2017年07月10日

1st Mt.三峰HILLCLIMBに参加 : 僕にとってはとってもレベルが高いヒルクライムレースでした

昨日は1st Mt.三峰HILLCLIMBに参加してきました。
このレースは第2回 JBCF 三峰山ヒルクライムに併設の一般参加者が参加できるヒルクライム大会です。
本当は昨年がMt.三峰HILLCLIMB の初回だったのですが、舞台となる大血川林道ががけ崩れで通行止めとなり、開催されなかったので今回が1stというわけです。
私からすると県内なのに前泊はほぼ必須、\8,000と参加費も高額なのでイマイチなんですが、現時点では埼玉県下で唯一のヒルクライム大会ですからね、一度は参加しないと...と思ったわけです。
知名度が低いせいか、一般参加者300名募集のところエントリーはわずか87名。

まずは土曜日。到着してから軽く流しておこうと思って道の駅・両神温泉薬師の湯から両神神社まで登ったら、僕が大嫌いな緩い坂を何度も登り返すヤツ!おまけに最後は30-28Tじゃまだキツい10%超え。
せっかくだから参拝して帰ろうと思ってましたが、最後のコンクリ歩道はクリートじゃ無理で退散。
IMG_2485.JPG
レーシーに走ろうとすると下りも踏まなきゃなんで帰りもキツい!スプリント区間がある本番コースの良い練習になったかも。Strava のログはこちら

ランチは宿泊地近くの車澤うどん
IMG_2490.JPG
ひなびた昭和な感じが good です。
IMG_2487.JPG
肉汁うどんを頂きましたが、ピカピカの麺は食べる前からレベル高いと分かる。
IMG_2488.JPGIMG_2489.JPG
とっても具沢山の汁も美味しい ! 小皿3皿に飲み物まで頂けて \850 はかなりコスパ高いです。

午後はゲリラ豪雨に会いそうだったので、三峰神社は車で参拝。
IMG_2494.JPGIMG_2495.JPG
初めて行ったけど、予想していたよりずっと厳かで、確かにパワースポット。神社ってなんでこんなに夏でも涼しいんだろ、不思議です。

ご神木も素晴らしい。
IMG_2493.JPGIMG_2492.JPG
タッチすると暖かくて鼓動すら感じます。

中津峡の風景も素晴らしかった。
IMG_2496.JPG

宿泊は本番のスタート地点に近い民宿、「神庭」さんを予約してました。
素泊りなので夕飯はコンビニ調達。ただし、最寄りのコンビニは片道14km、チャリで往復すると丁度お腹が減って良い感じ(笑)。ちなみに Strava ログはこちら
朝ごはんも買い込みましたが、共同の冷蔵庫を使わせて頂けるので衛生的な面でも安心できました。
IMG_2498.JPG
この日は宿泊者が少ないとのことで玄関にチャリ置かせてもらえて便利でした。
大浴場はお肌がツルツルになる系の天然温泉、24時間入れるので朝風呂で血管広げることも出来る。
神庭」さんは大正解でした。来年も参加するならここにしよう。

宿でエントリー時に頂いたものをチェックして翌日の準備をしましたが、レースの参加賞は何これ?な感じ。ショボすぎます(泣)。
IMG_2497.JPG


さてさて、日曜日はいよいよ本番。ちょっと早起きして軽く走ってアップしましたが、実業団の選手は全く速さのレベルが違いますわ。一人くらいは追い抜けるかと思ってましたが絶対無理。

結局1st Mt.三峰HILLCLIMBの結果は1:04:28、惨敗でした。ハルヒルより距離で1km 獲得標高で100m少ないので、5分くらいは短縮できるはずなのに、ハルヒルベストより3分負けてるなんて大ショック(泣)。
残り4kmあたりで熱中症ぽくなり意識が何度か飛んで大失速。最後の10%超坂は本気で歩こうかと思った。
ボトルの飲み物も途中で売り切れ、ゴール後に水1リットル飲んでなんとか生き返った。2ボトルで水被りながら走るべきでした。

登ってる途中で奥武蔵上級でご一緒した方とブログの読者の方にお声がけ頂いてとっても嬉しかったけど、上記のような状態だったんでまともにお返事出来なくて申し訳ありませんでした。

