2023年10月23日

家族と前日光へ

昨日は家族と前日光へ。有名観光地は大渋滞・大混雑だろうと思ってマイナー地を狙った。

前日光ハイランドロッジは子供達が幼い頃に何度か来た思い出の場所だけど、営業しなくなったようで閑散としている。
PA229387.jpeg

その代わり、人も少なくて静か。
PA229391.jpegPA229406.jpegPA229412.jpegPA229411.jpegPA229397.jpegPA229388.jpeg

素晴らしい高原の雰囲気と紅葉が楽しめた。チャリでもお勧めの場所ですよ。
posted by モッパー at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | モッパーの日記

2023年10月22日

ヒルクラ怪奇現象カツーンの件

誰もいない林道をヒルクラ中にガードレールが遠くでカーンとかコーンって鳴ることがあります。特に赤木慈光線が顕著。先日はヒルクラ中に3度くらい鳴って怖くなった。野獣がそんなことするわけないし落石とも思えない。グリーンラインでも稀に体験します。
色々考えた結果、ガードレールが温まって膨張して歪みが出たせいではないかと。赤木慈光線は南側に長いガードレールが続き、10時あたりの日差しが強くなる時に登ることが多いから。
他の正解を知っている方は是非教えて下さい。そんなの当然だろバカと思う方はコメントを差し控え下さいまし(笑)

2023年10月21日

鎌北湖〜グリーンライン〜刈場坂峠〜Anandamさんでランチ

今日もいつも通り奥武蔵へ。

水曜日のライドの疲れが抜け切ってないようで、なんだか体が重くてTT出来る感じじゃないのでゆるクライム。加齢とともに回復が遅くなってきていて本当に嫌になる(涙)
鎌北湖からグリーンラインで刈場坂峠まで行ったところで時間切れになりリターン。

ときがわの Waterfall resort、ますます派手になってるけど、ネット検索しても実態が掴めない謎の施設。
IMG_8976.jpegIMG_8977.jpeg
誰かトライしてくれないかな?それはお前の役割だろって?イヤイヤ流石の僕も躊躇する怪しさです(笑)

ランチは久々に Anandam さんで。
IMG_8978.jpeg
南インドケララ州の本物の家庭料理が頂けるのは日本では恐らくここしかない。南インド料理愛好家として「ときがわの奇跡」と呼ばせて頂いている。
今日はくるくるマーケットっていうフリマと並列開催。
IMG_8962.jpegIMG_8979.jpegIMG_8980.jpeg
普段僕らが見てる街道沿いの表のときがわの顔とは違う、山里農村としてのときがわの顔を感じたり、移住組の若い人との交流が出来るのもこちらの素晴らしいところ。

現地と同じ調理法で薪で炊いたビリアニが\1000なんてありがたくって本当に涙が出そうになる。
IMG_8981.jpeg
強くお勧めします。

自転車小屋の近くの肉の卸の浦野商店さんの特売日でヒレステーキ購入。卸さんが間違いないと言うんだから間違いない品質。
IMG_8982.jpegIMG_8983.jpeg
完売になってたけど、少し悪い部位ならあるということで、\2400を\1800におまけして貰えてラッキー️!!!

Strava のログはこちら

2023年10月18日

雲河原線〜赤木慈光線〜うさぎ庵さんでランチ

最近、我が社も有給取得ノルマの徹底が非常に 厳しくなり、今日はお休み。
横松郷を追い込んで赤木慈光線をのんびりといつものルート。七重か御堂笠山線も登ろうかと思ったけど、数日前に熊が出た地域なので怖くなりやめた。
IMG_8956.jpeg
道の駅おがわまちはリニューアル中だけど、簡易トイレと駐車場は使って良いみたいなので、待ち合わせや車のデポは大丈夫そう。
IMG_8952.jpegIMG_8953.jpeg
ランチはうさぎ庵さんで。
IMG_8954.jpegIMG_8955.jpeg
初めて入ったので、名物と書いてあるうどんやき。
IMG_8957.jpeg
なかなか美味しい。定食にも出来るけど単品でも僕には十分な量。
見かけから敬遠してたお店だけど、メニュー豊富だしお値段も良心的なのでこれはアリだな。また来よう。

Strava のログはこちら

2023年10月15日

横松郷〜町田屋さんの和紅茶作り教室に参加

昨日はときがわ町田屋さんの和紅茶作り教室に参加。
IMG_8918.jpeg

少し早めに着いたので、横松郷を一発シバいてから(笑)

お茶摘みのため案内して頂いたお宅が凄い️!!! ときがわ日影地区にあってほぼお城。
IMG_8912.jpegIMG_8914.jpegIMG_8915.jpeg
慈光寺にすらない室町時代の史跡があり、慈光寺まで道が通じていて、お坊さんの学校だったらしい。雲河原はもとは雲瓦で、その道を通って慈光寺に瓦を運ぶ時の休憩所だったそう。

なんたってお宅の敷地内に薬師堂があって室町時代の十二神将が揃ってるお宅なんて日本国中探してもそうそうないだろう。
IMG_8917.jpeg
ときがわ恐るべし️。

お宅内に自生する、遣唐使が持って帰ったままのお茶の木をお茶摘み。
IMG_8913.jpeg

紅茶作りは意外と簡単。
モミモミ
IMG_8919.jpeg

半完成品
IMG_8920.jpeg
少し慣れたら自宅でも出来そう。緑茶より失敗が少ないらしい。
帰りはリュックで発酵させながら帰宅。
IMG_8921.jpeg
完全に紅茶の香り。
飲んでみたけど、紅茶と烏龍茶の中間くらいで十分美味しい。

史跡級のお宅にある遣唐使が持ってきたお茶木が野生化した木のお茶摘みからマイ和紅茶の作成までなんて、あまりに素晴らしすぎる。さいたま市の自宅からの自走で十分こなせるスケジュールだし、リュックでの発酵も素敵。町田屋さんの和紅茶作り教室、強くお勧めします️!!!

Stravaのログはこちら

以降備忘録。茶揉み途中にレンチン20秒2回くらい。発酵前に1分、発酵は30℃で3時間くらい、その後レンチン2分と冷却を乾くまで繰り返す。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。