2012年12月09日

ロードバイクのイヤーパッド・耳あて・ヘッドバンド

ロードバイクで走っていると耳も冷たくて千切れそう !!! というわけで、イヤーパッド(耳あて)も検討しました。

いつも通り貧乏性が発症して、まずはホームセンターで \298 のイヤーパッドを購入。
IMG_07751.jpg
うん、悪くない。ヘルメットと干渉することも無いし、ずり落ちないし。でも、走行中に暑くなったらどこにしまえば良いのコレ? と突然気付く私(爆)。

ハイハイ、いつもの展開通り、自転車専用品探すことになるわけです。

ゴールドウイン(GOLD WIN) コウデンシヘッドバンド GWB1953。
IMG_0806.jpg
頭もかなり汗かきなのでヘッドキャップに耳あてついたやつだとダメそう。ウィンドブレークな耳あてつきヘッドバンドにしました。厳冬期用を名乗るだけあって、この薄さでなにこれという位温かいです。0℃まではコレでいけそう。

今朝はこの冬一番の寒波に首都圏は襲われ、5℃以下の気温の中朝練に行って来ましたが、今まで買い込んだウェア類でなんとか凌げました。ロードに乗って初めての冬の対策はこれで完了になれば良いな。

posted by モッパー at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2012年12月08日

ロードバイクのシューズカバー

ロードバイクで走ると足先が冷たくてしょうがない気温になってきたので、対策を考えました。
メーカー品のフルシューズカバー買うと \4,000 以上するようなので、いつも通りケチケチ路線からスタート。

まず使ってみたのはホームセンターで \500 くらいで売られている防寒インナーソックス。ウェットスーツ生地な感じのやつ。
IMG_0802.jpg
ダメでした... シューズの容量を超えて足が締め付けられ、オマケに通気性が足りないようで汗で足がベタベタ。ちなみに私はかなりの足裏汗かきです。(クサー)

やっぱりこれもロードバイク専用品じゃないとダメなのねとサッサと降伏して、シマノのシューズカバーハーフサイズを購入。
IMG_0804.jpg
5℃以下ならつらいけど、首都圏ならなんとか一冬これで乗り切れそうです。心配なのは耐久性で、1日乗って既にほつれて来ているところがあるので大丈夫かな。

ロードバイクで冬を乗り切るためにウェア類に投資する費用と試行錯誤の労力は夏と格段に違い、かなりうんざりしつつあります。でも、これを克服して一冬越せばロードバイク続けられそうなので頑張らなきゃ。

2013.1.5 追記
5℃以下ではダメで結局フルサイズのシューズカバーを購入しました。こちらの記事を参照下さい。

2013.4.29
1シーズン履いた後のレビューです。フルサイズのシューズカバーのみで十分で、このシューズカバーの出番はあまり多くはありませんでした。
それでもちょっと破けてきてます。汚いのは単に洗ってないせいです。2シーズン持てば良いやって感じでしょうね。
P4290643.JPG
P4290644.JPG
P4290645.JPG

posted by モッパー at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2012年12月05日

iPhone 対応手袋の自作

iPhone 対応のロードバイク向け冬用グローブは数少ないながらあるようですが、選択肢が非常に少なく高価格なので、自作に挑戦することにしました。
こちらの記事の本チャングローブでトライして取り返しのつかないことになると困るので、まずはダイソーで買ったウェットスーツ素材な感じの寒冷期用 \500 手袋で挑戦。
指の肌と iPhone のパネルを導通させることが必要なので、導電性の糸を amazon でポチッ。細め10mを選択しましたが、結果から言うと太めのほうが良かったかも知れません。
この糸、実は LilyPad っていう女の子向け(って言うと性差別になるので良くないですが)の電子工作キット/ムーブメントでも使われるものです。カバンとか服に導電糸で刺繍してLED取り付けてコンピュータ・プログラミングしてとか楽しそう。LilyPad に興味があればこちらのYoutubeも見て下さい。

前置きはともかく、本題に入ります。

普通の糸と全く同じように針で縫うだけです。
IMG_0786.jpgIMG_0787.jpg

こんな感じで表は☓、裏は☒のパターンで縫ってみました。パターンやカバーする広さがiPhoneのオペレーションのしやすさに影響するようです。
IMG_0788.jpg

