2017年07月27日

今週末のサイクリング天気注意報 : 首都圏限定情報

先週末も首都圏は降るんだか降らないんだか分からないなんか変な天気だったんですが...今週末の予測天気図は先週末とそっくりのように思います。
IMG_2674.PNG
いや、先週末は南方に熱帯低気圧2つだったのが、台風2つなんでもっと不安定かもですね。僕は気象予測士でもなんでもないのでよく分かりませんが、先週末も20%程度の予報だった地域でも散々降りましたからね...
用心するに越したことないだろうと思います。
あんたはどうするんだって ? 貴重な土日ですから、ダメモト覚悟で早朝から車載で降らない可能性の高そうな南方の峠目指して行きますよ(笑)。
posted by モッパー at 20:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | モッパーの日記

2017年07月23日

有間峠

今日は赤城ヒルクライムの試走に行くつもりだったけど、昨日夜の段階で既に北関東は雨の予報になっていたので予定を変更して一度登ってみたかった有間峠へ。ここ、悪天候ですぐに通行止めになるので登れる期間が少ないんですよね。今は通行可なんですかさず登んなきゃかと。

4:00 に起床して天気予報見て大いに悩みましたよ。午後の雨予測も 10%-20% なんで自走出来そうだし。でもなんか怪しいので車載で向かうことに。

8:00にさわらびの湯に車をデポしてヒルクライム開始。

さわらびの湯から名栗湖までいきなり10%越えだけど良いアップになった。

有間渓谷観光釣り場の先から再び 10% 坂が始まる。でも、6-7% に緩む区間がいくつもあって脚を休めることが出来る。ルートラボでルート引くと 6km 以上平均 10% 超えるように見えるけど、体感勾配は 平均 10% 以下。白石峠を全力で登るのに比べればこの峠をゆるクライムモードで登るほうが絶対楽と感じた。

なにより、DEFY3 君でこの急坂がなんなく登れたことが大きな収穫。EMONDA SL 君はピーキーでダイレクトなんで確かにタイムは出るんですが、どうしてもバイクを振っちゃう。DEFY3君は 2ボトルの重量含めると10kg超えてるはずなんですが、バイク振らないで登れる。トータルで見たパワーロスは DEFY3 君のほうが少ない気すらする。もうちょっと研究しなきゃ。

有間峠から先は秩父側から雨雲が迫っていたので、計画していた浦山ダムに下りてからの登り返しは断念。
IMG_2670.JPG
さわらびの湯に慌てて引き返して雨雲レーダー見たら関東はどの山でも雨降ってるので、おとなしく車で帰りました。

帰路ではズブ濡れ自走ライダーや雨宿りライダーを多く見かけました。確かにあの予報だと出かけますよね。みんな大丈夫だったかな ?

Strava のログはこちらを参照。

2017年07月17日

水戸の第2自転車基地周辺のヒルクライムコースを探索

3連休後半は、車載で水戸に住む息子のアパート(自称第2自転車基地)に宿泊して周辺の峠を探索してきました。

まずは息子にちょっとは美味い夕食食わせてやろうということで水戸北インター近くの「柏の木」にご接待。本当はこちらが主目的なんですよ(笑)。
IMG_2612.JPGIMG_2588.JPGIMG_2614.JPGIMG_2615.JPG
ここのレベルとコスパは凄い。いつも満席なのが頷ける。都内にあったら超有名店間違いなしなんだけど、なんでこんな辺鄙なところに?

第2自転車基地に宿泊後、いざ行くぞと4時に起床したらまさかの雨。雨が止んで道が乾くのを待ってから8時に出発。

水戸の北方だけど、地名や峠の名前とかまだよく分からないので走ったエリアは Strava のログ見て貰ったほうが早そう。

山っていうより丘陵地帯。埼玉県鳩山の物見山クラスが何十個もある感じ、最高標高200mくらいなのに獲得標高はいくらでも稼げそう。
IMG_2623.JPG
見て見て、このギザギザ感。奥武蔵じゃあり得ない。10% 超えの坂なんてほとんどなくて 10% 以下の短い坂をひたすら登って降りるっていう僕の大不得意なパターンなんでトレーニングには良さそう。

目指した激坂エリアは路面状況が悪すぎて断念。
IMG_2621.JPG
こんな15%超えのコンクリ坂もごく一部にはあるみたい。

県道は大型車が多くて怖いけど、旧道は奥武蔵に近い山村の風情が楽しめる。
IMG_2622.JPG
IMG_2618.JPG
でもなー、少なくともヒルクライム観点では他県から水戸にわざわざ走りに来る価値がある何かはなさそうに思う。海岸線走って安くて美味しい海鮮物に舌鼓のほうが美味しそうです。

コンビニほとんどなし、トイレほとんどなし、自販機だけはそれなりにある。結構サバイバルな環境です。

出会ったローディーさんはたった一人。登りで挨拶しながら追い抜いたら猛然と追いかけてきた(笑)のでしばし談笑。ひたちなか市在住なので毎週茂木近辺を走っているとのこと。「さいたま市から自走ですか?」だって、あぁこの人もかなり感覚がおかしくなってる(笑)。

DEFY3君、急坂じゃない限りは案外登ってくれるって分かった。今後はもうちょっと相手してあげることにしよう。
IMG_2620.JPG
ちなみにこの写真、トイレ(大)が緊急事態になって飛び込んだ休館中だけど掃除中の公民館。ここでトイレ貸して貰えないと多分大変なことになってた。トイレだけはヤバイですよ、このエリア。

昼食までに息子のアパートに帰らなきゃっていう時間的制約もあり、距離72km 獲得標高975m。次回はもっとガッツリ楽しみたいな。

2017年07月16日

松井田〜妙義神社〜荒船風穴経由神津牧場〜妙義荒船林道〜軽井沢〜松井田

昨日は群馬在住の知り合いが企画した、松井田〜妙義神社〜荒船風穴経由神津牧場〜妙義荒船林道〜軽井沢を巡るヒルクライムツアーに参加しました。

車載で松井田支所に車をデポ。こちらの駐車場は広大で空き空きなので、駐めやすいです。

まずは妙義神社へ。大した標高じゃないし勾配も緩いけど、最後のコンクリ参道がエグい。対向車来なかったら足つかなかったんだけど...惜しい !

