2013年08月26日

チューブバースト慣れしたタイヤと私の記憶...

こちらの記事で書いたチューブ(R-Air)のバーストですが、今日もやっちまいました。それも空気入れで 7bar まで入れた瞬間に、バーンっと。すごい音と風圧で私は一瞬目の前が真っ白になり、家人は何事かと駆けつけて来る騒ぎ。

リアタイヤ(コンチネンタル GP4000S)のビードがリムを外に乗り越えるという現象とチューブがバーストした場所は前回と全く同じです。
IMG_2440.jpg

こりゃチューブではなくホイールかタイヤが原因だろうと、タイヤをじっくり見ると...
IMG_2439.jpg
写真じゃ分かり辛いかもしれませんが、ビードのゴムが剥がれてカーカス見えてます。これが原因だろうか?

近所のお店に行って聞いたら、このようなビードの破損によるバーストは経験したことが無いがチューブバーストしたタイヤのビードが伸びてチューブバースト慣れしてしまったタイヤは見たことがあるとのこと。
一般的なアルミホイールはバースト程度では歪んだりしないし、傷も無いので原因じゃないだろうと。
タイヤも予備チューブも買ったばかりなのですんごく手痛い出費ですが、コンチネンタル GP4000S と R-Air 一本づつ合計 約 \7,400 をお店で購入。


8 bar 入れて近所走りましたが、大丈夫のよう。でもイヤーなバーストの記憶から空気入れ押す度にビクビク、段差乗り越える度にビクビク。タイヤも人も変なことに慣れたくないもんです。
明日から「オヤジの自転車一人旅」なので、直前に分かったことが不幸中の幸いか ? 屋久島でコケて打った膝の痛みもなんとか回復しそう。直前に不幸中の幸いばかりですが、40ウン歳にして生まれて初めての一人旅は無事乗り越えられるのだろうか ?
車で移動するので、高速道路で走っている途中にバーストすると事故起こしそう。たった今、自動車にDEFY3君積載した時に空気圧抜いてきました。完全にバーストがトラウマになってます(泣)。

2013.8.31 追記
この後、オヤジの自転車一人旅で 7.5bar 入れて悪条件の道を含めて長距離走りましたがバーストはなく、ビードのバースト慣れが要因であったことは確実と思います。

2015.1.27 追記
この後 GP4000S と R-Air で 6,000km くらい走って色々経験しました。。ビードのバースト慣れなんてオオウソでした。R-Air はバルブ付近が弱く、取り付け方を間違うとすぐにバルブ付近でバーストします。回避策はこちらの情報を参考にして下さい。他にもタイヤレバーとリムの間で R-Air を少し噛んだだけでも何日も経ってからいきなりバーストしたりします。非常にデリケートなチューブなので初心者向きではないです。最終的に R-Air で運用する自信はつきましたがあまりに気を使うチューブなので、結局はこちらの記事のようにシュワルベ SV-20 に行き着きました。

2013年08月17日

今日は災難続き(泣)

今日はコンチネンタル GP4000S に最大指定空気圧入れてみたらどんな感じか試してみようと思い、8.5bar 入れて出発。


今までは 7 bar 入れてましたが、あんまり違いは感じません。

ところが、荒サイに入る前に戸田橋渡ったところでチューブ(R-Air)がバーンと見事にバースト。
IMG_2153.jpg
一瞬にしてよくまあこんだけ裂けたもんです。リムからタイヤが外れてたので、チューブが原因というよりタイヤ起因かな ?  8.5bar 入れたせいかどうか分かりませんが、次から高圧入れるの怖くて出来ないな...


おまけにタイヤ交換作業中に DEFY3 を倒してしまい、交換したばかりのクラリスレバー(ST-2403)に傷が...(大泣)。
IMG_2148.jpg

帰宅してから、スプロケ周りが見た目なんか変だな...と。
IMG_2149.jpg
さて、WH-6700 履いている人しか分からないかも知れませんが、間違い探ししてみて下さい。

そう、クイックの反対側のボルトを覆っていた樹脂パーツが無くなってます。

近所のお店に行って聞いたら、普通は取れない構造になっているので樹脂パーツのみの取り寄せは出来ませんとのこと。
このまま使っても安全上の問題はないというので、まっいっかと諦めることにしました。

今日はこちらの記事に書いた GC-XA1 でタイムラプス撮影をしながら走ったので、DEFY3 がコケた決定的瞬間もバッチリ写ってましたヨ!
Img_001.jpg
だから何?って聞かれると困るんですけどね(笑)。

2013年07月28日

コンチネンタル GP 4000S とミシュラン PRO4 SC の比較レビュー

こちらこちらの記事に書いた通り、ミシュラン PRO4 サービスクルス(SC) は割れが広がり 3,300km でもうお陀仏という感じなので、コンチネンタル GP 4000S に交換しました。PRO4 SC、もうちょともって欲しかったな... グリップが良い割には耐久性が高いという、超定番タイヤの コンチ 4000S に期待!!!

