2019年01月24日

タイヤ交換 : 次は GP4000SII か GP5000 か ? 大いに悩む

昨日はタイヤ交換を。
約 1年で 4000km 走った EMONDA の GP4000SII を DEFY3 に移して前後輪ローテーション。
9C982E5E-B7D7-4981-8657-A75C4814D207.jpegF3A043C5-11F5-4911-8C55-7F9674DBE803.jpeg
新品GP4000SIIを EMONDA SL に装着して、約2年で 7000km 走った DEFY3 の GP4000S2 は廃棄。

両方とも一度もパンクしてないなんてなんと優秀 !!! 7000km 走っても摩耗インジケーターは無くならず、サイドのヒビが発生してグリップが怪しくなってきたけど、それを気にしなければまだまだ走れる感じ。

色々なタイヤを試してきたけど、GP4000SII に落ち着いてからは他を試す気が無くなってます。色々な面でのバランスが非常にとれているんですよね。特に耐パンク性と耐摩耗性は僕の乗り方だと重要。

次の交換は1年ほど先になるので、かなり品薄になってきた GP4000S2(2本で\7500くらい)を今の時点で確保しておくか、価格がこなれてきた GP5000(2本で \12000 くらい)の値下がりを待つか多いに悩む。
色々な記事を読むと GP5000 は明らかに良くなっているっぽいけど、実際に履いている知り合いはまだいなくてインプレ聞けてないんですよ。まぁ、次は GP5000 かな...

2018年12月07日

GP5000 出ましたねぇ

タイヤはチューブレスを含めて色々と遍歴したのですが、今はGP4000SII で落ち着いてます。
EMONDA SL も DEFY3 も GP4000SII。十分な性能で 7000km ももって一度もパンクしないなんて、このタイヤくらいしかないですよ。

ところで GP5000 出ましたね。GP4000 比で転がり抵抗 -12%、耐パンク+20%ってほんまかいな。満を持して出してきたチューブレス(GP5000TL)は 23C は無くって 25C から。そういう時代になったんですね。僕は体重が軽いせいか 25C の良さなんて全く感じなかったし、チューブレスも品質の不安定感や運用面での面倒が多くてあと何年かはないな。
でも GP5000 は通販でもお値段がじぇんじぇん落ちてきましぇん。
GP4000SII は正規輸入品は在庫がなくなりつつあるようで店頭では GP5000 の定価販売だけになってきちゃってる。
ところが海外通販では GP4000SII の投げ売り開始。
4321B726-B310-4E11-9E8D-DBE33586F63E.jpeg
ドケチの僕は飛びついちゃいました。この値段じゃ買っとくしかない !!! 2セットゲットですわ。

2016年10月19日

NOVATEC SPRINT のリムテープを交換

こちらの記事に書いたように NOVATEC SPRINT に履いていた Vittoria DIAMANTE Pro Radiale 3 が派手にサイドカットして使い続けるのは危険な感じになったので、タイヤを交換することにしました。

Vittoria DIAMANTE Pro Radiale 3 は悪くなかったです。よく転がってくれて乗り心地も良い。ただ減りは早いです。なぜか突然安くなるタイミングがあるようで\3000台なら買いだと思います。
でも、今回交換対象として選んだのは Continental(コンチネンタル) GRAND PRIX 4000S2。
大定番はやっぱりコレ。走行抵抗少ない・長寿命・パンク少ない・グリップ良しと、アマチュア用途なら総合性能でこれに勝るクリンチャーは無いと私は思います。

ついでにリムテープもそろそろ交換したほうが良かろうとネットで調べましたが NOVATEC SPRINT に適合するリムテープの幅なんて情報はほとんどない。とりあえずパナレーサー Poly-Lite 15mmを購入。「とりあえず買えばなんとかなる」っていう、私のいつもの悪い癖です(笑)。
で、タイヤ外してから Poly-Lite 18mm が付いていることを発見するわけです(笑)。
IMG_9942.JPG
まあ、ネットで調べる時間あったなら買う前に外して調べとけってことですね。

でも 15mm でもなんとかなるんじゃないかと思い始めるのも、いつもの悪い癖です(笑)。

古いテープは定石通りマイナスドライバでこじって剥がします。
IMG_9943.JPG

はめるのも定石通りのやり方で。
IMG_9944.JPG

15mm でもいける感じ。やったー!
IMG_9946.JPG

8bar 入れて一晩寝かせて確認したら…
IMG_9948.JPG
写真じゃ分かりにくいですが、赤丸のところはホールの端っこが露出してます。このままの状態ですぐにパンクする感じはないですが、そのうちトラブルの種になる可能性が大。
以前の私なら間違いなく、寝かして確認するなんて知恵はなくて後からパンクの嵐に見舞われたはず。随分成長したもんです(笑)。
イヤイヤ遠回りしまくってるところがそもそもダメでしょ、と自己レス。ハイハイわかってますとも、でもそんな性格だけは変えられない(笑)。

大人しく Poly-lite 18mm 買い直して組み直しましたよ。確証ありませんが、20mm の方が合うかもです。

2016年09月14日

WH-6800 の チューブレスタイヤ用バルブの O リングを交換

練習用ホイールのWH-6800はチューブレスタイヤ(IRC ROADLITE TUBELESS)を履いています。
この組み合わせ、練習用と言っても十分軽いし、乗り心地が良くてパンクし難く減りが遅くて言うことなしです。

WH-6800のチューブレスタイヤ用のバルブですが、以下の写真の赤枠のところにゴムの O リングが入ってます。
IMG_9735.JPG

ところが、こいつの劣化が早くて一年も経つとこんなふうに亀裂が入ったり切れたりします。
IMG_9738.JPG
この O リング、単品では売ってないのでバルブユニット全体を買うしかなく \1,000 くらいする。

で、探して見たら 内径4.8o×太さ1.9o の汎用 O リングがぴったり合うと分かりました。
IMG_9736.JPG
\100-\200 くらいのものですから、O リングだけ交換したほうが良いですね。

と、書きながら重要なことに気づきました。
そう言えば O リング交換している間、タイヤの空気漏れなかったよな。もしかしてこれ無くても良いものじゃ...(笑)

2016年07月25日

腕力のない人に朗報、画期的なタイヤレバーが登場 !

僕は握力まるで無いんですわ〜。にも関わらずチューブレスタイヤなんぞ履いていて、今まで何度ビード上げに苦労したことか。

そんな腕力のない方々に朗報です。シュワルベから画期的なタイヤレバーが発売されました。

お店でもネットでもまだあまり見かけません。詳細はこちらのサイトが詳しいようです。
IMG_9312.JPG
見かけじゃよく分かりませんが、特許申請中のクリップ機構がポイント、チューブレスタイヤにも対応してます。

IMG_9311.JPG
@とBのレバーはタイヤとリムの間に差し込んでクリップします。Aのレバーでビードを持ち上げる。上の写真だとBに近い所から持ち上げてますんで、次はBをリムに挟んだまま@に向けてずらして行く。これを@とBの相互で繰り返します。

要は手間を増やして一回分の力を減らしましょうという作戦なので、腕力やセンスがあって既存のタイヤレバー2本で十分という方にとっては面倒なだけかも知れません。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。