2015年11月23日

ときがわ町サイクルフェスタ2015上級コース完走

昨日はときがわ町サイクルフェスタ2015上級コースに参加してきました。
このイベント、中級コースすら白石峠〜堂平〜刈場坂なんで貧脚の僕の感覚なら上級レベル。

さらに上級コースは奥武蔵支線経由で刈場坂〜下ってから高篠峠〜もう一度下って白石峠経由で堂平なんで、僕の感覚なら超級です。

上級コース、完走出来るか自信無かったんで、こちらの記事で事前試走済みです。

ときがわ町の有志の方々が運営されているイベントで手作り感満載です。
IMG_7122.JPG
IMG_7124.JPG
知名度が低いのか参加者は全部で三百数十名程度。コースの難易度とは裏腹にゆるーい感じの運営なんですが、参加者数とうまく均衡している感じ。巨大ヒルクライムイベントに比べると全く違う雰囲気のよう。

最初のエイドポイントの受付で、どどーんと待ち構えるゆで卵。
IMG_7123.JPG

奥武蔵支線は途中から霧雨でグリップが心もとない状況でしたがなんとか登りきりました。寒々した刈場坂峠で頂いた温かい柚茶が美味しかった!
IMG_7126.JPG

高篠峠ではお汁粉が頂けてハンガーノック対策もバッチリ。
IMG_7127.JPG

堂平天文台が最後のピーク。ここも雲の中で寒いのなんのって。天文台食堂でおにぎりと豚汁を頬張る。
IMG_7129.JPG

試走しておいたとは言え、10%超えの坂が連続する峠を3連で獲得標高1800m弱はキツい。しかもあの天候で上級者コースで落車を見なかったのは、皆さん猛者ヒルクライマーかあのあたりの道の経験者だからでしょうね。

運営がユルイので、言葉は悪いですが「勝手に走っとれ」に近い感じで緊張感がないのも確か。参加者数少なすぎてペースメーカーを見つけることが出来ずほとんどが一人旅だったこともあって、単独走の試走と感覚は変わらない。事実、試走の時の白石のログと比べても タイム・パワー・心拍・ケーデンス全てがほぼ同一。オレ全然ガンバレてないじゃん(泣)。でも、コースの難易度とは裏腹にそんなガチな方向を求めたらいけないイベントなんだろうと思います。ご近所の方がサーブする素朴だけど心のこもったエイドステーション楽しみながら仲間と一緒にワイワイ走るのが適だと思います。

今までイベントやレースを避けてきた僕自身としては、ヒルクライムレースが今の自分に必要と分かったことが大きな収穫。
終わってから気付きましたが、このイベントにはエキップアサダのレクチャー受けられるコースが各コースに用意されています。ガチな方はそっちが良いよう。来年も参加するとしたらレクチャー付きにします !!!

2015.11.25 追記
会場までの交通手段ですが、自走や輪行ではなく車載をお勧めします。理由は三つ。
・受付付近に更衣室があり、荷物の預かりも出来るのですがこれまたゆる〜い感じなので不安。
・玉川温泉の入場券を当日使うなら、着替えが欲しいし時間的にも自走は辛そう。ちなみに来年3月までつかえるので、私はお土産にしました。
・ふれあいの里たまがわで使える500円券貰えるのですが、コスパ最高の地元野菜をお土産にするのが一番良いから。もちろん、輪行や自走で野菜持ち帰る猛者の方は是非どうぞ(笑)
posted by モッパー at 20:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント

2015年08月20日

赤城山ヒルクライム

実は夏休み期間中でして、家族旅行をちょいとこなした後、昨日はまえばし赤城山ヒルクライムのコースを走りに行ってきました。

このコース、練習者へのサポートが抜群なので驚き。

なんと練習者用の無料駐車場を常設。
IMG_6426.JPG
google map でこのあたりです。

今年は8月8日(土)〜9月23日(祝)の間の土日祝日はコース中に給水所を設置。

工事中区間で誘導されているガードマンの方から「ガンバレ ! あと少し !」の応援が飛ぶ。

練習されている方のマナーも素晴らしい。会釈や声がけに反応して頂けた率はほぼ100%。白石峠でも 70% くらいなのに(私の経験則)。

IMG_6428.JPG

タイムはともかくとして、とても気持ちよ〜く走れましたヨ。

でもここの下りは怖い。勾配や R が緩い分スピードが乗り、下り車線は上り車線より路面状況がひどいところが多くて危険です。上りじゃなく下りで何度も足つきしそうになりました。