折角なのでミシュラン PRO4 サービスクルス(SC) と コンチネンタル GP 4000S の比較レビュー記事を書いておきます。

amzaon で コンチネンタル GP 4000S をポチッ。


チューブはミシュラン PRO4 サービスクルス(SC)  の時と同じく パナ R-Air です。


おお、これがウワサのドヤ顔オバサンっすね。で、何を意味するんでしょ??? 意味わかりません。
IMG_2039.jpg

摩耗限界を示すホールがあります(赤丸)。また、ミシュラン PRO4 サービスクルス(SC) に比べるとバリや歪みが少なく製造品質が高い印象を受けました。
IMG_2040.jpg
PRO4 SC が「砂消しゴム」と「ゴム消し」の間くらいとすると、コンチ 4000S は「天然ゴム消し」なゴムゴムした感じです。

IMG_2042.jpg
回転方向を示す表示は一箇所しかなく、方向指定があることを知らないと見落とす可能性があります。

で、走行結果です。

PRO4 SC に比べると硬い乗り心地です。PRO4 SC のしっかり路面に食い込んでいる感じに比べると有れた路面では弾むような感触があります。でもグリップが低いようには感じません。
リアは PRO4 SC に比べると早いタイミングでロックしてしまうようなのでブレーキ性能はちょっと不安。
走行抵抗は PRO4 SC と同等に低いと思います。
PRO4 SC のような「コーッ」という独特の走行音はなく無音に近いです。
PRO4 SC の独特の食い込み感と「コーッ」という音が好きだったんでちょっと寂しい。

性能としては満足出来そうなんで、これで PRO4 SC より耐久性高ければ、GP 4000S だな。

約100km 走ってもまだ中央のバリ残ってます。PRO4 SC はすぐにバリ消えたので耐摩耗性は高そう。
IMG_2065.jpg
PRO4 SC はいつも走行後タイヤに結構色々なものひっつけて帰ってきましたが、GP 4000Sはそんなことは無いようです。

2013.8.26 追記
この後、 GP 4000S のチューブバーストに悩み続けました。顛末はこちらの記事を参照して下さい。

2014.6.7 追記
GP 4000S と R-Air にシーラント入れてみたところ、バッチリです。その後一度もパンクしてません。こちらの記事を参照して下さい。

2015.1.27 追記
GP 4000S はこの後 約1年半 6,000km 乗ってお陀仏になりましたが、素晴らしいタイヤでした。PRO4 SC に比べると固くて乗り心地は悪くグリップは弱いです。ただし、パンク耐性や耐久性と言った「安心面」については PRO4 より断然上だと思います。定番クリンチャータイヤと呼ばれる理由がよく分かりました。こちらの記事のように GP 4000S の次は SOYO EX-WING (チューブレス) に行くことにしましたが、クリンチャーに舞い戻るなら絶対 GP 4000S でしょうね。

2013年07月06日

これは珍!!! タイヤに釘が...

こちらの記事で書いたロードバイクに乗って1年経ってからの初パンク経験以降はライドから帰ってから必ずタイヤのチェックをしています。今日もタイヤをぐるっと一周目視と触感チェックしてみたら..
IMG_1973.jpg
なんだこりゃ。どうやったら釘がこんな風に刺さるんだろ。パンク運が良いんだか悪いんだか分からなくなってなってきた。

釘を抜いてみたら...
IMG_1974.jpg
チューブは大丈夫で空気漏れはありませんが、傷が深くてカーカス見えてます。こちらの記事で書いたタイヤ修理も失敗したし、こんな傷が無数にあるので約3000km走ったミシュラン PRO4 サービスクルスはそろそろ寿命かな...という感じです。次にパンクしたら交換しようと思います。

2013年07月01日

初めての「本物」パンク

こちらの記事で、ロードバイク(DEFY3 2010)に乗って1年の初心者の私が初めてパンクを経験したことを書きましたが、不可避な本物のパンクでは無く整備不良が原因でした。でも先の日曜日についに初めて「本物」パンクを経験しました。

ライドの後、うちに帰って後輪のタイヤ(ミシュラン PRO4 サービスクルス)がなんかちょっと変だと思ってタイヤをニギニギしてみると明らかに空気圧が低い。加圧しても10分くらい経つと抜けるので、こりゃパンクだと思ってタイヤをチェックしてみると...
P6291331.JPG
なんか刺さってます。

タイヤの裏側を見ると...間違いないですね。貫通してます。
P6291332.JPG

幸いチューブ(パナ R-Air) の傷はひどくないのでパッチで直しました。

もしかして...と思ってタイヤ全周をチェックしてみると....
P6291329.JPG
タイヤの傷の中に異物が入っている箇所を数箇所発見!!! まだタイヤを貫通してませんが、放置すると貫通してパンク要因になるんでしょう。
ライドから帰ってからマメにタイヤをチェックするだけでもパンクは防げると言う話しをよく見かけますが、やっと意味が分かった。
これからは、ライド後に必ず目視と触った感じでタイヤに刺さっている異物をチェックすることにしますです。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。