていて、下の写真が二千万円、写真撮り忘れたもう1隻は一億円の豪華クルーザー。しがないサラリーマンなもんでついつい金額が気になってすんません。
IMG_3444.JPG

自転車は10本くらいのワイヤー錠でガチガチロック。
IMG_3445.JPG
乗船中はチャリの監視は出来ないし、滅茶苦茶不安ですもんね。

事前情報だと9:30の受け付けに並べば初回10:10のクルーズはほぼ確実に乗船出来るということだったけど、いきなり予測外の事態が発生。9:10頃で既に多数の方が行列、超焦りましたよ。
結果的には10:10以外の予約の方がいるのか、2千万円より1億円でしょうやっぱりという方がいるのか(笑)分かりませんが、小さいほうの船で初回のクルーズをギリギリ5人分予約出来て超ラッキー。

マリーナ内の豪華な船をノンビリ眺めながらクルーズスタート。
IMG_3446.JPGIMG_3447.JPG
IMG_3448.JPG

これ、セーリング体験会の船かな?
IMG_3452.JPG
かなりの数のヨットが出てましたよ。オーナーの方のボランティアなんだろうか?

メインイベントのゲートブリッジ見学。
IMG_3456.JPG
日差しは強かったけど、海上の風は冷たいくらいでとっても快適なクルーズでした。

おっさん5名、って言ったら約1名がおっさんじゃないって怒ってたので、野郎5匹くらいにしときますか(笑)。
IMG_3460.PNG
皆さん楽しんで頂けたようで嬉しかった。

ランチは有明ニルヴァナムで。こちらも監視出来ない屋外の駐輪場しかないのでガチガチロック。
IMG_3457.JPG
ランチはビュッフェ\1200の一択だけど、本格的な南インド料理で葛西のダメなお店よりずっと美味しい、保証します。
みんなでガッツリ食べました。食べ過ぎて帰路はカレーゲップに苦しみながら挽いたことは一応参加者にも秘密(笑)。

夢の島マリンフェスティバルがこんなに人気のイベントになったのなら二度とこのツアー企画出来ないかもなー。でも普段の\1500の東京湾ショートクルーズも十分お得だと思いますよ。なんたって東京湾岸までライドしてマリーナのセレブな雰囲気味わいながらクルーズなんて素敵じゃありません ? 海無し埼玉県人だからそう感じるだけなのかもですけど(笑)。

Stravaのログはこちら

2017年10月01日

猛者の方々と松郷〜弓立山〜白石峠へ

昨日はお誘い頂いた方々と松郷〜弓立山〜白石峠へ。
IMG_3407.JPG
いつも通り自走で行ったけど、集合時間の関係上 5:00 に自宅を出る必要があって夜明け前のピキーンと張り詰めた空気の荒サイを走ることに。
IMG_3408.JPG
昨今、夜明け前の気温が急激に下がっていて夏装備だと風邪ひきそうでヤバかった。でも僕はこの空気が大好き。やっと荒サイも冬に向かう。早朝から荒川峠と戦って、さらに奥武蔵の峠をねじ伏せる、超辛いけど大好きなシーズンがやってくる。

肝心のイベントですが、ユルいイベントって聞いていたのでゆるクライムのつもりで行ったら、松郷で既に全員に僕負けてる(泣)。当然弓立山でも取りこされて、白石でも白石初めての方にペースメーカーにされて最後の200mでのスプリント勝負に負ける。散々でした。
でも、こんな強い方々との走りが僕を育てることも分かってるので楽しみましたよ。

ランチはWinderlandで。白石峠登り口から約700mにある。あまりに美味しくて安く本当は教えたくないところなので、画像だけにしとく。
IMG_3413.JPGIMG_3414.JPG

下里分校近くに良い感じのカフェ(Momo)出来てましたよ。
IMG_3409.JPGIMG_3411.JPGIMG_3410.JPG
9月は営業したけどスタッフが足りず今はクローズとのこと。

Stravaのログはこちら

2017年09月25日

私は二度と貧脚とは言わないぜ宣言

今までこのブログにも謙遜のつもりで何回も「貧脚なもんで」的なフレーズ書いてきたわけですよ(本当に貧脚だと思ってたし)。

でも、こちらの記事を見て愕然とした。確かにその通りだと思った。

もしこのブログを読んで「一般的に考えてあんた貧脚じゃないし、それ嫌味だよ」と感じた方がいらっしゃったら平身低頭謝ります、ごめんなさい。読んだ方の感情を全く考えて無かった。

