2017年05月15日

三峰山ヒルクライムの試走へ

昨日は三峰山ヒルクライムの試走にお知り合い1名と出かけました。このルートは長らく通行止めでしたが、今年5月から通行止め解除との噂だったので、本番までに一度は走りたいなと。

車載で行って、両神温泉薬師の湯にデポ。
IMG_1926.JPG

JBCF三峰山ヒルクライムは初回の一昨年は JBCF のみで一般参加者はなし、昨年は一般参加者ありでしたが崖崩れにより通行止めで中止でした。今年は一般参加者ありでスポーツエントリーでエントリーが開始されています。埼玉県内なのに前日エントリーなので前泊必要、費用も \8,000 と高額なのでイマイチだよなーと思いつつエントリーしました。

スタート地点は大血川ドライブイン先のこの道を左に降りて橋を渡った先のよう。
IMG_1929.JPG

麓は16℃くらいなのに峠に近づくにつれて霧がひどくなり、峠は7℃くらいでひどく寒かった。
心配していた路面状況は、落石はきちんと掃除されており良好、ウェットだと滑るグレーチングが何ヶ所かあるので注意です。

途中にトンネルが2箇所ありますが照明がなく真っ暗、ガスで視界がなく宇宙遊泳状態。
一つ目のトンネル。出口がぼんやりと見えますが、それが出口なのかライトの幻影なのかわからなくて怖いのなんの。
IMG_1931.JPG
お知り合いと一緒じゃなければ怖くて引き返してたかも。

これが二つ目のトンネルと、そこから振り返った風景だけど霧で何も見えない(泣)。
IMG_1936.JPGIMG_1937.JPG
このトンネルの入口がゴールらしい。

ローディーとは一度も出会わず。Strava のログみたら今年一番乗りでした。

ルートは5%前後の坂と10%前後の坂が繰り返すだけで変化が少ない。ハルヒルや成木に比べて戦略性に乏しく、反面実力がもろに出る感じ。試走繰り返してもタイムが向上する気がしない。
昨日はコース確認が主目的でタイムは追わなかったので 1時間12分。帰宅して一昨年のリザルト調べたらトップの人はハルヒルより2分速い。13.4km 810mってハルヒルより 1km 100m 少ないので当然ですね。それより 1時間以上でゴールしてる人がほとんどいない。実業団選手だから当然か…そんな人達と走るかと思うと向上心がむくむくと。少なくともビリにならないよう、やっぱりもっかい試走します!(笑)

ランチは道の駅大滝温泉で。
IMG_1938.JPG
道の駅にしてはしっかりとしたお味の蕎麦で盛りもよく美味しかった。多分、このあたりの蕎麦はどのお店も外れがなさそうで期待できます。

帰路は直売所でお土産の野菜をたっぷりゲットして微力ながら家族サービスを。
IMG_1939.JPGIMG_1940.JPG

以下、Strava のログです。

2017年05月08日

奥武蔵自転車旅行社ヒルクライム上級に参加

昨日は奥武蔵自転車旅行社さんのヒルクライム上級に参加。

自走路は比企サイクリングロード経由で行きましたが、クサフジ ? のお花が綺麗なもののサイクリングロードにせり出して洗車機状態直前。ブラインドカーブ多数なので注意です。
IMG_1853.JPG

山はお花がいっぱい。
IMG_1856.JPGIMG_1857.JPGIMG_1861.JPGIMG_1867.JPG
目でもヒルクライムを楽しめる季節になってきましたね。

このコースは昨年11月に参加して丸山林道後半で大失速して以来苦手意識が強かったけど、昨日は脚が続いてその時より10分以上速く登れた。勾配が僕の脚質に合ってないと思ってたけどそれは単に言い訳、スタミナと集中力の問題だとよく分かった。一連のハルヒル試走の成果を強く感じます。貧脚ながら身体がうまく仕上がってきているようなので、今シーズンは期待が持てそう。

IMG_1868.JPGIMG_1869.JPG
ランチは堂平天文台食堂特製のバイキング。いつも通り、山菜等旬のものの手作りのお料理をたっぷり楽しめました。

秩父高原牧場では当ブログの読者の方にお声がけ頂けて嬉しかった!またどこかでお会い出来れば嬉しいです。

ヤバかったのは自走復路。
IMG_1875.JPG
今までキジに出会えた時は何かいいことがあるというジンクスがあったのに、上江橋以降でゲリラ豪雨に会い、何度も雨宿りしながら帰宅。
IMG_1879.JPG
西方は晴れていたようで、綺麗な夕日が恨めしい。
特に秋ヶ瀬以南の低気温は持参した全ての寒冷対策品を装着してもガクブル、風も強くてなんだか異常な天気でした。

2017年04月30日

ハルヒル試走で自己ベスト更新 !

昨日もハルヒル(榛名山ヒルクライム)試走へ。

今回は前回の反省を活かして、タイムテーブルを簡略化して老眼対策しました(笑)。
IMG_1777.JPG

集合時間よりちょっと早目に到着してアップのつもりで風戸峠を登ったらまさかの10%超え坂。これじゃ脚使うだけで悪影響かとあせりました。
IMG_1772.JPG
眺望悪いし峠の標識もないし、なんだか味気ない峠だなここ。

試走結果は 01:02:35 で昨年の本番を超える自己ベスト、やったー!本番で1時間切り出来る気がして来た。アップって大事ですね〜。

榛名支所の駐車場はほぼ満車。
IMG_1779.JPG
激坂区間では試走者が団子状態、観光客の車も増えてるので今後連休中に走る方はご注意を。

ランチは榛名支所近くの榛名支所のそばの丸晴さんで。こちらも満席でした。
IMG_1776.JPG
ワカサギ天丼セットを頂きました。前回蕎麦がイマイチだったんでうどんにしたけど、うどんもイマイチだった。やっぱりご飯ものが正解のようです。

