2017年02月11日

越生自然休暇村センターのひもかわうどんを食べに

今日はお知り合い3名と越生自然休暇村センターのひもかわうどんを食べに行ってきました。1月〜3月のみのまぼろしのメニューなので初めてです。
IMG_1164.JPG
カレーひもかわ(並)を頂きましたが、安くて家庭的なお味で美味しい!
IMG_1165.JPG
くぬぎむら体験交流館のひもかわと甲乙つけ難いですが、こちらのほうが盛りが少なくて少食の僕でも大のほうが良さそうでした。

越生の梅はまだパラパラ。来週から梅まつりだけどまだイマイチじゃないかな?

オレンジ色の空でケーキとコーヒー。
IMG_1167.JPGIMG_1168.JPG
そう言えば行くたびに名前の由来を聞き忘れる。ツールドフランスの峠の麓のカフェみたいな、日本離れした雰囲気で大好き。

帰りは湧水ハンターの御先達で鳩山の湧水地「お池の水」へ。何度見ても湧き出し方が不思議。田んぼの水、これ ? って感じですが、ちゃんとした成分表が掲示されていて安心出来ます。
IMG_1171.JPGIMG_1170.JPG
大量に貯水していたご年配の方によると、武甲山の伏流水とのこと。本当だろうか?ますます謎が深まった。

2017年02月05日

車載で白石峠2本

今日は午後天候が不安定のようなので、車載で白石峠へ。

車はふれあいの里たまがわの駐車場にデポ。ときがわでの無料駐車はここが一番迷惑かからなくて良いと思います。
TOKIGAWA BASE のほうが峠には近いけど、駐車スペースが少ないし有料(\500)だからね。

まずは1本目の白石峠。
自走すると平均心拍190bpm行けるのに今日は180bpmでも息も絶え絶え。それにも関わらず、先週の自走トライよりケーデンスもパワーも低くてタイムは向上。要は楽してタイム稼いでるってことですね。自走しないほうが良いのか ?

2本目は途中でチェーンがリアギアとスポークの間に脱落。昨晩のリアディレーラー調整が仇になったよう。スポーク破断に繋がる可能性が大きい重大な整備不良。落車しなかったことがせめてもの救い。スプロケとホイールの間のプラプレート外しているのなんて見栄でしかないので、復活させようかしら。

白石峠では4本登った若者や3本目トライ中の女性に遭遇、皆さん凄いっす。2本で満足してしまった自分が恥ずかしい。

ランチは玉川でキムチチゲ。
IMG_1145.JPG
グツグツのチゲにたっぷりのご飯を投入して食べると満腹でポカポカで大満足。でも案外ヘルシーなので、体重増も気になりません。
こちらのお店の看板犬の名前が「エース」と判明。とっても大人しくて良い子ちゃん、モフモフ好きの方にはたまらないでしょうね。
IMG_1142.JPG

心配していたスポークのダメージは、パワーコープのマスターに見て頂いて、問題ないと太鼓判押して貰えて安心しました。
IMG_1147.JPGIMG_1146.JPG
スプロケ外して指で触らないと分からないよなーと思ってましたが、マスターはスプロケ外さないで目視のみで判断。やっぱこのお店すごいわ。

2017年01月30日

奥武蔵自転車旅行社ヒルクライム中級に参加

昨日は奥武蔵自転車旅行社さんのヒルクライム中級に参加してきました。戸田のABC3に集合して送迎車で行くかニューサンアンピア埼玉おごせで現地集合するかの二択ですが、僕はいつもさいたま市から自走で現地参加です。折角走るなら1日をフルに走り倒さなきゃ勿体無いってのが僕のポリシーですから。
自走で一つだけ残念なのはツアー後に参加者の皆さんと一緒に温泉を楽しむ気にならないこと。裸でコミュニケーションしてから帰りの送迎車でも情報交換なんて最高だと思うんですが、僕にとっては自走でなるべく早く帰って家族サービスのほうが重要なんです。

昨日はこの季節にしては奇跡的に風が弱くて、気温も高め。自走往路で荒川峠にメタメタにされることもなく辿り着けました。定番の島田橋でパチリ。
IMG_1088.JPG

こちらのツアーは様々な年代の方が参加されるので面白い。この日のご年配No.1とNo.2は合わせてなんと150歳!この真冬に僕ら若造達と一緒にヒルクライムなんて、そりゃ長生きされること間違いなしですわ。僕もお二人みたいに年をとりたい!