ルートのあちこちで見れるゴツゴツした妙義山の姿の迫力がすごいです。
IMG_2577.JPG

一旦254号に降りてから、メインディッシュの荒船風穴経由神津牧場へ。かなりマイナーな道らしく、ローディーには一人も合わず、車もほとんど見かけませんでした。
この道がエグいのなんの。10%超えの坂が延々と5kmくらい続きます。あらかじめルート見て 30-30T の等速ギアに戻しといて良かった...でないと絶対登れなかった(弱)。奥武蔵にはないタイプ、白石やグリーンラインよりキツいです。

荒船風穴に入場すると \500 必要ですが、少し上にある東屋の裏に風穴と同様の冷風を無料で味わえる場所があります。
IMG_2578.JPG
東屋を吹き抜ける風も涼しく、火照った体を冷やして生き返りました。

この後、神津牧場までは大したことないという話でしたが、いやいや、全然キツかった(笑)。

ランチは神津牧場で。
IMG_2580.JPG
まあ、観光客向けですから(以下自粛)。
IMG_2579.JPG

こういう高原の風景って奥武蔵には少ないけど、群馬はどこでもこんな雄大な景色ばっかりでワクワクします。
IMG_2582.JPG

帰りは軽井沢を経由して碓氷峠を下りました。碓氷峠を下ったのは初めてだったけど、下りが苦手な僕にとっては勾配や R が緩やかで安心して走れました。
IMG_2584.JPG
眼鏡橋。グループで来ると立ち寄ったりしないので、今度は単独でクリートカバー持ってきて観光しながら走ってみたい。

妙義湖。
IMG_2585.JPGIMG_2586.JPG

空梅雨で水不足かと思っていたけど、今年は水が多いそう。良かったですね。

奥武蔵のジメッとして鬱蒼とした峠はホームなんでもちろん好きですが、群馬や長野のカラっとして明るい峠はこの時期も走りやすくて良いですね。
Strava のログはこちらです。

2017年07月12日

トップチューブバック

私はモバイルバッテリ(QE-PL202)の収納場所としてトップチューブバックを常につけています。
ところがこのトップチューブバッグ、なかなかぴったりくるものがありません。場所的にダンシングした時に気になる人は非常に気になる位置なので...また、トップチューブの上面が曲面だとなかなかバッグがピタッと立ってくれない。
当方の今までの遍歴は ZYKLOP-NAVIGATOR トップチューブバッグ と TOPEAK Try DryBag。 もっと良い物ないかと探し続けてきましたが、やっと見つけました。Cannondale スライストップチューブバッグ

左がスライストップチューブバッグで右がTOPEAK Try DryBag。容量は丁度倍くらい違うという感じです。見た目はもちろんスライストップチューブバッグのほうがスマート。
IMG_1060.jpg

写真じゃ分かりにくいですが、幅もスライストップチューブバッグのほうが若干細い。
IMG_1061.jpg

私の場合、トップチューブに絶対入って欲しいアイテムはQE-PL202とポケットティッシュですが、ぴったりの大きさ。TOPEAK Try DryBag はこれらに加えて行動食が入ってくれたんですが、スライストップチューブバッグでは無理。見た目優先で諦めよう。
IMG_1063.jpg
なにより良い点はフタの開けやすさです。マグネット式で右から開くので走行中の開け閉めも楽々。TOPEAK Try DryBag の左からマジックテープを剥がして開くというのは右利きの私にはつらかった。

難点はなぜかフタと本体の間に隙間があるというところ。この点だけは理解に苦しみます。バッテリのケーブル通すのには丁度良いですが、大雨被ったら水が溜まりそうだし夏場は汗に中身が直撃されそうです。底に謎の穴がありますが、まさか水抜き穴 ??? あとフタが透明なのも意味不明。こんな程度の容量で中身見たいなんてこと私はありません。
IMG_1064.jpg

トップチューブへの座りはTOPEAK Try DryBag と同じくらいかな。底をシリコン強力両面テープで固定しないとフラフラします。

ダンシング時にもほぼ気にならないようになり、今のところ満足です。

<
2017.7.12追記
スライストップチューブバッグがくたびれてきたのでもう一個買おうと探しましたが、国内販売されなくなったようで法外な値段の輸入品?デッドストック品?しか見つからなくなってます。
同じようなサイズでもっと良いものないかな…って探したら見つかりましたよ。ドイターエナジーバッグ7000。



以下、スライストップチューブバッグ。
IMG_2440.JPGIMG_2483.JPGIMG_2441.JPG

以下、エナジーバッグ7000。
IMG_2438.JPGIMG_2484.JPGIMG_2439.JPG

エナジーバッグのほうがほんの少し長くて幅が狭く高さが高いですが、ほぼ変わらないって言って良い感じです。
エナジーバッグはファスナーなんで開閉は若干手間取る感じだけどそんなに気にはなりません。
もっとも違うのはエナジーバッグのほうがフレームへの固定が強固なこと。全くフラつかないのでダンシングでも気になりません。
スライストップチューブバッグみたいに無くなると困るからもう一個買っとこうかな…
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。