ブヨ対策はハッカ油原液スプレーで完璧。蚊にも効くみたい。
IMG_2501.JPG

ランチは手打ちそば竹家さんで。
IMG_2503.JPGIMG_2502.JPG
蕎麦も天ぷらも及第点だけどコスパは観光客向けって感じ。

本当は午後にもう一本どこか登って帰ろうと思ってたけど、そんなこと出来る体調と気温じゃないので早々に帰宅しました。

この日の Strava のログはこちらです。


以下、1st Mt.三峰HILLCLIMBの雑感と総括です。

[参加者のレベル]
滅茶苦茶高い。多分NARIKIヒルクライム以上。50歳代13人中11位で大いに凹んだけど、後でStravaセグメント調べたら全体179人中74位でそれほど悪くないタイムなのに…
でもなぜかほとんど一人旅にはならずうまくペースメーカーを見つけられた。ウェーブの出走間隔が短いからかな?
秩父湖までの下りはグループで降りるけど、これがまた皆さんめっぽう速い。
最後のウェーブが7:14スタートでゴールは9:00で足切り、1:46 で走りきる自信ないとダメってところからして初心者お断りなんでしょうね。

[運営]
まあ混乱はしてましたね。リザルト表示の場所が分からなかったり、スタッフに情報が徹底されてなかったり。でも致命的と思った点はなし。

[トンネル]
このルート、途中に照明のないトンネルが二箇所あって怖いことで有名みたいです。おまけに JBCF のルールでライトは禁止。不安だったので受付の時にライト携行して良いか聞いたら「投光器設置したので大丈夫!」とのこと。でも実際には「提灯だろソレ」くらいの代物がいくつか設置されているだけ。トンネル内の路面はウェットだったし、一人落車しただけで悲惨な事故が起こりそう。一般参加者にはせめて尾灯だけでも義務付けたほうがいいと思う。

[熊]
以前、このルートを走った知り合いが熊に会って逃げ帰ってきて以来、怖くて試走はヤメてました。今回も、前日に試走した方に聞いたらいくつも糞を見かけて「ホカホカ」のやつもあったとのこと、やっぱり…。僕はレース以外じゃ絶対走らないことにします。

[来年も開催されたら参加するか]
高額なのにレース以外のお楽しみまるでなし、埼玉のくせに前泊ほぼ必須とイベントとして見ると美味しくないけど、ヒルクライムレースとして見るとこのレベルの高さは魅力。多分参加すると思います。
出来れば開催時期を2-3週遅らせてもらえるとほぼ確実に梅雨明けになるんですけどね。

posted by モッパー at 20:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント

2017年06月28日

2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムのコースが決定

2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム(2017/11/4開催)のコースが決定しましたね。
救急病院としての性格を持つ赤十字病院がコース中心に移転してきたんで、コース変更は避けられないものだとは思ってましたが、正直観客からすると大幅縮小な感じが否めないと思います。観戦スペースはへたすると半減 ? 大変な混雑と混乱が予想されそう。個人的にはもはや彩湖あたりの広大な土地使ったほうが良いんではないかと思いますが、さいたま市以外の市町村絡むと難しいとか色々あるんでしょうね...

些細な文句はともかく、こんなイベントを国内で楽しめるようになったことは画期的なことだと思ってますし、さいたま市民としても誇らしく、来年以降の開催継続も是非とも期待したいです。
posted by モッパー at 20:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント

2017年05月29日

成木ヒルクライム本番

昨日は成木ヒルクライム本番。

結果は 36:43 と目標の35分には届かなかったものの、自己ベストは更新。
IMG_2069.JPG
 昨年は第一ウェーブで早々に集団から千切れて小集団を渡り歩いて消耗、今年は第二ウェーブで集団は30kmペースくらいでこれなら着いていけると思ったけどボトル飲んだ途端千切れてあとは集団には入れずひとり旅で消耗。第ニウェーブ以降もウェーブの先端に位置取れば第一ウェーブに比べて不利は無いって分かったので次回はあえて第二ウェーブ以降にして集団に引っ張って貰う戦略もありそう。前半は完全にロードレースなのでそこでどう戦えるか、平坦ダメダメな僕はそこが課題。

