2017年04月03日

息子の忘れ物を届けにさいたま市から水戸までを自走で往復する、意味不明なライドにトライ

一昨日は毎年恒例の大学の同期との花見で昼間から呑んだくれてました。昨日はそのダメージが残る中、4月から一人暮らしを始めた息子の忘れ物をさいたま市から水戸まで自走で届けて息子と一緒にランチして帰ってくるという、意味不明のライドにトライ(笑)。

誰かさんがチャリ用にひいたらしき東川口から水戸までのルートをルートラボで見つけて、それをトレースして行きましたが、土浦あたりまではやっぱり幹線道路になっちゃうんですね。幹線道路が大っ嫌いな僕は体力的にも精神的にもヤラれて疲れ果てました。
あと、茨城のサイクリングロードって東西に走ってるものはほとんどないので自走には役に立たない。たまたま恋瀬川サイクリングロードに出くわしたので少し走ってみました。なかなか風情があっていい道ですが、路面の整備はイマイチ。
IMG_1561.JPGIMG_1562.JPG
この恋瀬川サイクリングロードの駐輪場、どんな人が考えたんでしょうね。場所的にも施設的にも使い物にならなくって笑えます。
IMG_1565.JPG

茨木在住の方に「なんか山らしい山なさそうなんだけど...」と聞いたら、「内陸のほうに行ったらとにかく山ばっかり!」と言われて本当かな? と思ってましたが、どうも本当みたい。
IMG_1564.JPG
標高はないけど、いわゆる「丘陵地帯」で舗装林道も発達しているようで期待が持てそう。ただし、ヒルクライマーの情報はネットではほとんど拾えず、自分で開拓するしかなさそう。

街道で見かけたこの家気に入った!
IMG_1567.JPG
やっぱり秘密基地は男子一生の夢ですよ(笑)。

走り終えた感想ですが、幹線道路嫌いな僕は自走じゃ二度と行かないです(笑)。次回からは素直に第二自転車秘密基地(息子の住処)まで車載か輪行で行って茨城の峠を攻めます。

数字的には 05:00出発で200km地点は16:45。息子のアパートとランチで1時間以上ロスしてるから、200kmブルベ足切りタイムは余裕でクリアかな?合計で距離 239.5km, 獲得標高 805m, 14時間だったから300kmブルベも大丈夫そう。でも、自分でルート組み立てて単独走したほうが楽しいと思っているので今のところブルベには参加する気にはならないです、すみません。

ルートは以下の strava のログを参考にして下さい。

2017年03月26日

子供達のダブル受験終了と息子の新生活拠点の自転車秘密基地化について

私事ですみませんが、実は今年は息子(大学受験)と娘(高校受験)のダブル受験となってしまい大変だったんです。僕は子供達の教育には全く興味ないので、大変だったのは主にカミさんですが(恥)。
優秀な娘は早々と自宅近くの志望校をゲットしたのですが、息子は先週にやっと入学したい学校を決定。しかも地方の大学を選択したので一週間ほどで引っ越しする必要がありここ数日はドタバタでした。
本日やっと息子の新生活住居への引っ越しが完了。なんか大した山のないとこだなーと思っていたけど、自宅に帰ってからルートを引いてみると最高標高200mくらいしかないくせに 距離110km 獲得標高 1700m くらいのルートが簡単にひけると判明。
しかも勾配の緩急が激しくて昇り降りを繰り返して脚が削られる、僕が最も苦手とするプロファイルで良いトレーニングになりそう。さいたま市からの行き帰りで片道100km超えのロングも楽しめるので、土日一泊でガツンと走る自転車基地に出来そうでニンマリしてます。

2017年03月21日

ハルヒル試走〜吾妻〜長野原〜北軽井沢〜二度上峠

昨日はハルヒルを試走してから吾妻方面へ下って長野原・北軽井沢・二度上峠経由で榛名支所に帰還するルートを走りました。
ハルヒルはあらかじめ用意しといたベストタイムのタイムテーブルが全く役に立たず 01:09:08 のダメダメリザルト。反省点多数。
IMG_1423.JPG

ハルヒルルートの路面は全線ドライ。降らない限りはもう凍らないでしょって感じ。
と書きながら天神峠の web カメラを今日見たら…
IMG_1446.PNG
昨日降った雪が積もったみたいですね。凍結してるかもしれないので今週末行く方はお気をつけを。

吾妻から見た岩櫃山。
IMG_1429.JPG
見るからに険しいですね。

吾妻から長野原の間は細かなアップダウンがあって地味に脚が削られます。

北軽井沢は素晴らしかった!。白銀の草津白根や浅間山を眺めながら、残雪が残る高原の風を楽しむヒルクライムなんて埼玉じゃ体験出来ないですからね。
IMG_1432.JPGIMG_1442.JPG
勾配が緩いので「どこまでも登っていけそうだな…」と思ってるうちにあっという間に二度上峠に到着。
IMG_1445.JPG
二度上峠から榛名支所まではひたすら下りです。

トータル距離106.7km、獲得標高2224m。今まではハルヒル試走の後は渋川まで下って榛名湖まで登り返すことが多かったのですが、このルートのほうがずっと気持ちよくって楽しいです。良いルート教えてもらった!

