2014年11月01日

雨なのでメンテデー

雨が降ったり止んだりはっきりしない天気なので、DEFY3君のメンテナンスを。

チェーンを洗って...
IMG_4820.JPG
まだ汚いって ? そりゃ写真が暗いだけですよ(笑)。

チェーンはそろそろ寿命なので、シマノ CG-HG91 を手配しようとして気付きました。もう廃版になっちゃったんですね。ガーン。
同等クラスをと思って調べたら KMC Z8 が同じクラス、X9 だともう一つ上のクラスになりそう。同等品についてはこの記事の最後を読んで下さい。KMC のチェーンってミッシングリンク付きなんですね。しかもシマノのチェーンは KMC の OEM ってことなんで安心出来そう。というか、最初から KMC にしとけば良かった。
KMC は Amazon より Wiggle のほうが安いけど Z8 も X8 も在庫なし。寿命来る前に入荷してくれることを祈るしかない。

リアシフトのケーブルが切れかかっているのでデュラグレードを奮発して交換。
IMG_4819.JPG

本日のメインイベントは 11-30T  のスプロケの投入。12-26T でも激坂では あれ ? もう一枚あったはずなんだけど...となるので、じゃあ単純にもう一枚増やしてやれという超乙女ギア大作戦。
IMG_4824.JPG
ロードバイクの形したクロスバイクだと酷評される DEFY3 ですが、これでギア比はほぼ完全にクロスバイクです(笑)。

2014.11.05 追記
CG-HG91 の同等品ですが、KMC だと X8.99 っていうやつがフルメッキの同等品だと思います。Z8 や X8.93 はフルメッキではないようです。X8 は CG-HG91 と違ってプレート外側に DOUBLE X BRIDGE SHAPE なる細工がしてあってシフト性能が良くなるよう。
超乙女ギア大作戦の結果はこちらの記事に書かれています。

2015.01.04 追記
KMC X8.99 に交換しました。こちらの記事を参照下さい。

2013年12月22日

リアディレイラーの調整とケーブル交換

昨日の夜中、リアディレイラーの調整を完璧にやってみるかと思ってアレコレやっていたら、いつも通り迷宮入りとなり就寝。今朝起きて各部を見てみたら...
IMG_3065.jpg
青丸で見て取れるよう、ワイヤー切れかけてる。多分黄色丸のあたりで破断したらしい。前回交換から6ケ月くらいしか経って無いんですけど...

早速近所のお店に行ってシフトインナーケーブルを物色。
IMG_3068.jpg
アルテグレードなら問題ないでしょうということで購入。

交換にあたって色々とチェックしていると、上の写真の黄色丸の部分のアウターケーブル末端の状態があまりにひどいことを発見。
PC222758.JPG
写真じゃ分かりづらいですが、ライナーが削れて金属部分が露出してサビている。こりゃ破断するわけだ。前回交換時にインナーはクラリスST-2403についてきたやつに交換したけど、アウターはケチって DEFY3 を中古で買った時点の怪しいやつのまま温存してしまったからこうなったのね...

サクサクと、インナーは購入したアルテグラ、アウターはクラリス品に交換して組み上げてディレイラーを調整。良い感じ。

全てが終わった後で、アルテシフトインナーケーブルの付属品を発見して愕然。
PC222756.JPG
おお、アルテグラグレードともなると一番上の写真の黄色丸の部分にワイヤガイドがあって破断を防ぐ考慮がされてるのね... こんな細かなパーツにもグレードがあるとは。やり直すか...そんなこんなで夜は更けて明日の旅立ちが遅くなるの繰り返し、ふぅ。

2013年11月30日

DEFY3 大規模メンテ

なかなか風邪が治らず、先週日曜日と今日は家族サービスと DEFY3(2010年)のメンテです。大規模ってほどのものではないけど。

チェーンのひっかかりとハズレ頻度が増えてきたので伸び具合をチェッカーでチェック。
IMG_3012.jpg
しっかしチェーン汚なくって恥ずかしいっす。
チェッカー君はまだ交換必要ないと言っているが、前回交換してから 5000km 持ってくれたので十分だろうということで交換。もちろん、前回と同じ CN-HG91 。


KMC ミッシングリンクの脱着はやっぱり純正のリムーバーがグッド。
IMG_3014.jpg

IMG_3013.jpg
新品チェーンはホワイトガソリンに一晩漬け込んでグリス除去しておいた。114 リンク の CN-HG91 はアンプルピン4本抜いてミッシングリンクつけた長さがジャストの様子。

新品チェーンをこんな汚いスプロケにつけるなんて...と思い始めると当然スプロケも掃除したくなる。ブレーキクリーナでジャカジャカ洗って装着。
IMG_3026.jpg
まだ汚いって ? 写真が暗いだけで、実物はピカピカです。うーん、気持ち良い。

で、メンテする気持ちが暴走を始める。こちらの記事で書いたヘッドのベアリング交換もやることに。
IMG_3015.jpg

DEFY3 2010年のヘッドベアリングは下側が TH-970 で上側が TH-870。


IMG_3016.jpg
上の二つが交換前、下二つが新品だけど、前回清掃してから半年しか経ってないのにグリスの汚れがひどい。
ベアリングの動きがかなり渋くなっていて、もしかしてベアリングが回らずヘッドパーツの側削ってたのか ?

