2017年08月08日

EMONDA SL 君のコンポをアップグレード

今まで EMONDA SL 君は、DEFY3 君から移植したフロントトリプルでリア8速なんていう、今時エントリーグレードでもあり得ないコンポで頑張ってきました。

なんでそんなコンポに拘ってきたか? それはフロントとリアが等速っていう超乙女なギアじゃないと坂が登れない、自分でも惚れ惚れする程の大貧脚だから(笑)。この記事に書いたように一瞬 フロント30T-リア28Tでも登れるんじゃないかと幻想を抱いたこともあったけど、その後この記事のような激坂では等速じゃないとダメだとつくづく思い知りました。

しかも色々な事情でパーツ交換を繰り返した結果、各種グレードが混在するラビリンス状態。

STIレバーは Claris (ST-2403)。
IMG_2672.JPG

ブレーキは Ultegra (BR-6800)。
IMG_2665.JPG

クランクは Tiagra (FC-4703)、フロントディレイラーは Claris (FD-2403)。
IMG_2664.JPG

リアデレィラーは Sora (RD-R3000-GS)。
IMG_2663.JPG

我ながらよくぞこんなに混ぜ混ぜしちゃったもんです(笑)。

バイクの重量はペダルとかボトルケージを含んで8.1kg。105搭載の完成モデル EMONDA SL5 に引けを取らない重量なので、コンポのグレードにしてはソコソコ軽い。
でもさらにコンポをアップグレードしてフロントをダブルにしたらもしかして7kg台前半?そりゃあやりたくなりますわ。ヒルクライムにとって軽さは正義ですから。
でも前後等速を純正パーツで組めるシマノの最上位グレードは Tiagra。でも今更大枚叩いて10速化なんてあり得ない…
スギノはフロントダブルで46-30Tなんて変態クランクあるんですが、えらく高いしフレームによっては取り付け出来ないらしい。オークションサイトで10速時代の OX-801D ってやつを安く落として保有してますが、「11速でも使えるらしい」っていう情報があるもののリスクは高い。

で、そこに新アルテグラがいきなり34T対応のリアデレィラー(RD-R8000-GS)出してきたわけです。これには飛びつくしかありません。

ちなみに11-34Tのスプロケは CS-HG800-11 って言って R8000 外の扱いらしい。変なの。

リアデレィラーとスプロケは決定として、他のコンポはどうする?については、パワーコープのマスターに相談。「アルテグラか105か悩んでるんですよ」に対して、「105で十分」と即答が。まあ僕の技量を知っての上での判断でしょうが、単なる物売りに走らないマスターの姿勢にはいつも感服。いつまでもマスターについて行っちゃいますよーって思っちゃう。

コンポのアップグレードは全部自分でやれる自信あるんですが、今後面倒を見て貰える利点を考えると一発目はプロの技を拝見ということで作業は全てお任せしました。
IMG_2668.JPG

じゃじゃ〜ん、出来上がりです。
IMG_2895.JPG
まずは一番気になる重量を計測。7.55kg。惜しい ! 7kg台前半に50g届かなかった。でも、550g の軽量化は大きい、持ちあげるとはっきり分かるレベル。

STIレバーは105(ST-5800)。
IMG_2899.JPG
今回、最も良くなったと感じたのはこのレバー。
頭の部分が小さくなって手が小さい僕でも握りやすくなったし、ブラケットポジションでブレーキを握る時のレバーの形状が良くなって力が入りやすくなった。
Clarisは握り幅はスペーサで調整するタイプだったので数段階しか調整できなかったのが、105は下の写真のようにボルトで無段階に調整出来るし調整幅も広くなっている感じがする。
IMG_2891.JPG
握力のない僕は Claris レバーでは下ハンでないとブレーキングが怖くて坂が下りれなかったけど、105レバーだとブラケットでも不安なく坂が下りれるようになった。

ブレーキキャリパーは交換せず(BR-6800)。
IMG_2900.JPG

クランクは 105(FC-5800)、フロントディレイラは新105(FD-5801)。
IMG_2898.JPG
最近出回り始めた FD-5801 は FD-5800 と違い、ケーブルアジャスターが内蔵されてアウターワイヤー途中のアジャスターが必要なくなり、「トグル機構」なるもので変速が楽になったらしい。アジャスターのほうは理屈的に分かりやすいけど、「トグル機構」のほうの恩恵は僕の場合トリプルからダブルに替えた恩恵(フロント変速の煩わしさや不安がかなり解消)のほうが大きくてよく分かりません。

