2017年12月02日

白石峠〜Winterland

週刊白石峠通信です(笑)。この季節になると、さいたま市から自走で奥武蔵の峠を登って明るいうちに帰宅しようとすると、どうしても白石峠1本になっちゃう。本当はもう少し登りたいんだけど。しばらくは週刊白石峠通信が続くと思います。

今日はみんな秋ヶ瀬のバイクロアと彩湖の Y'S に行ってたみたいでサイクリスト少なかった。

最近白石峠を以前より低いケーデンスで登れるようになってきて、白石は 34T だと一枚残ってる区間が増えてきたので32Tでトライ。結果は正解。33:49と冬ではベスト。今冬にPB更新出来そうな感じもしていてウシシ。

下りは高篠峠で下りました。個人的に白石峠の下りは危険なのでやめましょうキャンペーン実施中です。自衛のためだけでなく住民感情もかなり悪くなっているらしいし、僕が白石を登り始めた3年前に比べると明らかに対向の自転車や地元の方に挨拶しても返してもらえる確率が低くなっている。荒サイ下流の殺伐とした雰囲気に似てきていて本当にヤバいと思います。「登りも危ないので...」となる前になんとかしませんか ? この峠を愛するみんなで !!!

ランチは Winterland さんで。チクワパンって名前的にちょっと引いちゃう感じだけど、北海道では一般的らしく、しかもすごく美味しい!
D12B0DB2-A87A-4764-A219-2AF7EB017BEF.jpeg

中浦和のパワーコープでウィンターバーゲン始まってました。
36F86EFE-81FD-4676-8E16-6B091A9FA5B3.jpeg51A850EE-4A52-454C-956F-CA2E441B639D.jpeg

Strava のログはこちらを。

2017年11月27日

スバルのリコールが大当たり !!!

マイカーに例のスバルのリコールが大当たりしたわけですよ。

でもお知らせの手紙には、点検に3時間かかるとか予約が取りづらいかもとか、ふざけたことばっかり書いてある。

新車購入時に点検パック契約したので、丁度初回の12ケ月点検が無料で受けれる時期となり、リコールの件の文句も散々言ってやろうと思いディーラーへ。

そしたら、12ケ月点検と同時にリコールの点検内容もやってもらえて1時間で済む、しかも5万円も貰えると聞いて突然ニンマリ。さすがスバルさん、太っ腹。我ながら分かりやすい性格です(笑)。

でも帰宅してからネットで調べると、要は12ケ月点検や車検と同時にリコール点検をすると重複した点検項目が減らせるのでその分の費用をユーザーに還元する、それが5万円とのこと。たまたま12ケ月点検の時期だった私は得したわけですが、そんなこと一切事前通知は無かった。
ぬか喜びしてる場合じゃなくって、よく考えると公正じゃないひどい対応だと思いますわ、コレ。
posted by モッパー at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | モッパーの日記

白石峠〜グリーンライン〜鎌北湖

昨日は白石峠〜グリーンライン〜鎌北湖。

今は白石〜定峰間と松郷峠が通行止めなので小川町に行きづらい。白石登って秩父まで下りちゃうと日暮れまでに帰宅することが難しくなるのでルートバリエーションが少なく困りものです。

荒サイ夜明け前は-3℃、完全真冬装備+手足カイロ4個は大正解。
IMG_4063.JPG
入間大橋あたりの荒川はミルキーな霞が川面を塞いでいて幻想的。

白石峠は34:23とこの季節としては悪くないタイム。4日前の車載の時より1分以上速い。やっぱり僕の場合は自走の効果は絶大みたい。

堂平の天文台食堂のお母さんが「空がすっかり冬になった」って言うので理由を聞いたら「都心の高層ビルが見えるから」って。
IMG_4064.JPG
確かにスカイツリーだけじゃなくて高層ビルもくっきり見える。
IMG_4065.JPG
天文台食堂は12/17あたりまで営業の予定とのこと。

堂平は7℃、これは温かいグリーンラインを辿れる最後のチャンスかもってことで鎌北湖まで下りました。

グリーンラインの途中で何か異音がするな...と思っていたら、ダウンチューブ下のボトルケージが金属疲労で破損。
IMG_4067.JPG

やっぱこんなところにツール缶つけるのは無理があるのかしらん。

笹郷線との分岐点で鎌北湖方面は通行止めってなってるけど自転車は大丈夫。
IMG_4068.JPGIMG_4069.JPG

鎌北湖の紅葉は終わりかけだけどまだ綺麗。
IMG_4070.JPG

毛呂山駅あたりでランチ場所探したけど、このあたり目ぼしいお店がなくてしかも日曜定休ばっかり。

やっと月星っていうインド料理屋さんを見つけてイン。
IMG_4071.JPG
まあ、普通の日本人迎合型インドカレーでしたが、ランチ難民にならなくて良かったということで。

Stravaのログはこちら

2017年11月25日

メンテナンススタンドの自作

今日は色々とやるべき課題が溜まっていたので、走らないで屋内作業。

課題のひとつがロードバイクのメンテナンススタンド。今までは後輪保持のディスプレースタンドだけでメンテナンスしてたんですが、やっぱりそれだけじゃ不便。特に前輪を外した状態でのメンテがね〜。