女性の方々の活躍もこのツアーの特徴。この日参加の女性お二人も強いこと強いこと。シレッとしたお顔で息も切らさずトップ集団に入ってらっしゃいました。しかもお二人とも自走区間があって多分僕と同じくらいの強度をこなしての参加。本当に感心します。こんなこと書くと猛者ばかりかと誤解されそうですが、途中ギブアップしてサポートカー乗り込みも可能なんで、初心者の方でも恐れず参加可能ですよ。

午前はお馴染みの上谷の大クスまでのヒルクライムを含めて3つの登り。
IMG_1089.JPG
サポートの方のスムーズな誘導もあって自然に同レベルの方々と一緒に走ることになるので、僕みたいなタイプは競いたい心が抑えられず頑張っちゃうのでかなりキツい。同レベルの参加者と自分を比べながら登るのは、大した勾配の坂でなくても本当に参考になります。
もちろん、このツアーの趣旨である「ゆるくライム」で楽しみながらのんびり登るのも可能です。

ランチはくぬぎむら体験交流館のひもかわうどん。
IMG_1093.JPGIMG_1095.JPG
ヘルシーで身体が温まってとっても美味しい!

午後は緩いヒルクライムをこなしてから、これまた定番の七重川の砂防堰堤群へ。
IMG_1096.JPG
夏の涼けさとはまた違い、凛とした清涼な雰囲気が素晴らしい。

自走帰路はカミさんに申しつけられた金笛の「うすいろだしの素」1Lを苗木醤油本社で調達。
IMG_1099.JPGIMG_1098.JPG
コレ、笑っちゃうほどボトルケージにぴったりサイズです。2本挿して帰ろうかと思ったけど、どう見ても変な人なので1本にしときました(笑)。
IMG_1097.JPG

奥武蔵自転車旅行社さんのツアーは何回も参加して、このブログの記事も何度も書いてきたので、ツアーの内容も記事もマンネリ化して面白く無くなってきたかな? そろそろ何か新機軸を加えなきゃですね。例えばコスプレ参加とか(笑)。

最後におバカなオヤジのおバカなポーズをお楽しみ下さいまし。もの凄い数の写真を撮っていただけて、しかも全部無料でダウンロード出来るのもこのツアーの良いところです。
IMG_1100.JPG
マンネリとか言いつつ有頂天に楽しんでることがポーズに現れてるので、まあこのまんまでも良いかもね(笑)。

ともかく、僕みたいなリピーター比率が高いのが頷けるツアーであることは確かですよ。皆さんも是非どうぞ。

2017年01月21日

荒川ヒルクライム〜白石峠ヒルクライム〜玉川ランチ

今日は白石峠へ。

白石峠こなす前に今日の荒川ヒルクライムは結構凄かった。
IMG_1032.JPGIMG_1035.JPG
最近は荒川峠を坂だと思ってクルクル回してのんびり登ればいつかは本物の峠にたどり着くと思えるようになった。以前は適当なところで諦めて引き返してたけど、本物の峠が目標になってからの僕の進化点だと思う。

白石峠は路肩の雪もほとんど消えて、路面状況良好。車も自転車も少なくてスイスイ走れました。
IMG_1049.JPG

白石峠〜堂平は途中凍結箇所があって引き返しました。
IMG_1048.JPG

ランチはこちらの記事に書いた玉川さんへ。
IMG_1056.JPG
キムチ炒飯を頂きましたが、最近流行りのパラパラではなくベチョッとした僕の年代にとっては懐かしいお味。テールスープが美味しい!このお店、大好きです!

2017年01月14日

白石峠を目指すもDNF〜カフェCouCouでランチ

今日は越辺川ルートで白石峠を目指しました。

鳩山あたりから裏道は日陰が凍結。
IMG_0940.JPG
幹線道路は大丈夫ですけどね。

IMG_0942.JPG
越生ゴルフクラブのとこなんてこんな感じです。ブレーキかけずにシラーと走るとなんとかやり過ごせるレベル。

IMG_0943.JPG
明覚駅南向かい側の裏道。自転車押して歩きました。

IMG_0944.JPG
172号線のときがわ第二庁舎のあたり。172号線の路肩は走行危険です。

IMG_0945.JPG
172号線 都幾川四季彩館手前の坂です。滑って危険なのでここで引き返しました。多分、ときがわ近辺の峠は全滅じゃないかな ?
帰りのときがわ〜鳩山はまさかの小雪。

ランチは坂戸のカフェCOUCOUへ。
IMG_0946.JPGIMG_0948.JPG
窓際のカウンターに陣取ると自転車を見ながら食事出来るので施錠しなくても安心できます。
IMG_0952.JPG
凝った内装でお洒落ですが、カジュアルな雰囲気なのでサイクルジャージでも OK な感じです。

酒粕と豆乳のクリームパスタを頂きました。
IMG_0950.JPG
モチモチの生パスタと酒粕ベースのソースが良く絡んで美味しい。具やサラダには新鮮な地場(多分)のお野菜がふんだんに使われていてヘルシー、ただしボリュームは少な目。これで \1,080 は男子にとってはコスパ悪いでしょうね。パンケーキベースのランチもあるようで、女子中心のツアー向けって感じです。

風がいつもの冬場の荒川峠の感じとは違い、巻いていたり突風があったりして危険な感じです。明日はもっと荒れるようなので奥武蔵に向かわれる方はお気を付けのほどを !
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。