2017年09月16日

ゼッケンのジャージへの固定 : 日東の5000番が最強だって噂は本当か ?

台風のおかげで、この3連休は家で悶々とした日々を送るローディーが多いことでしょう。私も御多分に漏れずだけど、関東は月曜日はなんとか持ち直しそうなんで走りたいですね !!!

来週末はいよいよ赤城ヒルクライム本番なので、今日は機材のメンテを完璧に。余った時間でゼッケンのジャージへの固定方法の検討を。

レース会場ではゼッケンと同時に小さな安全ピンが配布されることが多いですよね。でも、大事なジャージに穴をあけること自体が許せないし、引っ張られてジャージが裂けたりしないよう緩めに止めるとゼッケンがバタついて困りもの。

磁石で止めるタイプのものもありますよね。
ただし、専用品は結構高価。ドケチの私は落としたらどうしようって思うとレースどころじゃなくなりそう。

ダイソーや Amazon で買える安物ネオジオ磁石で代用できないか試してみたけど、磁力が弱くて位置がズレたり落としたりして全く使い物にならなかった。

最近教えてもらったのが、日東の再剥離可能強力両面テープ5000番というやつが最強という話。
IMG_3317.JPG
とりあえず NO5000NS 20mmx20m というやつを購入してみた。
20m あれば 20 回くらい使えそうだし、十分に安い。

バタつきを防止する目的を考慮すると四辺を囲むのが正しいよう。
IMG_3318.JPG
実業団選手の方はこれにさらにタスキ掛けると言っていた。
四隅だけでも十分な強度がありそうだけど、それでは磁石と変わらなくなるので、少しのバタつきも許さないプロフェッショナルな方向けのソリューションなのかもな。

こんな感じでジャージに貼りつけてみたけど..
IMG_3321.PNG
ジャージを着ると引っ張られて不自然な箇所があってよろしくない。ジャージを着てからパートナーにペッタンコして貰ったほうが良いんだろう。でも、当日のパートナーなんていないかも知れない僕はどうすりゃ良いんだろう。
貼りつけが不自然な状態で体を色々動かしてから剥がしてみたけど、確かにジャージの生地への影響は全くなさそうだし、ゼッケンを剥がしてもテープはジャージには全く残らずゼッケン側に残る。

ただし、ゼッケンの素材にもよるだろうけど、ゼッケンの側の剥がしはうまくやってもこの写真のように破綻する。
IMG_3320.JPG


NO5000NS は幅 15mm のやつもあって、僕のようなヘタレ選手はそちらのほうが向いているかも知れない。

要はこいつは当日にパートナーがいてゼッケンは捨てる前提のガチンコ選手向け ? 僕みたいにゼッケンは必ず綺麗にとっておいて自転車小屋にディスプレーしたい派には不向き ? 疑問は残るけど、赤城ヒルクライムはこいつでいくことにして、後日レポートしますです。
posted by モッパー at 18:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2016年11月27日

究極の真冬グローブかも : intro ステルス3D

僕は酷い寒がりなもんで、これからの季節は手先足先の寒さに悩みまくります。

今年の新兵器は intro のミトングローブ(ステルス3D)。なんと中綿はダウンです。-3℃-2℃の表示はハッタリじゃないでしょう。
IMG_0309.JPG

昨日は5℃-12℃でしたがかなーりいい感じでした。パールイズミのプレミアムウィンドブレークグローブよりずっと暖かい。

ミトンなので指先にホッカイロ挿入も出来そうな点もアドバンテージです。

ミトンって操作性に問題がありそうだし、ダウン+裏起毛なもんでモコモコでダイレクト感無さそうだしな...と心配してましたが、杞憂でした。
指使いを全く変えなくて大丈夫だったしダイレクト感もある。10℃以上になるとさすがに暑すぎるけど汗抜けが良いのでまあなんとか。

でもヒルクライムはさすがに無理でしょうね。なにしろかさばるのでヒルクライム用グローブを別途持参すると収納場所が問題。
でも超寒がりの僕には他に選択肢がないので荒サイ特急仕様と割り切って真冬を乗り越えます !