結果は... 下の写真のような単純で広い領域のスライドなら、強く指を押し付ければなんとか...という感じです。いくら縫製パターンを工夫して頑張っても細かなオペレーションは無理のようです。グローブの生地が厚いほどその傾向は強まるでしょう。軍手程度の厚さなら縫製パターンの工夫でなんとかなるかも。
IMG_0789.jpg

さらに上の写真の左上に写っているヘッドフォンコネクタに挿すタイプのスタイラスペンを使ってみました。
IMG_0794.jpg
Good です !!! かなり精度の高いオペレーションが可能です。スタイラスペンが指にあたる位置を中心に親指と人差し指に広く導電糸を縫いつけることがポイントのよう。ピンチイン/アウトは出来ませんが、そもそも厚手の手袋でやるには無理があると思うので、これが最善の策というのが私の現時点での結論。


posted by モッパー at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2012年11月25日

ロードバイク冬用のグローブ

こちらの記事に書いた夏用グローブでは指先がかじかんでつらいので、冬用グローブ購入しました。

ECWGLBWKS02UL3.jpg


シマノのウインドストッパーオールコンディショングローブ ECWGLBWKS02UL3。

-5℃〜0℃用ということでちょっとオーバースペックかと思いましたが、厚すぎず蒸れることもなく今の季節に良い感じです。
というか、インナー追加して温度調整しろということだろな、これ。

2012.12.2 追記
今年の関東は寒波に襲われこの時期昼間も 10 ℃を上回りません。やっぱり 10℃ 以下になるとこのグローブはインナーないとつらいです。
ホームセンターで \580 の超薄手防寒グローブを入手してインナーにしたら good になりました。これで0℃くらいはまではいけそうな感じがする。
IMG_0778.jpg


2013.4.1 追記

そろそろ一冬越しましたので、レビューをば。インナー追加が必要なタイプで大正解でした。上記のインナーに足してもうちょっと厚手で単独で徒歩通勤にも使用出来る \1,000くらいのものも買いましたのでインナーの組み合わせの工夫だけで 上記の冬用アウターグローブだけで 5℃以下〜15℃まで広い範囲に対応出来、一冬越せました。インナーは徒歩通勤で使用のせいもあって1シーズンでダメになりましたが、アウターはほとんど劣化せず複数シーズン使えそうです。


その他ロードバイクの秋〜冬用ウアについてはこちらの記事にまとめてあります。

posted by モッパー at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2012年11月17日

ロードバイクのウィンドブレーカ

こちらの記事に書いたロードバイク用安物の冬ジャージでは、走り出しの間が寒くなってきたのでウインドブレーカも買いました。超軽量コンパクト収納な品は一流メーカーのものしかないようなので、Goldwin GWB-821 のブラックを購入。旧モデルなので今なら探せば安く手に入ります。とはいえ、今まで買った中で単体では最も高価なロードバイク用ウェアです。

PB179700.JPG
ポッケの中にウリウリねじ込むとこんなに小さくなる。すげー。これならジャージの背中ポッケにも入る大きさ。パールイズミの最新のやつなんかはもっと小さくなるんだろうか ?

PB179701.JPG
広げた直後はこんなにシワシワですが、しばらく置いとくと気にならない程度になりました。

こんな薄いの着て何か変わると ? と最初は思いましたが、全然違う。しっかりしたインナーとロード用冬用ジャージの外に着ると効果抜群。現在の私の格好は妻が「こんなに薄着で良いの?」と聞くぐらいスリムな外観ですが、むしろ汗かき過ぎてヤバイレベルです。

こちらの記事に書いたように登山用ウェアの転用を色々試みたけど、今の所転用できたのはアンダーウェアだけ。冬場は登山用レインスーツ使えるかなと思っていたけど、上記のウインドブレーカの機能性と収納能力を経験して諦めました。首都圏だからこうなんであって、もっと寒い地域は事情が違うかも知れませんが。

2015.10.28追記
モンベルのEXライトウィンドバイカーを購入しましたが、そちらの方が優秀でした。こちらの記事を参照ください。
posted by モッパー at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。