2012年10月21日

ロードバイクの秋〜冬のウェア

ロードバイクに乗り始めて初めての秋〜冬です。特に今この時期はウェアの選択と体温調節が難しい!!! 事実、実際走っている方を見ても夏用半袖ジャージ・4分丈パンツの猛者から長袖長タイツまで色々。4分丈に膝だけのウォーマー合わせたり、半袖にアームウォーマーとか皆さん色々工夫されてます。

私は夏用半袖ジャージとアームウォーマー、夏用パンツとレッグウォーマーじゃ寒くてダメでした。かなりの暑がりで汗かきなんですが、12℃以下では 30km/h 超すと突然寒くなって体が動かない...確かに暑いのは汗で体温調節できますが寒いのは我慢できないです。
ウインドブレーカーなやつが良いんだろうということで、amazon で前がウインドブレークで後ろが通気性、薄手の裏起毛のものを探して上下とも買いました。
saitoimport(サイトウインポート) 冬用ウインドブレークサイクルジャケット S サイズと JAGGAD サイクリングパンツ F0104 S サイズ。
 

ヤフオクならレーサーチームレプリカ品の上下セットが、もっと安く落とせますが品質とかサイズとか分からず返品リスク高いし。特に私は極小サイズのオヤジなんで、海外品の S でも大きかったりするんで難しいです。

amazon で買った上記の品はサイズ的にはなんとかOK。今の季節では厚すぎて汗かきますが、ジャージの前開ければ急速冷却出来て良い感じです。このままインナーとアウターの調整だけで真冬を乗り越えて、夏と冬の二着だけでいければ良いな。


2013.1.5 追記

今年の首都圏の寒波はものすごく、日中でも 5 ℃未満の日も多いですが、上記ウェア + 長袖タートルネックインナーのみでも汗かくほどで十分です。0℃まではこのまま行けそうなので一冬越せそうです。

ただし、以下のウェア類は追加必須でした。

(1) こちらの記事の携帯ウインドブレーカ。走りだしとか休憩時に寒い時には羽織りますが、走りだすと汗をかく前に脱がないと汗が二度と乾かずヤバい状態になります。

(2) こちらの記事の冬用グローブ。

(3) こちらの記事のフルシューズカバー。

(4)こちらの記事のヘッドバンド。

世の中一般的にロードバイクの冬用ウェアとして推奨されていて私の場合必要無かったのは...
ネックウォーマー・フェースカバー・足タイツ・レッグウォーマー・アームウォーマー といったところ。あくまで、首都圏の日中という条件ですけど。

2013.4.7 追記
上記の冬用ジャージ上下を1シーズンほぼ毎週着て毎週洗濯した結果のレビューです。
IMG_1339.jpg
ジャケットの裾の滑り止めシリコンが上の写真のように一箇所剥がれてきた以外はホツレもなくヤツレた感じも全くありません。滑り止めシリコンは全て剥がれても着用には支障ないと思いますので、少なくとも 2-3シーズンはもってくれそうです。このお値段でこの品質はお勧めです。
posted by モッパー at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2012年09月02日

スエットバンド GUTR

そろそろ季節的には遅いネタかも知れませんが、ロードバイク乗りは頭からの大量の汗が目に入らないよう対策をしている方が多いだろうと思います。ヘルメットについているチャチなパッドなんて気休めにしかなりませんよね。バンダナとかヘルメットインナーとかが一般的でしょうが、行きつけのお店で店員の方から「絶対これが良い」とお勧め頂いたのが、これ。
GUTR.jpg
スエットバンド GUTR です。
店員の方の「単に雨樋です。」という言葉が全てを表しています。(笑)
左右のこめかみの間に雨樋がある単なるシリコン製のバンドですが、これだけ簡単な機構でこれだけの効果とは !!! と思うほど効力があります。ロードバイク以外でも夏場のスポーツや作業で役に立ちそうで満足しています。