もう二度と私は貧脚だとは申しません。ここに宣言します。

へたに補足すると袋小路に迷い込みそう、でも以下あえて書きます。

お土産物の「つまらないものですが...」的な社交辞令と、人の能力を表現する「貧脚」は違うでしょっていうところでしょうか ? 自分の脚は「貧脚」でもなく「剛脚」でもないただ一つの私の能力。謙遜しても自慢しても誰に対してもそれは失礼。
このブログなんてライド記録からタイムから散々書き込んでいるので、私の能力は丸分かり。いまさらどう修飾してもしょうがない(笑)。

SNS じゃなくても、ライドで初対面の相手に「貧脚ですがよろしくお願いします」とか言っちゃう場面もありますよね。あれも止めたほうが良いと思う。明らかに相手が遥かに剛脚で迷惑かけそうなんで、「お手柔らかに」って防衛線張りたい意思で言いたい時は正直あります。僕も何度も言ってきましたが、「貧脚」に違和感感じる人は多いかも。巡航速度 n km ならなんとかとか、xx 峠は m 分で登れますとか言われたほうがよっぽど分かりやすい。
ちなみに遥かに剛脚な方ほど、初対面でもこちらの筋肉のつき方やら装備やらペダリングでどんだけのレベルか瞬時に見透かすことが出来ます。僕もそれがある程度出来るようになってきてからは、誰に対してもまな板の鯉のつもりで謙遜も自慢もせず自然体で接するのが一番良いと思うようになってきました。
posted by モッパー at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2017年09月24日

赤城山ヒルクライム本番 : 目標には達せずも自己ベストはなんとかギリ更新

昨日は赤城山ヒルクライム本番。

結果は前回試走時の自己ベストをなんとかギリギリ3秒更新。
IMG_3380.PNG
でも、今年は 1:30 切りを目標にしてきて、試走結果からこれはいけるだろうと思っていたのでかなり不本意。

いつも通り、こちらの記事に書いたタイムテーブル(こちらのサイトで作れます)をトレースしたけど、12km あたりまでは 1:30 ペースを上回って走れるのに、その後スタミナ切れで失速してしまうのは試走と変わらず。
なんかレース慣れしてしまったのか、ヒルクライムレースに最初参戦した時のドキドキ感というか壊れました感が無くなって、試走時と同じように淡々と走ってしまったように感じる。猛反省中。

今年は榛名成木三峰赤城に参戦したけど、事前に何度か試走してタイムを向上していきたい僕のスタイルだと4つはキツい。来年は3つに絞ろう。
日帰りで手軽に試走出来ることとルートのオープン率が高いことを考えると、榛名成木赤城になっちゃうかな。

しかし、ロードバイクに乗り始めてから5年、坂上るなんてあり得ない右矢印1坂の虜に右矢印1でもヒルクライムレースなんてあり得ない右矢印1昨年からヒルクライムレースに参戦を初めてその虜に右矢印1いよいよサチって来たぞ、なんて思えば遠くに来たもんです。

今年の参加賞はホイールバッグ。しかも間仕切りがないのでホイール1本用(?)で中途半端。
IMG_3382.JPG
ホイールバッグは既に2つ持っているんでいらないけど、車載時にフロントホイールだけ入れるのに使えそうなんでまあいいか。

ゼッケンの固定はこちらの記事に書いた日東の5000番を使ったけど、コレ抜群。
ゼッケン貼ってること自体意識すること無かったくらい装着感が良い。
ジャージ傷つけないっていうのは嘘で毛羽立ったりすることもあるって聞いていたけど、全くそんなこと無かった。
ただし、ゼッケンから綺麗に剥がすのは至難の業っぽい。
IMG_3379.PNG
現地じゃ料理出来なかったので、とりあえずクリアフォルダに貼りつけて帰って、これからどう料理してやろうかってところです。
posted by モッパー at 19:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント

