2016年04月17日

のこのこライド

九州の震災の被害に会われている皆さまのご無事をお祈りいたします。
私の微力では平穏を保つことくらいしかできませんので、いつもと同じように身辺の情報発信を続けます。

昨日ははお知り合い2名と小川町のこのこへ。

田舎道のなか突然掘っ立て小屋、もとい山小屋風のピザ屋さんが現れます。
IMG_8261.JPGIMG_8263.JPG

しまった、名物のウルトラマン撮り忘れた。下の写真の右端に写ってます(笑)。
IMG_8264.JPG

マスターと奥さんは晩年になってからロードバイクを始められたそうで、店内はイベント参加時の思い出の品や写真・地図等がいっぱい。
IMG_8265.JPG

メニューは基本ピザとパスタです。単品オーダーも出来るようですが、コスパ考えるとピザ+パスタ+コーヒーのランチ \750 一択のよう。

IMG_8268.JPG
ピザはオーダーしてからマスター自作の石窯で焼き上げるのでそれなりに時間がかかります。
生地はフワフワでもなくクリスピーでもなくモチモチしたオーソドックスなタイプ。具材はチーズ多めでトマトベース、奇をてらった感じはなく安心して食べられます。

IMG_8271.JPG
パスタもトマトベースの懐かしい感じ。ポテサラも手作りのお味。
ボリューム的には小食の私がちょうど食べきれるくらいなので、腹ペコ男子には少し足りなく、女子は満腹って感じかも。
これにコーヒーがついて \750 はかなりコスパ高いと思います。

料理が出た後で厨房から気さくで話し好きのマスターが出てきてロードバイクにハマった経緯や参加したイベントのこと、周辺のサイクリングコースのこととか色々教えて頂きました。東から西まで国内をかなり巡られているようで羨ましい。

時の流れが緩くてのんびり出来る空間です。チーム練習時に団体で利用される方々も多いらしく、事前に電話して空いているか確認して欲しいとのこと。

2016年03月27日

坂戸北浅羽の安行寒桜〜ときがわのカフェ町田屋

今日の午後はカミさんの仕事が休みで、花が見たいと言うので、まずは坂戸北浅羽の安行寒桜へ。
越辺川右岸のサイクリングロードを走りながら約1.2km以上に渡って桜並木を見下ろすことが出来て、僕のお勧めのポイントです。
IMG_8151.JPG
毎年「なんでこんなに人いないの?」っていうくらい閑散としているんですが、今年はトイレや広い駐車場も整備されてそれなりの人出もありました。なんか TV で最近放映されたみたいですね。とは言っても都内の桜名所に比べれば閑散としていてのんびり鑑賞出来ます。
カミさんの評価は「ソメイヨシノに比べたら迫力ないね」でしたが、散り始めってこともあって寒桜って下から見上げるとそんなに綺麗じゃないんですよね。やっぱここは自転車がお勧めです。

東秩父大内沢の花桃の里が満開らしく、そちらでリベンジ果たしたかったんですが時間的に無理だったので断念。

ときがわの町田屋旅館さんが最近オープンした「カフェ町田屋」へ。
IMG_8154.JPG
明治43年創業の老舗旅館です。
カフェは当面日曜日限定でオープン。
IMG_8153.JPG
4/3 以降どうするかは検討中とのこと。
IMG_8159.JPG
ランチタイムを逃したので、デザートセットを頂きました。
IMG_8161.JPGIMG_8162.JPG
ドリンクで抹茶が選べたり、ケーキも素朴なお味で和式旅館の雰囲気にマッチしてます。
年代物のお雛様が展示されていたり、
IMG_8157.JPGIMG_8156.JPG
老舗旅館のお庭やお部屋の雰囲気を楽しんだり、
IMG_8163.JPGIMG_8160.JPG
そんな体験に重きを置くべきお店と感じました。
ランチのちらし寿司セットが美味しそうなので、オープンしている間に是非再訪したいです。

2016年03月15日

国分牧場ビーフカフェ

今日は仕事がお休みに出来たので、チャリでお出かけすることに。
昨日の雨は山では雪になって積もったらしいし、かなり過酷な荒川峠が現れる予報だったのでポタリングモードに決定。
一度行きたかった東松山の国分牧場ビーフカフェに行ってきました。
国分牧場さんが東松山コミュニティカフェの火曜日を担当されていて、火曜日しかオープンしない幻のカフェなんです。
IMG_8022.JPGIMG_8023.JPGIMG_8021.JPG
「まちカフェ」、火曜日以外もスローでヘルシーな感じの店舗で好感です。土日やってないってのがつらい。

限定3食の醤油麹漬けランプステーキ \1,350 を頂きました。僕は限定って言葉に超弱い(笑)。
IMG_8029.JPG
お肉はちょっとしょっぱすぎる感じはありますが、滋味を感じるお味で柔らかくて良いですね。150g でこのお値段は良心的。付け合わせの野菜は牧場自家製無農薬でこれまたとっても美味しい。

他のメニューも気になります。って言っても火曜日限定じゃ次に訪問出来るのは何時になることやら。
IMG_8024.JPG
牧場の産物のお持ち帰りも可能です。
IMG_8025.JPGIMG_8026.JPG

2016年03月13日

西葛西でリアル南インド料理屋さんを発見

数年に一度しか花粉症にはならないんですが、数日前から鼻水が垂れてこりゃスイッチ入ったかなって状況に。さらには昨日は熱まで出て一日寝込んでしまいました。結果的には花粉症と風邪のダブルパンチだったようで、一晩寝て熱は下がったものの今日は無理は禁物って感じだったので、西葛西まで本物のインド料理屋さん探索のポタリングに出かけました。
こちらの記事に書いたように、葛西付近に多くあるインド料理屋さんの中には正直言って日本人に迎合したイマイチなお店も多くあります。でも、折角遠くからあそこまで行くのならリアルインドを味わいたい !