店員の方の理論によると、「吸水性のものは吸水力の限界を超えると意味がなくなるが、これには限界がない」だそうです。同意します。
ただし、そもそも滴り落ちる汗自体が嫌な方は吸水性のもののほうが良いだろうと思います。

娘が「なでしこの川澄選手がつけているやつだー」と言うので「そうだ、すげーだろ」と言っておきましたが、後で調べると川澄選手のはコスモウィンヴィンチャのヘアバンドで全く関係ないと分かりました。もちろん、娘にはバラしてません(笑)。


2014.6.7 追記
こちらの記事に GUTR と HALO の比較レビューをアップしてあります。ご参考にどうぞ。
posted by モッパー at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2012年08月10日

ロードバイクのアイウェア : 貧民の発想

こちらの記事で昔買ったスポーツサングラスを使っていることを書きましたが、乱視がひどく車のドライブでは眼鏡が必須な私は、ロードバイクでも度付きサングラスでないと厳しいと分かってきました。30代になってから眼鏡が必要になり、やっと眼鏡に慣れたのに今更コンタクトにするつもりもないし、ロードバイクのためだけに高価な度付きサングラスを購入する気もありません。

で、普段の眼鏡を装着する前提で安価な解決策を探しました。
a1234312.jpg
街中のメガネ屋さんとか釣具屋さんでよく見かける \1,000〜\2,000 の跳ね上げ偏光サングラスです。今時のレンズ面の小さい眼鏡用ではなく、昔の眼鏡のおっきいレンズ面対応のやつが有効です。スポサンに比べて風の吹き込みが多くなるとは思いますが、風が弱い日はこれで十分だと思います

a1234313.jpg
現場作業者にとっては言わずと知れたミドリ安全の保護めがね。風の巻き込みはほぼ皆無でスポサンより優秀。視野も広くてスポサンなみ。量販店で買うと \300〜\600 くらい。JIS と EN の厳しい規格を満たし、何十年にも渡って苛烈な現場で磨かれた仕様。私は高価なスポサンより、こちらのほうを信じます(今のところ)。透明のものは見た目安価な保護眼鏡と分かってしまうので、着色されたものが珍しくて良いと思う(笑)。特にイエローは暗い環境でもOKなのでお勧め。眼鏡との相性が微妙なので量販店で試着してみたほうが良い。
私は普段の眼鏡装着前提なのでこのような不格好なものになってしまいますが、そうで無ければ最新スポサンに近いフォルムの保護眼鏡もありますよ。なにより、日本人の顔の形に合わせた設計が嬉しい。

2012.8.25 追記
ミドリ安全保護眼鏡イエローですが、ツルの部分の根元をルーターで削って広げて頭の形に合わせて使ってます。夜間走行でも、裸眼と同じくらい明るくむしろコントラストが強くなって視認性が向上します。格好さえ気にしなければスポサンより優秀だと私は思う。ロードバイクに絶対お勧め。今年からスキーもこれで行こう。

2012.10.23 追記
跳ね上げ偏光サングラスはダメでした。風の回り込みが普通の眼鏡と大差ない。
荒サイ走っていると、無着色タイプの保護メガネを裸眼でも使用されている方をちらほら見かけることに気付きました。きちんと UV カットされているものであれば、光に強い目の人は問題なさそう。
特に私のように(?)ちょっと黄昏れた感じのオヤジサンがかけているとかなり格好いいと思います(本当か?)。ドカッとガニ股開いて愛するロードに跨って夕日見つめる姿なんてプロジェクトX(既に死語か?)な感じで感動的です(笑)。

2013.1.18 追記
ダイソーでオーバーサングラス見つけました。\100。眼鏡の上に装着出来ます。眼鏡との相性があるのは保護メガネと同様。うまく眼鏡とマッチすれば風の回り込み防止は保護メガネと同じくらい優秀。見た目は保護メガネよりスポサンに近くて目立たない。問題は色が濃すぎてナイトランには適さないことと、どの程度 UV カット出来てるか等の品質面。
IMG_1011.jpg