前述のように、リアディレイラーは RD-R8000-GS、スプロケは CS-HG800-11。
IMG_2896.JPGIMG_2897.JPG
34T のデカさとディレイラアームの長さは、見た目「これぞ最高に乙女なギア」的で感動モノ(笑)。
Claris と Sora の混在コンポと比べるのは酷だけど、変速ショックの少なさはまさに別次元。でも 30T⇒34T やアームの長さが災いしたのか、変速スピードは案外まったりした印象。乙女ギアの難点なんでしょうね。

肝心の実走結果は... 実はこちらの記事に書いた赤城ヒルクライム試走はコンポ交換後の初走行だったんです。
トリプルは最適なフロントギアの選択に神経を使うし、変速のリスク(うまくやらないとチェーン落ちする)があったけど、それが無くなったことは大きな利点。でも暑すぎてタイム出せなかったし、総合的に見てどうかはまだ実感湧きません。もう少し色々な状況で走ってからレポートしたいと思います。

2017年08月07日

今シーズン初めての赤城山ヒルクライム試走

昨日は今シーズン初めての赤城ヒルクライム試走へ。
IMG_2945.JPG
前橋合同庁舎駐車場に車をデポして山のほう見たらガスってなにも見えずこりゃダメかと思ったけど、とりあえず試走決行。

1:30 の目標タイムテーブルをトレースして登ったものの...
IMG_2946.JPG
結果は自己ベスト更新ならず。っていうかダメダメ。前半10kmは1:30の目標タイムテーブルから2分ビハインドでこれはイケると思ったけど後半で7分もロスト。最後の3kmの低勾配で脚が回らない。明らかにスタミナ切れ。ハルヒルとは違い、いかに後半で体力とメンタルを維持するかがポイントだとよく分かった。

IMG_2947.JPG
ゴールの赤城山総合観光案内所と大沼は日差しがあって暑いくらいでした。
IMG_2948.JPG

コース途中に給水所が設置されていて、本番まで土日祝日はオープンするそう。
IMG_2949.JPG
多分地元の方のボランティアだろうけど、こういうサポート体制ってとっても嬉しくなりますよね !!!

午後天気が崩れそうなので旧道登り返しは諦めて、8/27に企画している本番ルート試走〜旧道登り返しツアーのランチ場所の探索へ。

馬事公苑と旧道の間にある香港茶廊。4号線沿いは観光客向けのコスパイマイチなお店が多いのですが、こちらは地域の方に愛されているお店っぽい。
IMG_2951.JPGIMG_2953.JPGIMG_2950.JPGIMG_2952.JPGIMG_2954.JPG
中華としてはちょっと変わったメニューで雰囲気も良く、お野菜たっぷりだけどボリュームもあってコスパもまずまず。でものんびりしすぎそうなので、旧道登り返すならスケジュール的にキツいかな。

お味はイマイチそうだけどレストハウスまきばのほうがささっと食べれて良いかも。
IMG_2956.JPGIMG_2955.JPG

最後に高校生の娘にもらったお誕生日プレゼントを公開。
IMG_2957.JPG
防水ステッカーでチャリに貼ってほしいとのこと。さすが我が娘、僕のことよく分かってます、こんなオヤジですみません(笑)

2017年08月05日

水戸北〜那珂湊おさかな市場

一昨日の水戸〜茂木ヒルクライムに続いて、昨日は水戸北インター近くの息子のアパートから那珂川を下って海を目指しました。

行きは左岸、帰りは右岸で帰りましたが、堤防上の道は左岸のほうが走りやすい。
IMG_2772.JPG
荒川サイクリンロードのようなエゲツない車止めがないので良いですね。

河川敷も荒川に比べると自然が豊富で見飽きません。
IMG_2773.JPG

右岸の下流域は堤防上の道がなく住宅街を走る必要があったり、こんな風に突然道が途切れたりします。
IMG_2778.JPG

ただし、左岸の難点はコンビニや公衆トイレ、自販機が河口付近以外はほぼ皆無なこと。

河口近くには那珂湊おさかな市場があって、この季節は新鮮な岩牡蠣をその場で食べれます。
IMG_2774.JPGIMG_2775.JPGIMG_2776.JPG
今回は時間帯的にランチは出来ませんでしたが、江ノ島や三浦半島なんかに比べると観光地価格ではなく良心的な価格で良さそう。
海まで往復 50km、1日で山と海の両方が楽しめるルートが組めるなんて、私が住むさいたま市じゃあり得ないですから羨ましい。
Strava のログはこちらです。

午後は家族で偕楽園へ。
IMG_2789.JPGIMG_2790.JPGIMG_2791.JPGIMG_2792.JPG

水戸花火大会も楽しんで帰りました。
IMG_2868.JPGIMG_2869.JPGIMG_2870.JPG


なんだか、実家がある奈良、長らく住んできた埼玉についで茨城が第三の故郷みたいに感じてきた。
正直、息子が大学に入って一人暮らしを始めると決めた時は家族がバラバラになっていきそうで寂しい感じもしたけど、今は全然。新しく魅力的なアクティビティフィールドが出来てワクワクです!

