2022年12月26日

サンタさんキター!レーコンのスプロケット : ヒルクライム限定の特殊戦闘機

サンタさんキター!レーコンのスプロケット。ではでは、そいつの説明を。

シマノの11速11-30Tの普通のスプロケットは以下のようなギア構成になってます。
11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30

レーコンのスプロケットは
11-12-14-16-18-20-22-24-26-28-30

シマノのスプロケットは数字だけを見ると低いギアほど差が大きくなるように見えても、約10%ずつの変化をキープしているので理に適ってます。
レーコンはあえて低いギアの差を少なくして高いギアの差を増やしてます(ロークロス)。ヒルクライムでは有利になりますが、平坦高速巡航でのギアのつながりは犠牲になります。さらにアルミの削り出しで極限まで軽さを追求し、重量はシマノの約半分。
DBDDA4F4-0B15-4B76-9A4A-311BEC9C2199.jpeg17D197D3-04F5-4324-8DB8-DC49DDED4297.jpeg
メーカーは耐久性に太鼓判を押していますが、シマノより弱いことは確実でしょう。締め付けトルクはシマノの約半分の20Nm。確かに凄く華奢な感じなので トルクレンチがないと怖い。
C5D98A51-A22C-4EED-944B-3B5AF6623ED9.jpeg

僕が使っているトルクレンチについての記事はこちらを。

あと、ネットで検索しても情報が出てこない、こんな0.6mm(デジタルノギスの実測で0.5mm)のスペーサーが同梱されてました。
2CE1A9EA-E2C4-4CE5-8AC0-B2D3D296A2AB.jpeg
スペーサーなしで取り付けてみたらディレイラー調整が決まらず、ハブ側に入れてみたら決まるようになった。

調整が決まらないとか、変速性能最悪とか書かれているサイトもありますが、確かにシマノより調整はかなりシビアですが、うまく決まればそこまで酷くはありません。うまく行かない人はスペーサーを入れ忘れてるとかじゃないかな?

この記事読んでるとなんだか面倒そうに感じますよね。その通りです。私は毎週のロングライド&ヒルクライムで使う気には到底なりません。ヒルクライムレース特化の特殊戦闘機仕様です。

金色がデフォルト色ですが長期に渡って納期未定で、乗鞍色のレインボーは在庫があったのでそれにしました。毎年期間限定でこのような特殊色が販売されます。

少し実走してみた結果はディレイラー調整時と同じで、変速はシマノの「ヌルっ」とした感触ではなく「ガチャガチャ」。でもヒルクライムTTのタイムを阻害する感じはありません。あとは軽量化とロークロスがどれだけヒルクライムレースのタイムに貢献するかだけど、その結果は本気のヒルクライムを何度かこなしてからレポートします。

2022年10月04日

5800系105の変速レバーが破損!5800系は既にスモールパーツが無くなってるので注意ですよ。

EMONDA SL君の 5800 系の 105 の右の変速レバ(写真赤丸)ーがプラプラに。スプリングが折れてるらしくパーツをさがしてみたけど、5800 のスモールパーツは市場から無くなりつつあるんですね。
15612F5E-75D0-4ACC-842F-F4E82D6F18F4.png
スプリング単体の販売はなく、こんな形態でのアッセンブリー交換になるんだけど、通販では探しきれずパワーコープさんに手配と作業をお願いしました。

交換にはこんな専用工具が必要とのこと。
FAF793F7-4AB2-424B-8528-5B190CE7A023.jpeg
こんな低頻度のトラブルで専用工具買うなんて馬鹿らしいし。

でもたった5年、3万キロで壊れるなんて…そんなもん ? STI ってコンポの中で一番複雑そうで稼働頻度も多いからしょうがないのかな ?

上記の写真は手配と作業をお願いしたパワーコープさんのブログから拝借。

Di2・ディスクブレーキなんて僕には必要のない仕様てんこ盛りの R7100 が出て、R7000の行方も危なくなってきたので、5800系と互換性がある ST-R7000を即刻確保。

なんだかな〜、ロードバイクに乗り始めて10年で既に懐古趣味オヤジかよ。最近の電子化されて PC やスマホみたいになってきた車と同じじゃんと思っちゃう。そんな車が嫌でチャリに向かったんだけど(涙)

2022年06月12日

またも EMONDA の BB90が鳴き出したので、買ってあった工具で締め上げてみた

またもEMONDAのBB90が鳴き出したので、買ってあった工具で締め上げ。
C8C2EF66-2402-4BA7-8F32-71535D2792C3.jpeg
ちなみにこの工具、使い方が書かれてなくてQRコード先の動画も超いい加減。パーツの組み合わせを自分で考えてよろしくやってよね的な玄人さん向けのやつです。本来叩いて入れるものをネジで締め上げる工具なので、指定トルクなんてないしドキドキもの。

で、結果は...。悪くない。特定の条件では鳴るけど、工具の使い方のコツも分かって自分でなんとか出来る気がしてきた。でも特定の条件で鳴るなんて、どんなに優秀なショップでも解決出来ないと思うんだよな。幸い僕は自分でなんでもメンテするけど、こんなことを要求する BB は明らかに設計ミスだと思いますよ。

2022年05月30日

チェーンキャッチャーが折れたので交換。でもTREKさん、このお値段は足元見てないかい?

EMONDA SLの BB90 がまた鳴き出したのでメンテしようとして、チェーンキャッチャーが折れているのを発見。
7E74ACB2-04CF-44C7-BBA2-5D370F74C39F.jpeg9340BE16-24AD-4FD2-B071-0D77CAB0FE92.jpeg
上の写真は交換後のものだけど、交換前はボルトが抜けかかってプランプランになっていたので、まさかここから水が侵入?ちょっと考えにくいけど。

チェーンキャッチャーが通販では見つからないので、何百円程度のものだろうと思ってお店にお取り寄せをお願いしたら、なんと \3969!TREK さん、ちょっと足元見てない?

ところで BB のベアリングは特に問題なさそう。グリスをたっぷり盛って様子みるかな。本当はあまりグリスを盛らないほうが良い部分らしいけど、背に腹は変えられないもの。

2022年05月23日

BB90ってやつは本当に…ダメだ!!!でも可愛くもなってきた(笑)

昨日のハルヒルでEMONDA SLを濡らしてしまって、BB90が心配でたまらないので格闘中。ホローテックIIは普通叩かなくても抜けるんだけど、ゴムハンマーで左側を叩いても叩いても出てこない。
D7A89155-468A-4E13-8EEB-1DD29AD49AAA.jpeg
ラスペネをBB両側にたっぷり投入して、フレームが割れる恐怖と戦いながら、力の限り叩いてやっと出てきた。

案の定、錆びてる汁。
0D08604B-E2E2-414D-A6C0-67760E7B578F.jpeg

クランク軸にまで錆が進行してる。
78A87CB6-5588-410F-AF98-49F1F07B0F99.jpeg

BBを新品にしてから2週間、ハルヒルだって小雨でウェット路面だっただけでジョボジョボになんかしてない。それでこれ?どうせヘッドもイカれてるんだろうからやらなきゃ。つくづく嫌になるけど、そういう子も可愛いのは事実(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。