2012年08月28日

夜間走行トレーニング

会社から帰った後、少しでもトレーニングしようと夜間走行を少しつづ初めています。こちらの記事で書いた SG-320 は街乗りでタラタラ走るには十分ですが、街灯のない河川敷や堤防をトレーニング目的で 30km/h 以上で走るには全く役不足で危険だと分かりました。原チャリと同じような速度なので原チャリと同じレベルの光量のあるライトが必要なのは当然。登山用の LED ヘッドライトやスポットライトはいくつか持っていたので、同じ視線で見てしまったことが敗因。ロードバイクは要求内容とレベルが全く違います。そのことにもっと早く気付きべきだった。

CATEYE HL-540 か DOSUN A2 あたりに逝かないといけないようです。最初からブルペな方々の情報を参考にしておけば、こんな買い直しは無かったと思います。反省。

posted by モッパー at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ライト

2012年06月11日

ロードバイクのライト

ロードバイクはライト無しで販売されていることが多いので、自分でライトつけないと、夜間は法令違反になります。

net で評判良いもの探してGENTOSの「閃」シリーズに行き当たり、SG-320 にするか SG-325 にするか悩みました。照射範囲は SG-325 のほうが広くて評価高いようですが、大量に保有する単三 eneloop を有効活用したかったので SG-320 にしました。

41mnoHPXLKL._SS400_.jpg
SG-320 はレンズのフォーカス調整出来ますが、実際使ってみると確かに最も広角側でもちょっと狭い感じです。明るさは市街地で夜間のちょい乗りなら十分。家族のママチャリのライトとは全く比較になりません。子供達のほうがライトの使用頻度高いので全部交換してしまおうかな...と思うくらい。eneloop 対応のくせに eneloop だとアルカリよりちょっと暗くなります。その分電池が長持ちすることを期待 !

ハンドル等へのマウントアダプタも必要となります。これも定番らしき Bikeguy バイクライトホルダーを選択。ハンドルもライトもベルクロで締め付けるだけの超単純な構造ですが、しっかりと取り付け出来て驚きです。SG-320 もそうですが、ママチャリにも十分利用出来る機能とお値段のものがロードバイク関連でこんなに色々あることを初めて知りました。
STPblog2010-07-12_IT3.jpg

2012.11.3 追記
街乗りだと SG-320 で十分だったのですが、街灯のない道では全く役不足でした。このあと FENIX LD-20 を購入しましたが、詳細はこちらの記事に書かれています。

posted by モッパー at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ライト
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。