トップチューブを掴むタイプが一番自由度が高そうだけど、どんなフレームにも対応できるようにするために構造が複雑になり、単体で自立するようにするから剛性が必要になる。その結果、丈夫そうな市販品はやたらと高価。

後輪はディスプレイスタンドで保持する前提で、自分の自転車のことしか考えなければもっと簡単にできるのに…幸運にも EMONDA と DEFY3 はトップチューブの高さとスローピングの具合がほぼ同じだから同じもので行けそう。

早速有り合わせの部材で自作してみました。台座の傾きをトップチューブの傾きと高さにキッチリ合わせることがキーポイントです。
EA162B14-6655-4393-9643-8C485E7C3298.jpeg
底面はテキトーな合成材で、支柱と台座は1x4材。要所を Lアングルで補強。台座にはこれまたテキトーなゴムシートを両面テープで貼り付けただけ。

075AA50A-EC12-4B47-B134-4372E8E1FDB0.jpeg
A4DDDD53-A27D-45A4-A45E-192F8641F47F.jpeg
いい感じです。これでも十分安定してるけど、不安ならトップチューブを台座にベルクロかなんかで固定すれば良い。

これでヘッド周りのメンテが超絶楽になりそう。

09F47CB3-8CAE-4144-8211-1DC4B32E4C77.jpeg
DEFY3 にもばっちり対応。

最近のロードバイク周りの自作品としては大ヒット作。僕は手持ちの部材で作ったので実質 0円だけど、部材を買ったとしても \2,000 かからないはずです。

2017.12.6 追記
トップチューブを乗せる位置を調整すると、後輪を浮かせることも出来ます。
IMG_4156.JPGIMG_4182.JPG

ディスプレイスタンドより安定していて取り扱いも楽チン、ゴムと木だからフレームを傷つける可能性もありません。今のはペダルと干渉して回せないという問題がありますが、ペダルと干渉しないよう台座をもう少し長くしたら、ディスプレイスタンドいらなくなるかも。
posted by モッパー at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - 工具

2017年11月24日

乳バンドなしで心拍センサー : HEART RATE SENSOR PAD AIR for CYCLIST (地雷報告)

僕は Powercal(乳バンドタイプの心拍・パワーセンサー)を使ってます。
でも乳バンドって装着感が良くないし劣化も早く、始末悪いですよね。

僕の使用頻度だと、1年ほど使っているとこんな感じでヨレてくる。
IMG_3878.JPG
こんな感じになるとフックも外れやすくなり、もう変え時。

そんな乳バンドの難点を一気に解決出来そうな、HEART RATE SENSOR PAD AIR for CYCLIST を見つけたので買ってみました。
IMG_3871.JPG
要は乳バンドの代わりに電極を体にテープで貼りつけましょうっていうアイデア。

ただし、Garmin・Polar・Cateye・Sigma の心拍センサーがサポート対象で Powercal は対象外。
また、マニュアルには心拍センサーの電池の電極を逆さにして初期化せよと書かれているけど、そんな怖いこと出来ないよ。
よって、完全なサポート対象外の使い方ではあります。

IMG_3873.JPG
上の写真の上側が本体。赤丸部分の電極に導電ジェルを貼りつけて肌に密着させ、写真下側の両面テープで固定させる構造。

ところがこの写真で分かる通り、両面テープが薄くてうまく貼り付けることが難しく、粘着度も使用に耐えないくらい弱い。
IMG_3875.JPG
しかも、この両面テープは使い捨てで1枚100円以上する。多分導電ジェルも消耗品。これじゃセンシング出来たとしてもコスパ的に使用に耐えませんわ(泣)。

マニュアルに書かれているいくつかの貼付けパターンで測定してみたけど、パワーは一度も測定できず、心拍は測定出来ることもあるが著しく不安定。(ガックリ)。

肌に接する部分の抵抗値を測って乳バンドと比べてみました。

まずは乳バンドを計測。


IMG_3882.JPG
乳バンドって、赤色枠の部分が電極かと思っていたけど実はそこは絶縁体で、黄色枠の部分が電極なんですね。思っていたより電極間が離れていて電極のサイズが大きい。

IMG_3879.JPG
絶縁箇所。

IMG_3880.JPG
電極の中心側は 128.4Ω。

IMG_3881.JPG
電極の末端部分は 272.1Ω

お次は HEART RATE SENSOR PAD AIR。

IMG_3884.JPG
参考値でしかありませんが、ジェルなしで電極直接は 6Ω。

IMG_3885.JPG
ジェル越しだと 800KΩ。乳バンドの1000倍以上の抵抗値。しかもプローブの押し当て方で大きく抵抗値が変わります。そりゃあ不安定でしょう。

ATLAS の心拍センサーでもやってみました。こちらもサポート対象外ですが。初期化の手順はマニュアル通りに実行。
IMG_4007.JPG
でもやっぱり心拍検出は不安定。ダメ元でジェルを剥がして露出した電極に水を塗って直接肌に押し当てて見ましたが、これも不安定。

結論 : 地雷だったみたい(泣)、やっぱ乳バンドに慣れるしかないようです。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。