2017年02月05日

車載で白石峠2本

今日は午後天候が不安定のようなので、車載で白石峠へ。

車はふれあいの里たまがわの駐車場にデポ。ときがわでの無料駐車はここが一番迷惑かからなくて良いと思います。
TOKIGAWA BASE のほうが峠には近いけど、駐車スペースが少ないし有料(\500)だからね。

まずは1本目の白石峠。
自走すると平均心拍190bpm行けるのに今日は180bpmでも息も絶え絶え。それにも関わらず、先週の自走トライよりケーデンスもパワーも低くてタイムは向上。要は楽してタイム稼いでるってことですね。自走しないほうが良いのか ?

2本目は途中でチェーンがリアギアとスポークの間に脱落。昨晩のリアディレーラー調整が仇になったよう。スポーク破断に繋がる可能性が大きい重大な整備不良。落車しなかったことがせめてもの救い。スプロケとホイールの間のプラプレート外しているのなんて見栄でしかないので、復活させようかしら。

白石峠では4本登った若者や3本目トライ中の女性に遭遇、皆さん凄いっす。2本で満足してしまった自分が恥ずかしい。

ランチは玉川でキムチチゲ。
IMG_1145.JPG
グツグツのチゲにたっぷりのご飯を投入して食べると満腹でポカポカで大満足。でも案外ヘルシーなので、体重増も気になりません。
こちらのお店の看板犬の名前が「エース」と判明。とっても大人しくて良い子ちゃん、モフモフ好きの方にはたまらないでしょうね。
IMG_1142.JPG

心配していたスポークのダメージは、パワーコープのマスターに見て頂いて、問題ないと太鼓判押して貰えて安心しました。
IMG_1147.JPGIMG_1146.JPG
スプロケ外して指で触らないと分からないよなーと思ってましたが、マスターはスプロケ外さないで目視のみで判断。やっぱこのお店すごいわ。

2017年01月30日

奥武蔵自転車旅行社ヒルクライム中級に参加

昨日は奥武蔵自転車旅行社さんのヒルクライム中級に参加してきました。戸田のABC3に集合して送迎車で行くかニューサンアンピア埼玉おごせで現地集合するかの二択ですが、僕はいつもさいたま市から自走で現地参加です。折角走るなら1日をフルに走り倒さなきゃ勿体無いってのが僕のポリシーですから。
自走で一つだけ残念なのはツアー後に参加者の皆さんと一緒に温泉を楽しむ気にならないこと。裸でコミュニケーションしてから帰りの送迎車でも情報交換なんて最高だと思うんですが、僕にとっては自走でなるべく早く帰って家族サービスのほうが重要なんです。

昨日はこの季節にしては奇跡的に風が弱くて、気温も高め。自走往路で荒川峠にメタメタにされることもなく辿り着けました。定番の島田橋でパチリ。
IMG_1088.JPG

こちらのツアーは様々な年代の方が参加されるので面白い。この日のご年配No.1とNo.2は合わせてなんと150歳!この真冬に僕ら若造達と一緒にヒルクライムなんて、そりゃ長生きされること間違いなしですわ。僕もお二人みたいに年をとりたい!

女性の方々の活躍もこのツアーの特徴。この日参加の女性お二人も強いこと強いこと。シレッとしたお顔で息も切らさずトップ集団に入ってらっしゃいました。しかもお二人とも自走区間があって多分僕と同じくらいの強度をこなしての参加。本当に感心します。こんなこと書くと猛者ばかりかと誤解されそうですが、途中ギブアップしてサポートカー乗り込みも可能なんで、初心者の方でも恐れず参加可能ですよ。

午前はお馴染みの上谷の大クスまでのヒルクライムを含めて3つの登り。
IMG_1089.JPG
サポートの方のスムーズな誘導もあって自然に同レベルの方々と一緒に走ることになるので、僕みたいなタイプは競いたい心が抑えられず頑張っちゃうのでかなりキツい。同レベルの参加者と自分を比べながら登るのは、大した勾配の坂でなくても本当に参考になります。
もちろん、このツアーの趣旨である「ゆるくライム」で楽しみながらのんびり登るのも可能です。

ランチはくぬぎむら体験交流館のひもかわうどん。
IMG_1093.JPGIMG_1095.JPG
ヘルシーで身体が温まってとっても美味しい!