本当は前橋に一泊して榛名山ヒルクライムも制覇したかったんですが、雨の予報だったんで逃げ帰りました。今日の足の状態考えると、帰って正解、平均勾配緩いからとナメてかかってました。

走った後、知り合いに聞くと本番は声援やおもてなし感が素晴らしいらしい。今までこの手のイベントは避けてきたんですが、参加する気がムクムクと起きてきました。というか、こんなに練習者応援して貰えてるのにタダでそこ走って満足じゃイケませんわ。

posted by モッパー at 18:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント

2015年05月24日

ツアーオブジャパン東京ステージ観戦

今日は参加予定だったツアーが雨の予報で中止になったので、ツアーオブジャパン東京ステージを大井埠頭まで観戦に。
なんだ午後はピーカンじゃん。こんなに予報外れたことは最近じゃ珍しいかも。

チャリで行こうかと思ったけど、お台場から先の行き方が分からないので、電車で行ってまずはビール。

さいたまクリテリウムより最終周回コースの距離が倍ほど長いせいか、選手が周回に入ってくる1時間前に到着でも場所取りは余裕。身近に自転車置けるスペースが豊富なので、次回からはチャリで行こう。

すぐ目前を大集団が駆け抜ける迫力はやっぱり素晴らしい。ファーと流れる風、マシンの軋む音、目をつぶっていても感激出来ます。
P5245473.JPGP5245476.JPG
選手の写真いっぱい撮れたので、フォームとかポジションの研究も出来そう。

さいたまクリテリウムよりお祭り感が少ない代わりに人混みも少ないので、落ち着いて観戦出来る。客観的に考えるとこっちのほうが良いかも。
いやいや、私には住民としてさいたまクリテリウム応援する使命がありますんで、さいたまクリテリウムのほう押しますよ、もちろん(笑)。

posted by モッパー at 18:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント

2014年10月25日

2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム観戦の報告

いやいや、凄い人出でした。サイクルフェスタもさいたまるしぇも人がびっしり。
逆にコース脇はコースが長くなったせいか 12:00頃から陣取りしてもちゃんと選手見れるポジションとれた。
心配した運営ですが、さすがに2回目は大きな混乱なく安心して観戦できました。

興行だし気が乗らないなんて言いながらも、目の前で世界トップクラスが走る迫力には燃えてしまいます。

生ニーバリと生サガン。
サガン・ニーバリ.JPG
これ見れたでけで幸せでーす。

生フルーム。
フルーム.JPG
マシントラブルの結果乗り換えたニュートラルバイクがいかにも体に合ってなくて可愛そうだった。

最後に逃げを見せてくれた幸也と別府。
幸也.JPG別府.JPG

どーせ昨年のフルームと同じようにニーバリ勝つんでしょと冷めた目で見てましたが、最後は発射台備えたキッテルが制して、結構ガチなことやってるんじゃんと感激。

いやーいいもん見せてもらいましたよ。前言の「興行」発言撤回します。こりゃやっぱり面白い。また来年も来よう。
posted by モッパー at 19:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント

2014年10月24日

2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムに気が乗らない

いよいよ明日なんですが、実は気が乗らない。昨年はこんなに熱狂したのに。
今年は個人的に色々と忙しいこともあるけど、行けなかったジャパンカップの知り合いの数々のレポート見ると、あくまでも興行である 2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムより、ガチな勝負のジャパンカップに熱狂すべきだったって思っちゃう。
明後日のイベントに疲れを残したくないので、今年のさいたまクリテリウムはそこそこにちょっとしたお祭り気分を楽しみに行くことにした。
posted by モッパー at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。