2018年10月02日

サイクル野郎 !!!

僕の中ではロードレース漫画の元祖にして最高の一作は「シャカリキ!」だったんです。
売れるにしたがってどんどん進行が遅くなって、巻数稼ぐモードになっているとしか思えない某なんとかペダルと比べても絶対「シャカリキ!」のほうが出来がいいと思う。

ところが、逃亡した留置犯事件で一躍有名になりつつある「サイクル野郎」を読み始めてぞっこん。
4F882675-A437-41C0-8C2D-5A0379358D9A.png
ebookjapan でオンラインで入手出来ます。

年代的に私はリアル世代よりちょっと若かったので知らなかったけど、昭和なオヤジには懐かしい雰囲気。
なにより、日本一周っていう甘い青春時代の夢がよみがえる。
意外と自転車旅行って何十年も変わらないところもあるんだって感じたり。

これ、お勧めしますよ。
posted by モッパー at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - 書籍

2018年09月30日

書評(レビュー) : 「ロードバイク・トレーニング」と「サイクリスト・トレーニング・バイブル」

今日は台風でインドア。書籍を仕入れて読んでましたので、それらの書評(レビュー)です。

双方とも、ロードバイクの科学や、
パワー・トレーニング・バイブル
くらいの予備知識は必須な中上級者向けです。僕みたいにヘタレホビーライダーだけど、パワーメーターは一応持っていて競技にも参加している方未満にとっては難しい内容と思います。

ロードバイク・トレーニングはKindleで。
9DDD33AA-39CE-4BF1-A244-398C1652EB8A.png
現在の世界的トップ選手が何をしているか書かれている技術的なドキュメンタリーって感じで、そのようなことに興味のある方にとっては、読み物として面白い良書。一気に読めそうなスピード感が良い。ただし、トレーニング指南本ではないので、ホビーライダーのトレーニングに活かせる内容は多くはありません。

サイクリスト・トレーニング・バイブルは紙媒体で。
BC62134A-520A-497C-AFA7-8E8BB315B0AB.jpeg
460ページもある本気のトレーニング本。結構厚みあるけど、なんとか満員電車でも読めそう。対象は僕みたいなヘタレホビーライダーではなく、実業団で表彰台に上がるようなレベルの人のためのもの。ただし、「パワー・トレーニング・バイブル」みたいにパワーに偏った内容ではなく、栄養やサプリメントとかシニア世代の対策にまで広がる凄く幅広い内容なので、僕みたいなヘタレアマチュアでも「つまみ食い」的な活用は出来そう。

このような書籍や情報を活かして、「自走白石繰り返したらなんとかなるでしょ」的な僕の意識と行動を改革しないと僕の成長は無いことは重々分かってるんだけど、それはライフ・ロードバイク・バランス的にかなり難しいのが現状っす(泣)。
posted by モッパー at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - 書籍

2018年05月30日

パワートレーニングの旅は続く

なーんて格好いいタイトルつけるほどパワートレーニングを出来てるわけじゃないんですよ。そもそもトレーニング自体が大嫌いだし。
パワー関連の指標はヒルクライム時のペーシングと事後解析に使うくらい。パワーメーターを使った積極的で計画的なトレーニングができてるわけじゃないです。それでも、心拍だけじゃ分からないことが色々分かるし、かなり役には立ってます。

ちなみに、僕の使ってるパワーメーターは Powercal。
Amazon のコメントでは酷評されてるけど、僕は大丈夫ですね。確かに瞬時値は凄く暴れるので5秒や10秒の平均取らないと使い物にはなりません。また、体重が軽くて心拍が高い人は実態より大きい値になるらしく、両方とも大ヒットの僕は実態の倍近い値になる。でもそれ以外は全く問題ない、個体差か個人差が激しいのかもですね。