午後は緩いヒルクライムをこなしてから、これまた定番の七重川の砂防堰堤群へ。
IMG_1096.JPG
夏の涼けさとはまた違い、凛とした清涼な雰囲気が素晴らしい。

自走帰路はカミさんに申しつけられた金笛の「うすいろだしの素」1Lを苗木醤油本社で調達。
IMG_1099.JPGIMG_1098.JPG
コレ、笑っちゃうほどボトルケージにぴったりサイズです。2本挿して帰ろうかと思ったけど、どう見ても変な人なので1本にしときました(笑)。
IMG_1097.JPG

奥武蔵自転車旅行社さんのツアーは何回も参加して、このブログの記事も何度も書いてきたので、ツアーの内容も記事もマンネリ化して面白く無くなってきたかな? そろそろ何か新機軸を加えなきゃですね。例えばコスプレ参加とか(笑)。

最後におバカなオヤジのおバカなポーズをお楽しみ下さいまし。もの凄い数の写真を撮っていただけて、しかも全部無料でダウンロード出来るのもこのツアーの良いところです。
IMG_1100.JPG
マンネリとか言いつつ有頂天に楽しんでることがポーズに現れてるので、まあこのまんまでも良いかもね(笑)。

ともかく、僕みたいなリピーター比率が高いのが頷けるツアーであることは確かですよ。皆さんも是非どうぞ。

2017年01月25日

最近 Strava が凄い!

こちらの記事で Strava プレミアムを試用していることを書きましたが、結局1年間契約してしまいました。こちらの記事に書いた各種のローカルアプリよりも使い勝手が良い部分が多くて、Strava に一本化出来そうなのがその理由です。

プレミアム契約したからではないのですが、最近 Strava にハマってます。以下は無料会員でも活用出来る内容です。

まずは、クラブ。要は有志が参加出来るグループ機能で、Activity の共有やディスカッションが出来ます。
私は「荒サイ倶楽部」ってやつに参加していますが、現時点でメンバー170名の国内最大級のクラブに成長し、活発なディスカッションや走行会が開催されつつあります。このクラブのブログも開設されて、今後なんか面白いことが始まって行きそうでワクワクです。

次に Relive との連携。Strava のログと写真からこんなステキな動画を自動生成してくれます。
やり方は...
1. relive.ccにアクセスしてStravaと連携させます。
2. ライドします。ライドは20分以上かつ10km以上、かつ12時間以下という制限があります。アクティビティのタイプがサイクリングで公開されてないといけません。
3. 写真をStravaに放り込みます。写真には位置情報が必要です。僕はGarmin500Jなので帰ってからログをGarmin Connect 経由で Strava に転送し、その後で写真をStravaに登録してますが上手く認識してくれてるようです。
4. Relive から出来ましたメールが来るのを待ちます。メール内のリンクをクリックすると動画が見えます。作成に要する時間に大きなバラツキがあるようで、上記の動画は18時間くらいかかりました。
尚、1で連携させる以前のログは動画には出来ないとのこと。連携した後のログは何もしなくても全部動画にしてくれるみたいです。

さらに StravistiX プラグイン。こちらは chrome にプラグインして、Strava の機能を拡張するものなので、多分 PC でしか使えません。少なくとも iphone + Puffin じゃダメでした。
無題.png
どのような機能が追加されるのかまだあまり把握できてませんが、上のActivity の概要だけでも多くの指標が追加されているのに気づきます。(無料委員の方がどの程度恩恵受けるのか私は分かりません)。

世の中 IoT だとか Big Data だとか言って騒いでいて、僕も IT 系なので色々とそちらの対応やってるんですが、なんか自転車関連が最先端行っているように感じてます。Strava プレミアムはビジネスモデル的にまさに IoT 時代の優等生。一度契約すると抜け出せなくなりそう、見習いたいです。