intro はロードバイクグローブ専業メーカーの株式会社クラフトマンズ・ワーフが展開するブランド。専業メーカーだけあって気合いの入ったグローブのラインアップが揃っているみたい。
こいつは合皮ですが、夏のモデルは複数の種別の本革を適材適所で使用したグローブなのに普通のお値段だったりして好印象です !
posted by モッパー at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2016年07月15日

やっぱゼッケンはクリップじゃなくネオジム磁石でしょ

レースの達人の方々からすると常識かも知れませんが…
ゼッケンってクリップで止めると、大事なジャージが傷つきそうでイヤですよね。
ジャージの伸び代を考慮して緩めに止めると弛んで格好悪くなったり、キツめに止めるとジャージを破損しそう。

ダイソーのネオジム磁石を買って試してみましたが、バッチリな感じです。
IMG_9200.JPG
上の写真の左側の黒いやつはフェライトなんで重くて磁力も弱くてダメです。右のやつがネオジムです。でも、このタイプは今どんどんダイソーの店頭から消えてるんで急いで手に入れたほうが良さそう。

IMG_9201.JPG
こいつもネオジムです。でもかさ張るのでジャージの裏につけるのはやめたほうが良さそう。うまく破壊して磁石だけ取り出せば良いのかも。

IMG_9202.JPG
むき出しのネオジム磁石をジャージ裏に、透明プラのついたやつをゼッケン表につけてみました。表もむき出しだと磁石が小さすぎて位置の調整が難しいのですが、プラスティックがついていると調整が楽で良い感じです。

以外のようなゼッケン専用品もあるようですが、ダイソーならたった\200ですからね。そちらをお勧めします。
posted by モッパー at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2015年11月19日

ロードバイクの財布の定番はこれ !!!!

こちらの記事に書いたように、サイクリング時の財布はジップロックを愛用(?)してきました。
IMG_7086.JPG
ジップロック、悪くはないんですよ。安いし防水性能抜群だし超軽量だし。すぐに穴開くけど、どんどんとっかえりゃいいだけですから。
でもね、雰囲気良いお店でこいつおっぴろげて小銭探す度に痛くなるんですよね。いい大人がやることかと。

ロードバイクと財布でググると定番はチャムスのエコキーコインケースらしいので、試してみることにしました。

IMG_7087.JPG
こちら側が防水区画で本来はカード入れなんでしょうが、小銭を目視したいのと紙幣と小銭をいっぺんに探したいので、こちら側を財布にしました。
紙幣二つ折りじゃ入らなくって三つ折や四つ折りになるのがイマイチですが、こんなにコンパクトならしょうがないでしょう。

IMG_7088.JPG


こちら側は防水されてなくて本来はカード入れじゃなさそうですが、オヤジの汗やちょっとした雨には耐えてくれそうなのでカード入れに。

IMG_7090.JPG

ほぼタバコと同サイズって感じで、ジャージのポケット1つあたり3つくらいは余裕で入るサイズ。
小雨の中少し走ってみましたが、防水されていない側に入れた紙にも被害なく汗もあまり吸わないようなので Good です ! お勧めします。

2015.11.22 追記
非防水側を背中に接するようにポッケに入れると紙幣が汗を吸います。防水側を背中に接するように配置するのがポイントのようです。
posted by モッパー at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2015年10月28日

ウィンドブレーカその2

こちらの記事に書いた Goldwin のウィンドブレーカを使用してきましたが、収納時の大きさとバタつきが気になるのでモンベルのEXライトウィンドバイカーを購入しました。
Goldwin のやつに比べて収納時の容積も重量も丁度半分くらい。
image.jpegimage.jpegimage.jpeg

脇にはエア抜きスリットあるけど背中にはない点が不安でしたが、蒸れもバタつきも少なくて良い感じです。
モンベルの自転車用具って他のブランドに比べて2-3割安いことが多く、品質もしっかりしてるので良いですね。
posted by モッパー at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。