2016年08月22日

秘密の湧水ライド : 鳩山町の「お池の水」

昨日は奥武蔵自転車旅行社で知り合った方々と秘密の湧水を目指すツアーに参加予定でしたが、前日の天気予報がバリバリ雨だったので中止になっていました。

朝4時頃に目を覚ますと、どうも晴れっぽい。朝焼けの荒サイを走る頃には、こりゃ多分晴れだなって感じに。
IMG_9594.JPG
そのまま山に向かって走りましたが、走っている途中に目覚めた参加者の方々から次々と参加表明が。あわてて引き返して参加しました。
結局予定していたメンバーは全員参加。ノリが良いって言うか好き物揃いっていうか、奥武蔵自転車旅行社関連で出会った方々はとっても良い仲間達です。

まずは湧水ハンター氏の案内でメインデッシュの秘密の湧水へ。田園風景の中に埋もれるまさにシークレットスポット。
IMG_9595.JPG
鳩山町の「お池の水」です。このキーワードでググると色々なサイト出てきます。
場所や見た目は「田んぼの水じゃないのこれ?」なんですが、ちゃんと成分分析表表示されてます。安心出来ますね。
IMG_9596.JPG

時間が押していたこともあり、ランチは予定を変更してときがわの高柳屋へ。
IMG_9599.JPG
ここ、以前入った時に比べると明らかにレベル上げてますね。麺も汁も良くなってる。今後が楽しみです。

帰路は自走路の達人氏の案内で奥武蔵自転車旅行社的な裏道を紡ぎつつ帰りました。

最後は私がこちらの記事に書いた荒川の廃村にご案内。微力ながらお役に立てて嬉しかった。
IMG_9602.JPG
カメラ達人の方に撮って頂いた、廃村内の竹藪小道の写真に本日のベストショット賞を贈ります。ジブリの映画の1シーンみたい。

想定しないハプニングをかいくぐって、多芸多才なメンバーが助け合って手作りしたツアー、素晴らしかったです !!!

2016年08月09日

雪見峠〜岩殿観音〜物見山〜たんぽぽ

先の日曜日はこちらの記事に書いた白石峠の後遺症もあってあまり走りたくない気分だったので、猿岩腺にでも行って無難に帰還しようかと思い荒サイを走っていると、偶然お知り合いの物見山行きトレインに出会いそのまま合流させて頂きました。

まずは雪見峠へ。短いですが結構な急坂です。北斜面で木陰なのでこの季節は涼しくて良いですね。

次は岩殿観音の参道。沿道の家屋に屋号が掲げられていて、とっても風情のある道です。
さらに参道からは境内に直登するコンクリ激坂が。

境内で大銀杏と巡り会い。

IMG_9496.JPG
想像していたよりずっと大きく、樹勢も素晴らしい。
紅葉の時期も格別らしいので、また来よう。

境内から参道を見下ろすと…
IMG_9498.JPG
先ほど走ってきた参道が箱庭のように見下ろせます。

物見山は何回も走りに来ているけど、参道と境内は今まで来たことがなかったです。
練習で物見山周回している方々にも知らない方いらっしゃるのではないでしょうか?
素晴らしい場所なんで是非訪れることをお勧めします。

ランチはたんぽぽが8/9-8/25の長期夏季休業になると聞きつけて、最後のチャンスを楽しもうと訪問しました。
IMG_9500.JPG
IMG_9499.JPG
IMG_9506.JPG
IMG_9501.JPG
いつ来ても、\700とは思えない品数とボリュームです。

IMG_9503.JPG
8周年記念のたんぽぽの種も頂けました。

2016年03月20日

荒川サイクリングロードは菜の花が見頃〜大久保の大欅

今日も結構凄い荒川峠。午後から用事があったので、荒川サイクリングロードを吉見まで走って引き返しました。
吉見のさくら堤は開花前だったけど、荒サイの菜の花は見頃で延々と続く黄色の壁の中を走る気分は最高です。気温も高くなり春の訪れを感じます。やっとサイクリングの楽しいシーズン到来、気分が盛り上がりますね!
image.jpeg

さいたま市大久保の大欅も訪問。風に大きく揺らぐ巨木は意識を持つ生き物としか思えない。幹に抱きつくと暖かくって柔らかくって良い匂いがしてお母さんのよう。
image.jpeg
イガイガさんに教えてもらいましたが、巨木って素晴らしいかも。ハマりそう。
これまたイガイガさんの受け売りですが、埼玉の巨樹紀行って本買いました。
image.jpeg
この本を片手にお母さんやお父さん、お婆さんやお爺さんを巡ってみようかな。

