2022年01月31日

STI のブレーキレバーオフセットと引きしろについて : これって重要、命に関わるから

こちらの記事で書いた、コンポを交換したDEFY3君のブレーキレバーのオフセットと引きしろが気に食わないので調整。
85349133-7E81-4B51-923F-6F2747176FD1.jpeg
交換前とあらゆることを合せ込んでくれるパワーコープさんとは言え、これだけは流石に無理だ。手の大きさが分からないと出来ないもの。女子スペックの僕だとオフセットは最もハンドル側に近づけるのがベスト、引きしろももちろんそれに合わせて変える。これは凄くブレーキ性能に関わるので、特に小柄女子はブレーキ性能の不満や違和感があって自分で調整出来ないならお店に相談をお勧めします!なんたって命に関わるから。
posted by モッパー at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ブレーキ

2019年12月16日

ブレーキシューは BBB ウルトラストップ ハイパフォーマンスで決まりでしょ !!!

ブレーキシューはシマノの R55C4 が定番なんでしょうが、
こいつ、ゴミや金属片(多分リムへの攻撃)の噛み込みが多くて気に入らない。
なんで RS55C3 を使い続けてきました。
6D46C2DA-ACA2-43B4-B629-7A989D7F3C81.jpegA6DD972D-B98F-4ABF-96F5-676CC8516354.jpeg
でもこれって結局デッドストック品でゴム質も劣化してるわけでしょ。もうそろそろ限界かと。

お知り合いで評判の良い BBB ウルトラストップ ハイパフォーマンスを試してみました。
08BBA51B-86F9-46EF-BF80-F5117D29147B.jpeg
4つでこのお値段だと、RS55C3 や RS55C4 と変わらないしね。

見た目も格好良い。
BBD589AB-95CD-4122-AD7C-36CCD614C54B.jpeg8760FF7D-C385-4463-AD71-33AC6C996F72.jpeg
幅がシマノに比べて広いのでセッティングには気を使う。ちなみに僕はトーインなんて気にしないでつけちゃいます。

実走結果は...上々。ゴム質がシマノに比べて弱らかいので、ガツンと効くシマノに比べてしっとりとした印象。何より噛み込みが少ないのがよろしい。シマノに比べて減りが激しいらしいけど、体重少なくて雨中走行しない僕にとっては問題にならなさそう。もっと早く試せば良かったな、コレ。お勧めしますよ。
posted by モッパー at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ブレーキ

2018年11月16日

シマノの低グレードコンポのブレーキが効かない理由

シマノの低グレードコンポのブレーキが効かないのって、ずっと疑問に思ってました。「うちの車は軽だからブレーキ効かなくて危ないんだよ」ってあり得ないですよね。「フィーリングの良し悪し」とか「ダウンヒルで80km/h出しててもピタリと止まる」とかなら分かるんですよ。後者なんてプロのレースしか関係ないですからね。でも「効く」「効かない」は安全に関わる問題。

DEFY3 は Claris 中心だけどブレーキキャリパーだけはアルテグラ。
IMG_9053.JPG
EMONDA SL は 105(5800)中心だけど、それでもブレーキが効かなくてキャリパーをアルテグラに替えてます。
IMG_9054.JPG
特に女性だとか僕みたいに握力のない男性で低グレードコンポのブレーキだけをグレードアップしている人は多いはず。

てっきりブレーキアーチの剛性とか出来の問題だと思ってましたが、やまめの学校で「それはブレーキの問題だけではなくて STI レバーの問題だ」と聞いて眼から鱗が。古いタイプや低グレードコンポの STI はブラケットを持ったときに4本指でブレーキをかける前提なのが、最近のレバーは1本指や2本指でかけるように支点の場所やレバーの形状が変わってきたとのこと。

IMG_9052.JPGIMG_9051.JPG
左が Claris、右が105(5800)ですが、確かに赤丸の支点の場所が随分違いますよね。作用点との距離を測ってみましたが Claris が約5cm、105が約4cm とはっきり違います。

IMG_9049.JPGIMG_9050.JPG
左が Claris、右が105(5800)。写真じゃちょっと分かりにくいかも知れませんが、レバーの形状も105は中間が太く握り面がフラットになっています。Claris は先端を握らないと力が入らない、僕は下ハンじゃないと怖くて坂を下れません。105 はレバーの中央でも力が入るので手が小さい僕でもブラケットで大丈夫。下ハン持つのって初心者の方や女性は怖いって方多いようだし、なんか設計方針が逆だとしか言えないですよね。

IMG_9048.JPG
別のサイトから拝借してきた写真ですが、105 の STI レバーの変遷です。右から 5600・5700・5800。同じ 105 でも新しいレバーほど赤丸の支点の位置が作用点に近づいていっているのがよく分かりますよね。

好意的に見れば「よく効くように改善されていっている」なんですが、僕はそうは思えないな... ものすごく簡単なことですからね。「よく効くように演出されていっている」としか思えない。
posted by モッパー at 11:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - ブレーキ