2017年08月04日

水戸北〜茂木ヒルクライム

今週夏休みを頂いてまして、今は息子の住む水戸に来てます。
もちろんチャリを車載で持参(笑)、昨日は茂木まで周遊してきました。

こちらの記事に書いた前回の探索以降ルートラボ等で色々調べた結果、旧道や林道のつなぎ方が分かって本格的なヒルクライムコースが組めるようになってきました。

このあたりは最高標高200mくらいの丘の連続なのに、
IMG_2750.JPG
こんな北海道みたいな直線クライムとか、

IMG_2752.JPG
高原的な風景、

IMG_2753.JPG
数々のダム湖、

IMG_2755.JPG
深山激坂、

IMG_2757.JPG
里山の山村と目まぐるしく風景が変わる素敵な場所です。

特に茂木周辺は10%超坂がゴロゴロ(短いけどね)あって坂◯カも満足出来る。前回出会った地元ローディが筑波より茂木のほうが面白いって言ってたけどそうなのかも。(筑波は行ったことないので単に想像)

ただし、コンビニはおろか自販機もほとんどない、トイレは天然のバクテリアにお願いするしかないって感じのかなりサバイバルな環境です。

午後半日で95km,1400m。上り下りが滅茶苦茶に多いので奥武蔵の峠より脚を削られる。バリエーションは無数にあるので200km,3000m クラスの1日コースも組めそうだけど多分死にそう。Strava のログはこちらを参照下さい。

2017年07月29日

雲河原線〜白石峠

今日は赤城ヒルクライム試走か、一度登ってみたかった風張峠に行こうかと考えてました。

朝起きて天気予報をチェックしたら、やっぱり先週と同じく埼玉以北の山はどこも午後降りそうだし奥多摩はもう既に降っている....とりあえずときがわまで車載して降るまで走って帰ることにしました。

田中のセブンイレブンから見た白石方面。
IMG_2685.JPG
こりゃダメかもって感じですよね。

まずはアップのため雲河原線へ。
IMG_2687.JPG
雲海(って言うよりガスか?)立ち込める幻想的な景色が見れて良かった。悪天候の時にしか名前の由来になった景色が見れないんですよね、ここ。

IMG_2688.JPG
雲河原線の炉端には近所の方が育てている(?)ヤマユリが綺麗に咲いてました。

DEFY3で登った白石峠は35:17。
IMG_2689.JPG
DEFY3はやっぱり重いしダンシングでパワーが逃げる。でもこんなくらいの差でしかないなら、カーボンバイクにお金かける価値があるかと言われると僕は結構微妙だと感じます。
DEFY3 なんてロードよりクロスに近いなんて酷評される超エントリーバイク、しかも僕のはフロントトリプル、中古購入で既にボロボロ。それでもヒルクライムレースを楽しく(速くではないかもですが)戦えるポテンシャルは十分にあります。
もちろん、僕は毎週白石のタイム測ってヒルクライムレースに出て一喜一憂するような人になってしまった(貧脚で遅いですけどね)ので「絶対カーボンフレームの価値はある」って思ってますよ。でもそんなことに興味ない方がもし、「エントリーバイクだし重いから」なんて理由で買い替えを検討していたら「ちょっと待って! そのバイクで十分楽しめますよ」と言うと思います。

同平は雲の中。
IMG_2690.JPG

白石峠のブラインドカーブに「左によれ」標示が新しくペイントされてました。
IMG_2691.JPG
誰か事故ったんでしょうね。気をつけましょう。
白石峠の下りは車やヒルクライマが多くて本当に怖いです。特に上りでカーブのイン側を避けて対向車線に膨らんじゃってる方、お願いだからイン側が登れるようになってから登って欲しい。あれは自殺行為だし、下手をすると他人まで殺します。

西平に帰り着いた直後に本格的に降り出したので車で逃げ帰りました。帰路ではビショ濡れ走行や雨宿り中の自走組のローディーさんをたくさん見かけました。皆さん、大変だったでしょうね。あの天気予報じゃ判断ミスとは言い切れず、お気に毒です…

明日も似たような天気だろうし昼までに帰らなきゃなんで荒サイ下流にでも行くかな…
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。