2016年03月13日

かつしかふれあいRUNフェスタと荒川下流のサイクリング事情について

こちらの記事に書いたように、今日は荒川サイクリングロード左岸を葛西まで走りましたが、左岸はかつしかふれあいRUN フェスタで大変な人出とは知らず、そのコースに入り込んでしまいました。
IMG_8016.JPGIMG_7996.JPG
でもって、驚いたのは自転車との共生と統制がとっても徹底されていたこと。コースに自転車を入れるタイミングや迂回路の提示が的確で安心して走れました。膨大な数のボランティアスタッフに事前にちゃんと説明したんでしょうね。
ランの先導車はなんとロードバイク。彼らが自転車乗りの立場から色々な意見を出したんだろうか?そうでなくてもロードバイク先導車はオートバイクやパトカーよりエコだし恰好良い !
ともかく、荒サイ下流のサイクリストを巡る殺伐とした状況が変わりつつありそうな予感がするイベントでした。
個人的には、巡行速度云々ではなく、ちょっとしたお互いの思いやりと声掛けで解決出来る状況だと思ってるんですけどね。サイクリストとしては、危ないと思ったら十分減速して迷惑と思われない態度で声掛けする、スポーツマンらしく挨拶する、そんだけで荒川下流の状況は随分変わるだろうと思ってるんだけど。

2016年02月13日

荒川サイクリングロードの廃村について再び

こちらの記事で荒川サイクリングロード近くに残る廃村について書きましたが、色々と不思議に思うことがあってお勉強したので成果を書き残しておきます。
参考にした情報はほとんどがこちらの論文です。読み解くにはちょっと時間はかかりますが、今後記録と記憶をなくしていくであろうこれらの廃村の歴史に関してとてもよくまとめられた大変貴重な資料です。興味と時間がある方は是非ご一読下さい。
尚、各集落の場所と雰囲気についてはこちらの記事をご参照下さい。

(1) 家屋だけが無くなり、田畑・公民館・神社・お墓・屋敷森が残されている理由
移転について国から費用補償を受けるためには家屋と庭木の撤去が条件となっていたため。庭木については竹は伐採してもすぐに蘇生するため、今でも屋敷森のようになって残っているようです。屋敷森は洪水から家屋を守るため家屋の北と西に配置されることが多く、今でもそれを家屋跡地で確認することが出来ます。
憶測を含みますが、荒川サイクリングロードのサーキット秋ヶ瀬の北にある竹藪はあの裏にある廃村(塚本集落)を洪水から守るためのものだったんでしょう。それを思い馳せながら竹藪を走ると、いつもと違う感慨に浸れます。

(2) さいたま市塚本集落
竹藪裏の廃村。1984年以降に移転した全ての世帯が補償を受けており、1999年の水害を機として2002年までに全戸が移転。このため、一気に集落が消え去ったような雰囲気となっているのでしょう。

(3) 川越市握津集落
橋が無く渡し船での交通となっていた頃は交通の要所として栄え、ピークは70戸500人が居住していたとのこと。
荒川左岸なのに川越市という飛び地のため通学等は船で対岸に渡っていたが、上江橋が出来てからは橋を渡るためより不便となったそう。
1932年から移転が進み、2006年に最後の家屋が移転。75年の長期間をかけて移転したので、塚本集落より荒廃した雰囲気となっているのだと思います。

(4) 家屋の特徴
前述の屋敷森に加えて水塚(みづか、みずつか、みつか)があります。これは洪水に備えて家屋台地を高くする工夫です。今でも塚本集落・握津集落ともに家屋跡地で確認が出来ます。さらに母屋よりも倉の水塚を高くして非常時には倉の二階で生活が出来る工夫もありました。こちらのサイトを見るとイメージがつかめます。
西遊馬のサイクルカフェ VIA はこれらの家屋の特徴をよく残しています。馬舎等も含めた敷地全体が水塚としてベースアップされており、倉であった VIA の土台はさらに高くなってます。また、VIA の奥にある母屋と VIA の間には緊急避難用の船が今でも吊るされています。
西遊馬は補償を受けずに移転した世帯が多いので、このような家屋がまだ残されているようです。是非公的な形できちんと保存していって欲しいと思います。
タグ:塚本 廃村 握津
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。