先の土日は目一杯走りました感があったので Strava のフィットネス値をチェック。Web 版だとこんな感じで表示される。
74F48D21-6EB1-43E8-A388-8AE99186E9DE.jpeg
今シーズンは順調に向上していてよろしい。プロは100以上になるそうだけど、64はホビーライダーとしては頑張ってるほうみたい。そう気づくといきなりモチベアップする単純な性格の自分が可愛い(笑)。

Strava スマホアプリのほうは相対的エフォートなる値が最近表示されるようになった。
0615EE2E-B22F-4FF2-A782-C6595ECC4753.jpeg
Web版より直感的に分かりやすいグラフで良いんですが、Garmin の TSS とも少し違う値だし、次から次へと新しい指標作られても訳わからんです。

ちなみにパワートレーニングの各種指標と解析手法と言えば、「パワー・トレーニング・バイブル」があまりに有名、これは必読でしょう。ただし、それらに多くの紙面が割かれているために、今ひとつ「なぜその数字を使うのか?」という理屈やホビーライダーにとって有用なトレーニングの具体形が見えない...
BC03BCA3-93F6-43A2-AB35-E229DD55A9F7.jpeg

もっと良い本ないかな?と探していて見つけました、「自転車競技のためのフィロソフィー」。ロードレースのテクニックの指南書だと思ってスルーしてたけど、実はパワートレーニング指南書。タイトル付けを誤ってる感じがする。
88C6A6EC-AF91-49A0-B5CD-0ABA68FC6DC2.jpeg
生理学的知識に裏打ちされた説明から始まってるので各種指標に納得が行くし、トレーニング内容も具体的。トレーニング大嫌いな僕でも、いつものライドで意識的に試してみようって気になる。
増版されていないのか現時点では古書でしか手に入らないことが難点だけど、「パワー・トレーニング・バイブル」読んで何かに行き詰った方の次のステップとしてはお勧めします !!!
posted by モッパー at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - 書籍

2018年04月02日

ロードバイク初心者に最適の書籍 : ロードバイクを自在に操るための知識・技術・トレーニング

大学の同期が編集に関わっていて応援したいからというのもありますが、内容がロードバイク初心者の方にとって大変よくまとまっている書籍なので紹介します。泣く子も黙る日本代表ロードレース強化ヘッドコーチである浅田顕監督が監修された「ロードバイクを自在に操るための知識・技術・トレーニング」。
D338EBE7-5FE1-4B4B-84A6-CBDBE367327D.jpeg
マシンのメンテナンスについてだけは含まれてませんが、それ以外の点についてはほぼ全ての領域について網羅されており、内容に偏りがないことが大きな特徴です。
特定の内容にだけフォーカスしてあったり、あまり一般的ではない見解が書かれていたりする本が多い中、各項目の深みが均一で内容も正統派ばかりの良書だと思います。

浅田顕監督監修のこの手の本って初なんですね。意外です。

尚、この手の本を何冊も購入済みだとか、ロードバイク雑誌を購読していたりする方にとっては無用な内容が多く、あくまで初心者向きです。
posted by モッパー at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - 書籍

2016年01月21日

マッキータウンぶっく2 〜東京近郊自転車コースガイド〜 ヒルクライム&激坂編について

Kindle で良い本見つけちゃいました。
マッキータウンぶっく2 〜東京近郊自転車コースガイド〜 ヒルクライム&激坂編
IMG_7520.PNG
要はご自身のブログの内容をそのまんま Kindle で個人出版したって感じなんですが、僕の視線というか傾向と一致していてツボです。
著者のとりさんは他にも多くの書籍を Kindle で出版されていますが、お値段手頃で文章も上手。こんな風にブログ書けるようになりたいな。才能の差を感じます(泣)
とりさんの他の書籍も含めて多摩地区中心で埼玉の情報が少ないので、荒川〜奥武蔵中心の僕からすると残念な部分はあるんですが、お勧めしますよ !!!
posted by モッパー at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - 書籍
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。