2015年07月05日

物欲の季節 - ブレーキ編

梅雨でロードバイクに乗れない土日が続くと、良からんことばかり考えて困りものです、まったく(笑)。

こちらの記事に書いて以降、ブレーキは旧105の BR-5600 を使用してきました。
IMG_6161.JPG
2年半の間命を預けたパーツですから、愛おしくなります。

本来は STI レバーを ST-2403 に交換した時点で、旧スーパーSLR の BR-5600 は新スーパーSLRの ST-2403 とは互換性が無くなっていて効きが弱くなっているはずなんです。使用上問題は感じてなかったのでそのまま運用してきましたが、もしかして新スーパーSLR対応の新アルテグラ BR-6800 にしたら当社比倍の効きに??? とか考え始めると止まらない、止まらない。

晩酌が進むと当然、ポチッとやっちゃうわけです(笑)。

届いた BR-6800。各種の長さのボルトがついてくるので安心ですね。
IMG_6162.JPG

上のボルトが短いほうがフロント、下のボルトが長いほうがリア。シューの向きもそのように付けられてます。
IMG_6165.JPG

BR-6800(フロント)の重量を実測。170g。
IMG_6164.JPG

とりはずした BR-5600(フロント)は...172g
IMG_6178.JPG
なんだ、軽量化にはならないのか... でも命預けるパーツですからね、性能上がるなら文句はありませんとも!!!

まずは BR-6800 について来たシューを紙やすりで一皮剥いてやります。
IMG_6166.JPG

取り付け方法はシマノのマニュアルが絶対正しいはずですし、あちこちのサイトに記事があるので端折ります。

一点、悩んだのがフレームとの間のスペーサー。
IMG_6172.JPG
左が BR-6800 に付属してきたもので、右が DEFY3 についていたもの。BR-5600 はフレームとの相性が心配だったんで右のやつを使ってました。厚みは左のもののほうが少なく剛性も高そうなのでそちらを使うことにしました。

あと、ブレーキワイヤーはこちらの記事に書いたように結構グレードの高いもの使っているし、
バーテープを最近巻き直したばかりでもったいないので、ブレーキワイヤーは温存して BR-6800 のみ交換することにしました。こういうケチり方して後で大泣きするの大得意なので、マネしないほうが良いと思います。
IMG_6177.JPG
案の定、リアブレーキのアウターの長さが足りない(笑)...幸いストックがあったので交換。

トーインはこのように二つ折りにした名刺で出してます。
IMG_6179.JPG

見た目、如何にも剛性高くてかっちりした感じ。色もモノトーンのフレームとガンメタのホイールに良く馴染んで良い感じです。
IMG_6181.JPGIMG_6180.JPG

さて、肝心の走行インプレッション。

これ、105(BR-5600)とはっきりと違いますわ。なんでもっと早くこれにしなかったんだろうっていう位素晴らしい。
ガツンと効くのかと思っていたらそうではなくて、よりコントローラブルというのか握っただけ正確に効く感じ。なおかつ少ない握力でタイヤロックまで出来る。
私は手が小さくて握力もないので下り坂は下ハンじゃないと怖くて下りれなかったのですが、ブラケットでも大丈夫そう(ブラケットで下りたいとは思いませんが)。
posted by モッパー at 13:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - ブレーキ

2013年01月06日

ブレーキシューの研磨

こちらの記事で書いた DEFY3君の PRO4 へのタイヤ交換後にフロントブレーキ(BR-5600)の効きが悪くなったように感じて気に入らない。タイヤのグリップ力が増した分、リムとブレーキシューの摩擦のほうが負けてしまったのかも。

いつも通り、リムをホワイトガソリンで脱脂してみましたが結果は変わらず。

リアブレーキのフィーリングは良いので、フロントのブレーキシュー(BR-6700)のせいかと考えて状態をチェック。
IMG_0910.jpg
テカテカ。このせいかな ?

サンディングブロック上に 600 番のサンディングペーパー(紙やすり)を置いてゴシゴシ研磨。
IMG_0911.jpg

見た目良い感じになりました。
IMG_0913.jpg

走行結果は少しは良くなりましたが、期待したほどではないです。低気温のせい ? 下ハンで握ると強烈に効くので、もしかして握力とかポジションのせい ? 試行錯誤の日々が続きそう。

年末年始休暇の間、DEFY3 君と走りとチューニング両面で格闘出来て本当に楽しかった。
なので、春までは走りに専念する。と、宣言しておかないとチューニングフラグだけ立っちゃうので。でもすぐに立つだろうな(笑)。

2013.4.1 追記
最近春になって、ハーフグローブ(指切り)とフルフィンガーグローブの両方を使うようになってから、ブラケットでブレーキ効かないのはフルグローブのせいだとはっきり分かってきました。使っている冬用フルフィンガーグローブのグリップには特に不満はありませんでしたが、ハーフグローブの効き方とははっきりと差があります。ただし、単に私の握力が足りないのかも知れませんが...
posted by モッパー at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ブレーキ
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。