帰りにマイカー内でドタバタ荷物まとめてイザ出発と発車したら、なんか前方でガシャーンと音が。そうだバイク立て掛けてたままだ。パニックになりながらバイクをチェックしたらバーテープが破れた程度。
IMG_1778.JPG
良かったー、あのまま進んで踏んづけてたら間違いなく廃車でした(冷汗)。

2017年04月24日

高崎〜ハルヒル試走〜吾妻〜長野原〜北軽井沢〜二度上峠〜安中榛名

昨日もハルヒル試走へ。車が使えなかったので久々に輪行です。

今回は1:00目標のタイムテーブルで、さらに1km刻みにして平均速度も加えてみました。
IMG_1739.JPG
結果は...老眼で読めなかった(笑)

4kmまではなんとかタイムテーブルについていけたけど明らかにオーバーペースで失速。結果は1:05:32。何回走っても 1:05 切れない(涙)

帰りは吾妻〜長野原〜北軽井沢〜二度上峠ルートで。

ランチは道の駅八ツ場ふるさと館で、デミソースカツ丼を。
IMG_1741.JPG
まあ、まずまずです。このあたりバッとしたお店少ないからか、とても混んでました。

IMG_1743.JPG
このルート、景色が雄大で大好きです。10℃を下回ることなかったけど常に風が冷たい1日でした。
IMG_1749.JPG

距離 127km  獲得標高 2480m、これくらい走れりゃ大満足ですわ。
Strava のログはこちらを。

2017年04月17日

ハルヒル試走ダブルで !

昨日はハルヒル(榛名山ヒルクライム)の試走へ。
初めて登る方のサポートが主目的だったので、車はあえて湖畔に停めて榛名支所で解散後2本目登らないと帰って来れないようにしてスタート。ヘタれなもんでそれくらいしとかないとサポート目的の1本でメゲること確実なんですよ(笑)。
IMG_1672.JPG
榛名湖畔は市営無料駐車場が豊富にあって本当に助かります。試走の方がかなり増えてきているので、榛名支所近辺は満車まではいかないまでも結構いっぱいになってました。

まずは1本目。

総勢9名の大所帯で登りは当然大きくバラけるので、遅れてる人の場所の把握のためスマココを活用しましたがとっても役に立ちました。

結果的には、初めての方は皆さんが全員無事で完走できて良かった!

榛名湖畔でも20℃。夏ジャージで過ごせる陽気。
IMG_1676.JPG
でも寒がりの私は下りはウィンドブレーカーとレッグウォーマー必要でした。

IMG_1678.JPG
ソースかつ丼を頂きましたが、コスパ悪いし出てくるの遅いしイマイチでした。
ハルヒルは渋川市街や高崎市街まで降りないと良いランチスポットが見つからず困りものです。

榛名支所へ降りていく途中で山猫庵でおやつタイム。
IMG_1680.JPG
なかなかインパクトある外観です。

手作りの梅ジュース\100と揚げまんじゅう\90を頂きました。
IMG_1684.JPG
梅ジュース最高!これは美味しい!!!

IMG_1686.JPG
揚げまんじゅう、あんこ入ってるし重すぎないかな〜と心配でしたが、案外さっぱりしていてちょっとしたおやつに最適って感じ。

IMG_1683.JPGIMG_1687.JPG
焼きまんじゅう、見た目の巨大さで「これは無理」と思いましたが、中身スカスカで意外と重くないらしいですね。

榛名支所で解散した後は、僕的にはメインイベントの2本目です。

今回用意した秘密兵器は、これ。
a.jpg
このブログの愛読者の方は、「ああ何時ものタイムテーブルね〜」と思うかも知れませんが、今回のは過去の実走記録から作ったものではなくこちらのサイトで作成したもの。こちらのサイト、ルートラボのルートと目標タイムや身長体重等を入力すると勾配を考慮して体への負荷を一定にしたタイムテーブルを自動作成してくれるんです。
今回は自己ベストである昨年の本番タイムを目標としましたが、各区間のタイムは実走記録と比べても30秒以上は違わないので精度は高そう。

今まで10km地点まではいかに足を使わずタイム出すかばかり考えてたんですが、結果的には10km地点までに落としたロスを激坂区間でリカバリ出来ない結果につながってました。
今回は10km地点までは多少無理してでもタイムテーブル通り走り、もし足がなくなっても激坂区間は惰性でどうにかなるだろ的な捨て鉢作戦で行くことに。2本目だから結果出なくても言い訳になるしね(弱!)。

結果は 01:05:01。本番ベストには及ばないが試走ベストを更新!本番ベストも更新出来そうな気がしてきた。
僕とは脚質が全然違う平坦番長が一緒に走ってくれて平坦区間で常に脅威を感じれたことも大きかった。メンタル弱いので何か縛りがないと何にも出来ないんですわ、僕(泣)。

ハルヒルは神社までは足を使うなが定石と言われてますが、脚質にもよるかもです。平坦がダメダメな僕は足使った後でも激坂区間のタイムは大きくは落ちない、だったら平坦で無理して5分稼いで激坂区間で1分落としたほうが絶対有利。ご一緒頂いた平坦番長は逆で、平坦区間でどれだけ足使ったかで激坂区間のタイムが大きく変わるとのこと。まあ、表彰台に立つような方々と平均点レベルの僕では追い込みのレベルが全然違うだけなのかも知れませんけどね。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。