2017年01月21日

荒川ヒルクライム〜白石峠ヒルクライム〜玉川ランチ

今日は白石峠へ。

白石峠こなす前に今日の荒川ヒルクライムは結構凄かった。
IMG_1032.JPGIMG_1035.JPG
最近は荒川峠を坂だと思ってクルクル回してのんびり登ればいつかは本物の峠にたどり着くと思えるようになった。以前は適当なところで諦めて引き返してたけど、本物の峠が目標になってからの僕の進化点だと思う。

白石峠は路肩の雪もほとんど消えて、路面状況良好。車も自転車も少なくてスイスイ走れました。
IMG_1049.JPG

白石峠〜堂平は途中凍結箇所があって引き返しました。
IMG_1048.JPG

ランチはこちらの記事に書いた玉川さんへ。
IMG_1056.JPG
キムチ炒飯を頂きましたが、最近流行りのパラパラではなくベチョッとした僕の年代にとっては懐かしいお味。テールスープが美味しい!このお店、大好きです!

2017年01月15日

荒サイ〜葛西〜TDL〜荒サイ ポタ

今日は近々企画しているツアーの下調べのため、葛西のインド料理店とTDL(東京ディズニーランド)周回の調査ポタへ。

荒川ロックゲートの荒川側の塔って屋上まで登れるってご存知でした ?
こんな感じの階段をかなり登りますのでクリートカバーは必須かな。
IMG_0979.JPG
屋上からはなかなかの眺望が楽しめます。
IMG_0980.JPG
ロックゲートもこの高さから見ると堤防から見るのと全く違う迫力がありますね。
IMG_0981.JPG

葛西のインド料理店の中で、私がナンバーワンだと思っている西葛西のアムダスラビーへ。
IMG_0984.JPG
お店の評価の詳細はこちらの記事をどうぞ。

駐輪場所が駅前の歩道になるので盗難面で不安。
IMG_0986.JPG
一人だと地下のお店のドアの真ん前に置けるので安心なんですけどねー。
IMG_0987.JPG

次なるランチ候補のレカへ。
IMG_0983.JPG
アムダスラビーのすぐ近所の店舗は閉鎖していて、葛西のほうに移転してました。ただし、西葛西の店舗も2/1より再オープンとのこと。

新しいほうの店舗は住宅街のかなり分かりにくい場所にあります。
IMG_0988.JPGIMG_0993.JPGIMG_0989.JPG
こちらは駐輪場所豊富で治安状況も良さそう。
IMG_0991.JPG
店内も旧店舗に比べると随分小奇麗になりました。

IMG_0992.JPGIMG_0994.JPG
\800 のランチセットを頂きましたが、お店の主張通り、西インドの家庭料理のヘルシーで素朴で優しいお味。小食の僕で丁度良い量だったので、大食い男子はこれに \100 でチャパティーかライスを追加するか、\1,000 以上のランチセットにしないと満足できないでしょう。
ともかく、本物のビリアニやチャパティーを出して頂けるお店なんて日本じゃほとんど無いので希少な存在です。

ランチの後は TDL 周回へ。一般道脇の歩道を回るのがお勧めです。
IMG_1008.JPG
やっぱ、周回路の北西隅にあるこのスポットが一番フォトジェニックで定番ですね。
IMG_1010.JPG
分かります ? 凍っちゃてます。こんなことなかなか無いんでしょうからラッキー。

チャリで TDL を外から楽しむ周回路は、園内からじゃ味わえない雰囲気が楽しめてお勧めしますよ。
IMG_1011.JPGIMG_1012.JPGIMG_1014.JPG

帰りは 5m/s の向かい風に苦しみましたが、真冬早朝の荒サイ上流で零下の温度で矢のように突き刺さる荒川峠に比べればまるで胎内の温かさのよう(言いすぎか?)。
IMG_1021.JPGIMG_1022.JPGIMG_1025.JPG
今日一日の写真を見返しても、同じこの季節でも荒川サイクリングロードの上流と下流はまるで北欧と南欧の違いくらい風景と色彩が違う。そんな多彩な顔を持つサイクリングロードを楽しめるところに住んでいるなんて素敵すぎると本心で思う。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。