[ここから自称インド料理評論家モッパーのうんちく講座]
  • 背景
    僕は学生時代にインドを一ケ月程放浪しました。もう30年ほど前ですけどね。なのでインド料理に関してはうるさいです。
  • ナンについて
    なぜか日本では本格インド料理=ナンだと思われているふしがありますが、ナンはインドの一般家庭では食べません。ナンを作るタンドールオーブンは一般家庭には無いから。高級レストランで出てくるナンもあんなにバカデカくなくてサドルみたいな形してなくって円形です。あんな変なナンは日本でしか見たことない。こちらのサイトが正しい情報を伝えてる。主食としてはチャパティーが最も一般的。ライスはバスマティライス(長粒米)。最上級のバスマティライスは日本で買うとコシヒカリなんぞよりもっと高価だし、チャパティーは日本人にとっては素朴過ぎて日本のインド料理屋のランチではまず出てきません。
  • 北インド料理と南インド料理と日本人迎合カレー
    まず理解すべきはインド料理には出汁の文化がありません。この時点で日本料理とは概念が全く違うんです。素材とスパイスと塩味だけで勝負する料理。
    次に北インド料理と南インド料理はかなり違います。
    北インドは牛由来の油脂が使われていることが多く、ドロッとしたものが多い。バターチキンとかサグバニール(ほうれん草とチーズ)なんてのが代表的。で、問題なのは日本国内でボコボコ出来ているインド料理屋さんは北インドとかネパールっぽくて化学調味料を足して日本人好みにしたものが多いこと。まあ、それはそれで良いとは思うんですが、自称インド料理評論家の私には許せないところです。
    南インド料理はココナッツを油脂として使うことが多く、北インドよりもサラっとしていて野菜や魚を素材としてあまり煮込まず淡泊でヘルシーな料理が多い。僕は南インド料理のほうが日本人に合ってると思うんですけどね。
  • 辛さの調整
    日本人に迎合したインド料理屋さんは辛さレベルの調整が出来るところがありますが、あれは邪道。高級和食で「辛くしてよ」って言ったりとか七味バカスカ振りかけたりする人いますか ? それと同じです。一般的に野菜系は淡泊、肉系は塩辛くスパイシーで、それはそのまま味わうのが筋です。
    私はどうかって ? 辛い物好きなんで出来るなら必ず調整させて頂きます(笑)。
[自称インド料理評論家モッパーのうんちく講座終わり(笑)]

前口上はともかく、やっと見つけました。西葛西の本物南インド料理屋、アムダスラビーさん。
土日はビュッフェですが、ビュッフェとは思えないほど全てのお料理が高レベルです。有明のニルヴァナムとか八重洲のエリックサウスに伍するレベル。
IMG_8006.JPGIMG_8004.JPGIMG_8001.JPGIMG_7999.JPGIMG_7998.JPGIMG_7997.JPG

あまりに現地に近すぎて、食べれないホールスパイスやハーブはより分ける必要があるとか、魚は鱗や骨も存分に含んだまま調理されているとか、普通の日本人はびっくりするかも知れません。
惜しむらくはビュッフェのライスが日本米でベチャっとしていて美味しくないこと。バスマティライスかビリヤニがあったら最高なんだけど。でも Parotta が美味しいので許す。

このあたりは歩道に駐輪すると盗難が怖い感じがありますが、こちらは地下のお店の前に2-3台は駐輪スペースがあって安心できます。
IMG_8005.JPG

ご近所に二軒ほど、本格派っぽいお店を見つけました。今後の課題ということで。
IMG_8008.JPGIMG_8011.JPG

2016年02月13日

葛西へカレーを食べに

今日はお知り合いが企画したアドマーニ鴻巣店へのグルメツアーに乗っかる予定でしたが、強風の予報で参加者が減り、首謀者の方と二人で荒川下流に向いました。これが大正解。行きも帰りも追い風で楽々〜。

ランチは葛西の和印道で。
IMG_7656.JPG
食べログとかの評価が高いので期待していましたが、最近のインド料理店で有りがちな日本人に迎合した感じ。ライスはべちゃっとしていてまずい。カレーもスパイス感が薄く人工調味料で誤魔化した感じ。以前西葛西のスパイスマジックカルカッタで感じたのと同じ傾向です。
葛西ってインド人の方が多くて本格的なインド料理屋さんがあるイメージだったんだけどがっくり。

距離とか方向は離れてしまいますが、このあたりのインド料理だと有明のニヴァルナムがベストだと思います。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。