2017年03月06日

西光寺の梅〜すみよし河津桜〜たんぽぽ〜陶器手榴弾廃棄場所

昨日はお知り合いの方々と、坂戸の西光寺の梅とすみよし桜の里へライド。

ライドの話が持ち上がるまで知らなかったけど、いつもときがわや越生の峠への自走路として走っている越辺川ルートの途中に梅と桜を同時に楽しめる場所があるなんて、やっぱり埼玉恐るべし。

まずは西光寺へ。
IMG_1366.JPG
ひそかな梅の名所です。

境内のしだれ梅は散り始め。
IMG_1367.JPG

参道の梅並木は満開でした。
IMG_1371.JPG

こちらのお寺には何故か放し飼いの鶏や猫がいて微笑ましい。
IMG_1370.JPGIMG_1372.JPG

次にすみよし桜の里の河津桜を味わいに。
IMG_1374.JPGIMG_1375.JPG
こちらは五分咲きってとこかしらん。ソメイヨシノと違って一斉に咲くのではないので1ヶ月くらいの期間楽しめるようですよ。
出店も出て賑わってましたが、都内の桜名所なんかに比べると人出は閑散といって良い状況。埼玉郊外の桜の名所を知ると都内になんて行く気なくなります。

さてさて、本日のハイライトの野点コーヒータイム!
IMG_1376.JPG
当事者の方々には申し訳ない表現かも知れませんが、1杯のコーヒーのためだけにわざわざ鍋やらバーナーやら背負って長距離を走り、イソイソと準備を始める馬鹿馬鹿しさがたまらなく嬉しい(笑)。次はパスタかラーメンかと議論が始まっていて、何か大変なことになって行きそうで怖いです(笑)。

お楽しみのランチはたんぽぽで。いつも通り安定のハイコストパフォーマンスとボリューム。
IMG_1379.JPGIMG_1380.JPG

おまけに店内販売の野菜もめっちゃ安い!
IMG_1381.JPG
芥子菜と蕗の薹をゲット。
IMG_1384.JPG
蕗の薹を天ぷらにして今食べてますが、これ美味い! スーパーや直売所で買った蕗の薹と違って、山で採ったやつと同じような苦みと香りがしている。あのあたりの堤防で採れるのかな...だとしたら収穫ライドするっきゃないです。

帰路は第二次世界対戦末期に作られた陶器手榴弾の廃棄場所へ。ネットの情報では正確な場所が特定出来ないので私も場所は公開しません。
要は本土決戦に備えて金属が払拭する中苦し紛れに作ったもので、敗戦時に破壊してから大量廃棄したらしい。なので原型を留めたやつを掘り出すのは結構難しいらしいけど、偶然にも出くわした発掘者の方から丸のままのやつを頂けてラッキー!
IMG_1383.JPG
でも何に使おうか(笑)?って思って色々調べていたら、こいつは化学兵器だったかもという論文を発見。とりあえず「とっくり案」だけは排除しました。

2017年01月09日

子の権現〜天目指峠ヒルクライム

昨日は子の権現へ。車載で飯能駅近くのパーキングにデポしてスタート!

南ルートから登ったので最後の300mは確かにキツい坂だったけど、九十九折なのでカーブで足つき出来る安心感があってなんとか頑張れた。
IMG_0902.JPG
良い感じの坂が続きます。
IMG_0907.JPG
個人的な激坂ランキングは、埼玉のラルプ・デュエズ>>ときがわ蕎麦道場激坂>(今の僕はここ)>子の権現南ルート>霊山院裏坂だと思いました。

子の権現って足腰守護の仏様なんですね。
IMG_0904.JPGIMG_0906.JPGIMG_0910.JPGIMG_0912.JPG
今年のヒルクライムの安全をお祈りしました。

次は天目指峠へ。事前にルートラボをチェックして平均10%行かないし大したこと無いと思って舐めてました。ずっと10%超えで結構キツい。
IMG_0913.JPG
アマメザスって名前が坂バカ的で格好いいですね(笑)。

奥武蔵は出だしでガツンとやられる坂が多いけど、名栗の坂のプロファイルはまたちょっと違うんですね。地域で坂の特徴が違うって不思議。

念願のターニップでランチ!ボリュームセットで名物のハーブチキンと焼きカレー両方いっちゃいました。
IMG_0928.JPGIMG_0924.JPGIMG_0926.JPGIMG_0925.JPG
食べきれるか心配だったけど、小食の僕でも悠々平らげることが出来ました。

帰りは車に乗り込んですぐ雨が降り出して、主催のSさんの絶妙な計画に感謝!
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。