2017年09月19日

奥武蔵低山激坂ゆるクライム

実はこの三連休前半は風邪にやられて臥せってしまったけど、天候も悪くて丁度良かった。でも、昨日はなんとか天候回復してやっと走れそうな雰囲気。
昨日早朝に起きたら、まだ風邪気味で熱っぽい。しかも暴風・路面ウェット・午後猛暑なんて最悪。とりあえず車載でときがわまで行ってゆるクライム、体調悪くなったらリタイアすることにしました。チャリもゆるクライム仕様車の DEFY3 で。

私は白石峠やグリーンラインがホームなんですが、実はぬぎむら体験交流館・そば道場・大クスあたりって奥武蔵自転車旅行社さんのツアーや人にご案内頂いたことしかなくってあまり詳しくないので、一人で走れるように探検することに。

まずはくむぎむら体験交流館への登りの全パターンをトライ。

まずは全長寺〜馬生線で。
IMG_3349.JPG
ここは多分初めて登ったけど、丁度良い感じの勾配で木陰が多くて楽しい! くむぎむら体験交流館に上るには私的にはベストルートだと思う。

IMG_3347.JPG
くむぎむら体験交流館では秋冬メニューのひもかわうどんが開始されていたけど、この陽気じゃ食べる気しませんわ。

次はラ、ラルプデュエズ(根性坂)...
IMG_3350.JPG
病み上がりじゃ無理、勘弁しておいてやった(笑)。

くむぎむら体験交流館へのメインルートであろう鎌倉山荘から右へのルートは何度も登っているのでルンルンとクリア。

お次は鎌倉山荘から左に降りて秋海棠へ。地図だと道が繋がっている。えっ、どんどん勾配増してシッティングでもグリップしないなんてこの道一体何?
IMG_3351.JPG
おまけに椚平への道は未舗装で Orz。既にゆるクライムじゃ無くなってる。

しっかし、秋海棠は是非とも見なきゃなんで鎌倉山荘まで下りて登り返し。
IMG_3352.JPG
鹿に食べられたらしく昨年より株数激減ですが、健気に咲いてる花はまだ綺麗ですよ。

結局くむぎむら体験交流館は三度登り返した(笑)。

えっと、越生に行くにはゴルフ場方面に登ればいいはずで…なんだこの変な彫刻がある激坂は…このあたりで奥武蔵自転車旅行社さんの初級・中級ヒルクライムのルートを逆に辿っていることに気づきはじめる。今更ながらやっと奥武蔵自転車旅行社さんのヒルクライムルートがなぜ越生起点なのか理解。ときがわから巡ると裏返しになるんで全部劇坂なんだ...

どうせならそば道場坂と呼ばれる場所も確認してっと。確かに20%くらいはあるけど距離は短いので勢いで行ける。

上谷大クスも逆ルートの激坂、道は良いのにウェットだとダンシングでグリップしないルベルの勾配。おかげ様で風邪治ってきました、っていうか風邪熱なんだか熱中症なんだか分からなくなってきた(笑)。

ランチはたけっちカフェで。
IMG_3353.JPG
焼カレーのお味はまあ普通、でも量は足らない。
IMG_3356.JPG
単品で\600ならコスパは許せるかな。
お料理のお味より、落ち着いた店内の雰囲気と梅林と山が見える席でまったりするのが良さそうなお店ですね。
IMG_3355.JPG
IMG_3354.JPG

ランチ後は弓立山へ。ちょっと脇道に入ってみたらコンクリ坂登り降り? さらになぜかそば道場坂もっかい登ってる、と地図音痴振りを発揮しながらなんとか登頂成功。
展望台までは草ボーボーで洗車機状態。
IMG_3358.JPG
展望台はスカイツリーまで見えて大満足。
IMG_3357.JPG

帰路は建具会館となりの里味さんで原木舞茸とオクラをゲット。知らなかったけど、自生キノコは未だに放射能が検出されるんで販売出来ないんですって。なので自生オオイチョウタケはサービス頂けた。
IMG_3360.JPG
どれもスーパーで売ってる品とは全く違って香りと味が濃くって美味しかった!!!

なんかずっと10%超え坂と戦い続けた感じ。このあたりの坂は侮れずですよ。短いけど15%超級の激坂がゴロゴロ点在している。

結果的には、47km 1515m と来週の赤城ヒルクライム本番より強度高いルートが走れて風邪も治ったからまあいいか(笑) Strava のログはこちらをご参照下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。