交換してから試走して、なんかおかしいことに気付く。ハンドルのセンターがとれてないような感じでふらつくし、ブレーキかけるとヘッドがガクガク。
TH-870 の内側にリングが一つ挿入されていたことを見落としていた...
IMG_3029.jpgIMG_3030.jpg
試走でヘッドチューブの上側の塗装がハゲちゃた(大泣)。
IMG_3031.jpg

ハンドルも、こちらの記事で書いた 日東 Mod.55 420mm を 400mm のやつに交換。
IMG_3027.jpg

結果、ハンドリングフィーリングはかなり向上 !!!
まだ体調悪いので、明日もメンテ日か ? つーか、メンテの疲れが風邪を長引かせているような気がしてきた(笑)。

2013年02月23日

DEFY3 のリアディレイラーハンガーの交換

DEFY3君のリアディレイラのプレートとチェーンがローギアで接触してチャラチャラ鳴るんで気になってました。
IMG_1115.jpg

プレートの歪が原因かと思ってましたが、ゴードンさんのサイトで教えて頂いて、リアディレイラーハンガーなるものの歪かもと言うことになり交換してみました。

リアディレイラーハンガーはフレームのリアディレイラーマウント部に位置し、転倒時等にフレームのに影響を与えることなくハンガーのみの損傷で衝撃を吸収する目的であるパーツのよう。つまり、フレームより弱い剛性で設計されていて、歪みやすいわけですね。しかし、こんな重要なモノが走行中にポッキリ折れたらリアディレイラどうなっちゃうんだろと考えると怖くなります。

通販でDEFY3 のディレイラーハンガー探しまわってみましたがこちらでしか見つけられませんでした。しかも、以下の実物の写真と見比べるとなんかちょっと違う感じです。
近所のお店の在庫もないので、GIANT STORE 国立で 純正品の RE4UD を購入。
IMG_1118.jpg

IMG_1119.jpg
チェーンを外してからリアディレイラを外します。このような場合もミッシングリンクはすごく便利。


新旧ハンガーをじっくり比べて見ましたが目視では特に違いは無いような...クラック等もありません。
IMG_1126.jpg

交換後はチャラチャラ音はかなり低減しました !!!  交換前のハンガーも緊急時の予備品としては使えそうなので、ストックしておきます。
IMG_1129.jpg

2013年01月26日

DEFY3 のスプロケット交換

こちらの記事に書いたように DEFY3君(2010年・フロント3速・リア8速)のギア比のクロス化を検討した結果、スプロケット(SRAM PG850 12-26T)をシマノ CS-HG50-8 12-21T に交換しました。

スプロケの取り外しと取り付けはホイールハブ清掃で経験しているのでテキパキと出来ました。15分くらいかな。こんなに簡単なら、ロードで出かける直前にその日のコースに合わせたスプロケットに交換、てな作業もアリなんだと納得。
数ヶ月前には Youtube に上がっているタイヤ交換至難指南で「えっと、リアホイールは一番ハイギアに落としてからパシャンとすりゃ外れます」的なの見て「絶対ウソ、こんなにスムーズにはできん」と思っていた自分が懐かしい。慣れれば本当にパシャンと外れるんですね。スプロケット交換も同じ。一回やってみりゃ大したことない作業、というか各パーツが実に楽に速く交換出来るようロードバイクは設計されていると分かってきました。

左がSRAM PG850 12-26T, 右が  CS-HG50-8 12-21T 。12-21T スゲー小さい。初心者がこんなの踏めるのか ? 13-23T
にしておいたほうが無難だったんじゃないのか... と大きさだけ見て突然うろたえ始める私。
IMG_1028.jpg
新品スプロケットは油脂が塗布されてないようで、指で触っただけでも放って置くと錆びていきそう。マニュアル見てもネットで探しても正当な防錆手段が分からなかったので、全体に薄くチェーンルブを塗布しておいた。

スプロケットとハブの間に入っていた透明プラッチックのプレートも外したので、スプロケット周りはすっきりストイックな顔つきになってくれました。
IMG_1029.jpg

で、肝心の実走行結果。リアディレイラーの再調整は全く必要なく快適。
チェーンは既にシマノのハイグレード品に交換してあるので、ギアチェンジフィーリング良くなるかと期待したけど、SRAM と大差なし。アタリが出てから変わるのかな ?
平坦路ではバッチリです。フロントセンターで STAM に無かったリア 14 と 16 の存在がこれほど大きいとは。30km/h 前後でギア選択を右往左往することが無くなりました。センターでリア21の走り出しは私にとってはキツイけど、ダンシングスキル鍛えるためには良いのかも。問題はクライムでしょうね。13-23T のほうが良かったかどうかは今後の評価になるでしょう。



2013.7.13
この後ヒルクライムも経験しましたが、初心者の私にとって21T なんてとんでもない。ヒルクライムは13-26Tでもつらい。 S-HG50-8 12-21T は完全に河川敷専用モードです。その日の気分で河に行くか山に行くか決めることが多いので、結局13-26T履きっぱなしです(泣)。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。