2014.5.23 追記
最終的には度付きサングラスに逝き付きました。こちらの記事を参照して下さい。。
posted by モッパー at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

ウェア(ジャージ)

こちらの記事でレーパンとグローブ採用したことを書きましたが、結局上着もロードバイク仕様にしました。
上着は登山用のインナーTシャツで頑張ろうとしましたが、ポケットが全く無くなるのでコンビニで飲料買おうにも財布やら iphone やら手持ちで始末が悪いのなんの。ロードバイク用のジャージとユニクロのインナーに落ち着きました。サイクルジャージの背中のポケットは偉大です。

81PMVEQvICL._SL1500_.jpg
ジャージは amazon で \2,460 で購入。なんとなく素材はよろしく無い感じがしますが初心者なので我慢。

09_072519_large.jpg
インナーはユニクロのイージーエクササイズ。なんと \990。写真は黒ですがジャージと合わないので白にしました。

バイクがモノトーン基調なので、全部モノトーンで揃えるようにして来ましたが、ウェアは白だと汗の黄ばみやオイルの付着が気になり漂泊が面倒なので、ウェアは全部黒かグレーにしたほうが良かったと反省。

ユニクロでシルキードライも買ったので、イージーエクササイズとどちらが良いかバイク・通勤・登山でちょっと試してみようと思う。登山用の本物インナーと違って生地も薄くなんかちょっと方向が違う気がする。

posted by モッパー at 00:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2012年07月01日

遂に禁断の領域にデビュー

絶対許せないと思っていたレーパン(レーシングパンツ)を遂に買ってしまいました。
716RULcTJJL._SL1300_.jpg
amazon で \2,760。ショップで買う気しなくなるお値段と品質。走ってみてその機能に納得。全然蒸れないし、超快適。どんな服装でもお尻がほとんど痛くならない(らしい)私には、お尻のパッドはこんなにボリューム無くても良いんだけど。そのうち抜いてやろう。

最近補助ブレーキ使わないポジションの練習をしていて、長時間ブラケット握り続けると手の皮が剥けると分かってグローブも購入。amazon で \1260。うーん、これならそのへんのホームセンターで作業用グローブ買うのと変わらない気がする。安物すぎた。
51sDKlOiatL._SX385_.jpg

Tシャツは登山用のインナーの転用に決定。ちょっとバタつくとかそんなの気にしない。節約節約。

機能・実用面を重視すると、やっぱりほぼ定番の装備に落ち着くんですね。でも、宇宙人メットスポサンと上記の装備なんて普通の人から見ると「完全にいっちゃってる人」にしか見えないはず。

で、ここからが言いたいこと。こちらの記事に書いた日にデビューした。でも、こんな恥ずかしい姿を知り合いに見られてはいけない。朝はなんとかやり過ごした。知り合いには見られずマンションから脱出することに成功 !!!
ははーん、簡単なものだと思って帰宅した瞬間、最も会ってはいけない相手に遭遇 !!! 日本の伝統音楽を学ぶため、エレベータを待つ妻のお弟子さんである。 しかもうら若き美女。以下の3つの選択肢が私にはあった。

1. 会わなかったことにして即刻逃げる。ロードバイクなら私だと気づく前に振りきれるかも知れない。
2. あまりに普段と違う服装なので私と分からないはず。他人のふりをして行動する。
3. 正面切って対応する。

私は 2. で行けると踏んだ。自転車とともにエレベータに乗りこんだ瞬間、お弟子さんに「いつから自転車に...」と聞かれて狼狽した。3. の対応シナリオがまだ私には出来ていなかった。そもそも挨拶すらまだしていない。態度は2.のままうつろな声で「いえ最近」とか答えるしかなかった...エレベータに乗る時間がこんなにも長く感じられたことはいまだかつてない。(爆)。

バレたか...どうしよう。堂々とカミングアウトするべきかどうか悩む日々が続く...


posted by モッパー at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。