 後半の急坂区間は昨年と同じくどう走ったかすら覚えてない(泣)。タイムテーブルに目を落とす余裕は全くなくて無駄だった(笑)。

このレースは首都圏から日帰り出来るし、ハルヒル赤城ヒルクライムよりレーシーで参加者の皆さんのレベルが高いのでお勧めです。

参加賞は小型リュック。
IMG_2071.JPG
作りがちゃっちいのでこんなの使うかな?と思ったけど、帰って背負ってみると背中ポッケの邪魔にもならないし汗抜けも良さそう。ちゃんと分かってる人が作ったんでしょうね、良いもの貰った。

次のヒルクライムレースは 7/9 の三峰山ヒルクライム。なんかすっかり坂〇カな人になってきたかも、そんなつもりないんですけど(笑)。
posted by モッパー at 07:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント

2017年05月22日

ハルヒル 2017 本番 : 自己ベスト更新するも目標の1時間切りはならず

昨日はハルヒル(榛名山ヒルクライム)の本番。あれだけ試走を繰り返して臨んでも期待と不安でいっぱいです。

昨年は高崎駅近くに泊まって自走しましたが、今回は安中駅近くのホテルにしました。
IMG_2001.JPG
素泊まり\4500と安いので不安でしたが、家族経営(多分)で融通が効く感じで部屋も綺麗でした。
IMG_2002.JPG
マスターがロードバイクに理解があって部屋置き可能。車も2日間ほぼ丸々停めさせてもらえました。

当日朝は長岩集落経由で風戸峠に登ってアップ。榛名体育館まで15km 獲得標高400m くらいの程よい負荷をかけられました。
IMG_2004.JPGIMG_2005.JPG
このルート、安中市街や妙義の山々が見晴らせて気持ちいい、風戸峠に登るだけでも何本もルートありそうです。今度はこのあたりの坂を攻めに来てみたい。

スタート待ちの風景。
IMG_2007.JPG
なにしろ7000人超えですからねー、圧巻です。

今回の秘密兵器は TURBINE。
IMG_2003.JPG

違和感が気にならないか心配でしたが、僕はほとんど気にならなかった。
正直呼吸が楽になった感じはしなかったけど、鼻水をすするのはかなり楽になりました。いつもは鼻の下ジュルジュルで走ってますがそれがなくなりました。でもそんだけのことに一個\500も出すかって言われると、どうかな…って感じです。

さてさて結果は…
IMG_2009.JPG

自己ベストは更新出来たけど、目標の1時間切りはならず。残念ですが出し切った感はあったのでまあいいか。

特別賞も当たって満足です。
IMG_2008.JPG
posted by モッパー at 07:39 | Comment(10) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント

2016年09月25日

まえばし赤城ヒルクライムの結果

今日はまえばし赤城ヒルクライム大会に初参戦。その結果です。

結果は事前の試走結果の自己ベストを2分以上上回り満足です。
IMG_9808.JPG
年代別では中央以上の順位を確保出来て、まあなんとか大貧脚を脱して平均的なヒルクライマーになれたのかと。でも一人前と称される90分まではまだまだ遠い。

今回は心拍もケイデンスも全く気にせずパワーのみを監視。290W キープを目標にしたけど後半ダレてしまって 平均 281W に落ち着いた。
※Powercalを使っているのでパワーの値は実態と異なります。実態は多分200Wくらい。

以下は過去の試走結果と今回の本番の結果。
日時時間平均心拍数平均ケイデンス平均パワー
2015/8/191:49:49163.074.0226.0
2015/10/181:41:57172.076.0252.0
2016/9/31:40:53182.084.0276.0
2016/9/171:39:05181.086.0273.0
2016/9/251:36:32185.088.0281.0
パワーしか気にしなかったにも関わらず、心拍もケイデンスも上がっている。やっぱりパワーを監視したことが良かったんだろうか ? 良く分からない。今シーズンのヒルクライム大会はこれで終了なので、これからのオフシーズンの間は最も豊富にデータが蓄積出来ている白石峠でパワーメータによるマネージメントを強化してみよう。

ともかく、赤城は来年も参加して90分切り目指します !
posted by モッパー at 20:26 | Comment(7) | TrackBack(0) | ロードバイク - イベント
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。