2021年09月03日

ブラケットカバーの交換の季節ですよねー、バーテープ温存したまま交換出来るって知ってますか?

真夏の灼熱と湿気で加水分解してベタベタになってきたブラケットカバーを替え時な季節ですよねーってことで交換。
139B4BF1-CC25-4CF0-BBC5-CCAAE89E4205.jpeg

ところで、バーテープを温存したまま交換できるのって知らない人が多いかも。でも結構握力が必要で大変。

まずは EMONDA SL の 105(ST-5800)。
448B9A42-AF96-498B-9E4D-A7FC7531FA22.jpeg5D402281-3C9F-422C-BE14-D323F2CA88E4.jpeg
僕の女子並みの握力でも素手で頑張ればなんとかなった。

次は DEFY3 の Claris (ST-2403) 。Claris は触覚(ディレイラーケーブル)だけは外さなきゃなので、ディレイラー調整やり直しなんですよね。
D27764D9-62B6-446F-BA5F-D286059CC7AF.jpeg
僕の握力では外すのは無理でハサミでチョキチョキ。

9D9F0C46-8C1F-4DED-9A19-BC696EB7C80F.jpeg
着けるのは常套手段らしきビニール袋を挿入してなんとかなったけど、頑張りすぎて指と腰が痛い(涙)。

2021年06月19日

梅雨で雨なのでメンテ三昧

梅雨入りしちゃいましたね。今日も雨なのでメンテナンス三昧でした。

ヘッド周りは敷居が高いと感じる方が多いようだけど、アーレンキーとグリスだけで出来るし、やって見ると案外簡単ですよ。
6F67A8DB-D0A9-4D77-95D5-A31DDDA8238F.jpeg
カーボンフレームはこちらの記事で書いたトルクレンチがあった方が安心かも。こちらの記事で書いた自作のメンテナンス台スタンドが大活躍。

一度プロにフルメンテナンスしてもらいたいと思うんですが、こうやってチマチマ自分でやっているとその機会を失うんですよね。

DEFY3なんて2年落ちの中古買ってから8年、もう十年車だけどセルフ素人メンテだけでなんとかなってるから。僕は恐らく一生このままなんでしょうね。

2020年05月23日

人柱報告 : バーエンドミラーの「イルミラー」が330円で限定販売されてるので買ってみた

バーエンドミラーの「イルミラー」が330円で限定販売されているので買ってみた。通常価格\2640だから激安であることだけは確か。

ずっと愛用してきた FBM-0010 は軽くて小さい代わりに視認性が悪いし、よく落ちて無くす。
720516A9-16A3-4943-A493-570BB5BB2F70.jpeg6E900A85-38E4-4C21-947B-B83383C57D25.jpeg

イルミラーは落ちにくそうだけど重くて不格好。うーん微妙。
F3093BD5-29DE-40F0-B35C-E955DFEA616A.jpeg
視認性は FBM-0010 とは段違いなんだけど、なんか空力的に許せない感じ。

この方向につけると空力的には許せそうだけど、膝に当たるし視認性が FBM-0010 と大差なくなる。
A3289381-B965-485D-9BF3-CEE849131C2A.jpeg

なにより、バーエンドミラーでこの重量(79g)食われるのはないかな...
D2A1EEB5-4EEF-4F4B-BFF8-B3154C91B128.jpeg

ライトは着けるの面倒だし明るさが微妙なので使わないだろうな…
F8FDAFE6-5A23-485E-B6E7-7A1B4C282A92.jpegCCDB66C8-8D46-45CC-80D2-DF9983F1D867.jpeg

ライトユニットの重量(8g)。
F06C6C3E-5AC0-484D-87B3-19921B8BF373.jpeg
ライトユニットはとっちゃうだろうな。

結論としてはポタなグループライドのリーダーなら有用かもだけど、ソロとかチーム連でのロング&ヒルの僕のスタイルには合わなさそう。ブルベな方には合うかもですね。

2019年04月02日

人柱報告 : バーエンドミラー The beam

こちらの記事に書いたようにバックミラーはバーエンドに差し込むタイプの FBM-0010 を使ってきました。
6BBF978D-0D18-4737-BFF5-6A256664A214.jpegCCF96191-ACBB-4DD7-BD7B-9488D188C781.png
小さくてスマートなんですが、いかんせん鏡面が小さすぎて「無いよりはマシ」程度でしかありません。まぁ、どちらみち振り返って直視確認が基本でしょうって言うとその通りなんでいいんですが。また、緑枠の部分にプラテープ等を巻いてハンドルとの密着度を微妙に調整するしかなく、知らないうちに脱落してることが良くあります。半年に一度くらい買い続けていてもったいない。

The Beam ってやつが良さそうなんで買ってみました。
D8B3AE95-04E4-4DB4-A3C3-847E69A5B75A.png
黄色丸の部分のボルトで赤丸部分を広げることが出来るので、バーエンドにはがっちり固定出来ます。
F9F2599A-BE8A-4331-9B42-F2FD63C1A4C6.png
ただし、青丸部分と緑矢印方向の回転の固さ調整は出来なくて、しかも回転が軽すぎて振動ですぐにすぐにズレちゃいそうだし、作りもちゃっちくてすぐに壊れそう。
BB3E11E5-00A9-4B61-ABBB-542C9FCE2DCE.jpeg
鏡面は収納出来るけど、こんな程度の大きさだと収納できるメリットはあまり感じません。

さてさて、実走結果。
FBM-0010 より度のある凸面鏡なのでより広い範囲が見えるけど逆に距離感はつかみにくい。鏡面が軽いせいか、心配していたほどは振動の影響を受けてズレません。ただし、手や膝が少しでも当たるとすぐに明後日の方向を向いちゃうし、微調整は FBM-0010 より大変。

FBM-0010 と比べると一長一短あってどっちが良いか悩むな...って感じです。

2016年09月05日

TREK EMONDA SL 君のヘッドベアリングが錆びた(泣)

愛車の TREK EMONDA SL 君ですが、ヘッドの隙間から茶色いものが見えて漏れ出すグリスも茶色っぽく変色してきたことから、ベアリングの錆を疑ってました。

IMG_9638.JPG
私はひどい汗かきでヒルクライム時は汗がヘッド周りに集中するので、ヘッドのアンカーボルトはプラスティックテープで保護してますし、そもそも EMONDA SL 君は組んでから7ヶ月しか経ってないのでまだヘッド周りのメンテなんて必要無いだろうとタカをくくってました。

それにも関わらずオヤジの凶悪な汗はヘッド内に浸入してベアリングを見事に腐食してました。


IMG_9635.JPG
上部のベアリングはこんな状態。見たく無い…
信頼できるお店で組んでもらったのできちんとグリス盛られてるのに、7ヶ月でこれ???

IMG_9636.JPG
ヘッドチューブの上側もこんな状態。ゲロゲロです(泣)。

下部のべアリングは少しマシだけどまあ似たような感じです。

シールドベアリングなんで、慎重にシールを剥がしてボールの状態を確認。
IMG_9637.JPG
幸いにしてグリスも健康で錆びもない。

本当はボール取り出してちゃんと清掃したいところだけど組み上げる自信が無かったので、デュラグリスをたっぷりと追加投入してシールドベアリングは再利用。

多分、BBのべアリングにも汗回ってるはずだけど EMONDA SL 君は BB90 なる特殊なものなんで分解を躊躇してます。カーボンフレームは錆びないしメンテも楽かと思ってたらそうじゃなさそう。思っていたより面倒ですね(泣)。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。