2018年09月16日

OGK KABUTO FLAIR(フレアー) のシールド化 : 会心の出来 !!!

こちらの記事に書いたように、GIRO SAVANT アジアンフィットに OGK AERO-R1 のシールドをつけて使ってきたのですが、こちらの記事の通り、OGK KABUTO FLAIR(フレアー) に変えたので、FLAIR のシールド化が必要になったわけです。

使用したのは以下の品々。

IMG_8071.JPG
ダイソーの発泡スチロールとカッター。

IMG_8072.JPG
ダイソーの瞬間接着剤。

Amazon の直径10mmのネオジム磁石。
IMG_4208.JPG


3M のプレミアムゴールドスーパー多用途 超強力両面テープ12mm×4m。これ重要です。ダイソーの両面テープなんかじゃすぐに剥がれます。

センターの磁石用にダイソー発泡スチロールで台座を作成。
IMG_8073.JPG
瞬間接着剤は発泡スチロールに対して侵食が激しいので、大きめに台座を作成することがポイントです。

両面テープで台座に磁石を固定。
IMG_8074.JPG

両側の磁石は両面テープでメットに直接マウント。
IMG_8075.JPGIMG_8076.JPG
写真じゃかなり無理があるように見えますが、シールド側にフリクションがあるので、見た目よりずっと強固にくっついてくれます。

完成。
IMG_8077.JPGB22150AA-3DC4-47CC-B1F0-890636B09D64.png
シールドが FLAIR の純正パーツとしてしか見えないくらいよくフィットしてます。我ながら会心の出来っす !!!
posted by モッパー at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2018年09月15日

落車でメットが割れてた ! : OGK KABUTO FLAIR(フレアー)購入

今まで全く気付かなかったんですが、こちらの記事に書いた落車でヘルメットが損傷していたようです。
F1765328-0991-41BE-A96E-5D03D2B947EF.jpeg1658245C-03C7-4B80-BDFE-C68ACDC07C87.jpeg
頭打った記憶なんて全くないんですけどね。こういうの経験するとヘルメットって大事って本当に思いますよ。
このメットは GIRO の SAVANT アジアンフィットモデル。
DC21DBA5-0047-4260-9881-35B928D0EF79.jpeg

僕の頭の形に合っていてすごく気に入ってたんですけどね... 買ってから3年で、一般的に言われているメットの寿命時期だから丁度良かったかも。

FB で以下の条件でお勧めのメットを聞いてみました。
  • とにかく軽いこと
  • モノトーンカラーがあること
  • アジアンフィットモデル
  • できればバグガード(虫よけネット)があること
で、評判が良かったのが OGK FLAIR(フレアー)・カスク モスキート・OGK AERO-R1。

早速お店に行って試着してみました。カスク モスキートは見た目ずんぐりしてて好きになれないので却下、AERO-R1 はフィット感は悪くないのですがどう見ても風抜け悪そうなので却下。
OGK FLAIR は確かに軽い。店頭で並んでたものの中では多分一番軽かった。残念なのは僕は S/M サイズだと側頭部が当たるので L/XL サイズでキノコっぽくなっちゃうこと。そもそもメット被ってなくてもキノコ頭だからそれは諦める(笑)ってことで FLAIR に決定。

7759B531-0199-4493-B2BF-9E4643F8D1A6.jpeg
左が FLAIR で右が SAVANT アジアンフィットだけど、明らかにSAVANT のほうが扁平頭向けの形してますよね。

FLAIR の決戦用軽量アジャスター。
E1A94DFB-795D-4F58-B4EB-9BB210962BC3.jpeg
両手使わないと調整できなくって面倒そう。耐久性も低いって書いてあるので却下。

4BB223D0-903B-4E1E-B2A8-ED7862CDEE92.jpeg
インナーパッドは虫よけネット付きのものに交換。

さてさてお楽しみの重量計測タイムです。

F0EB7894-604D-43CB-A0B8-C36B6748CCCA.jpeg
SAVANT はシールド付きで 251g。シールドの分が 25g くらいあるから、お値段からすると随分健闘してます。

27E807DC-3CFA-45FC-B3EC-0B321B54949B.jpeg
FLAIR とシールドは 225g。意外と軽くない。SAVANT は M サイズで FLAIR は L/XL サイズってことも影響しているだろうし、FALIR はインナーパッドやアジャスターを重い方にしてるからでしょうね。でも持ったり頭に被ったときの感じは SAVANT に比べて「抜群」と言って良いほど軽く感じます(嬉)。

B22150AA-3DC4-47CC-B1F0-890636B09D64.png
FLAIR のシールド化はまだ改良・調整中。出来上がってからレポートしますです。
posted by モッパー at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2017年12月10日

人柱報告 : シールドなしタイプのヘルメットのシールド化に成功 !

今日のお題はロードバイクのアイウェア。これも永遠の課題と言っていいほど皆さん色々とトライされているはずです。

僕の目は光に強いようで、夏場に裸眼で一日走り回ってもあまりダメージはありません。それよりむしろ年のせいかダウンヒルでの暗い木陰や夕暮れ時の路面の把握が色の濃いサングラスではきつくなってきました。また、近眼でさらに老眼が進んできているので普段は遠近両用メガネを常用しています。

そのため、夏場は跳ね上げ式のサングラス(DUNLOP DU-010)に薄い色のフィルター(クリアスモーク)。実測重量は37g、案外軽い。
IMG_4228.JPG
ちなみに、このクリアスモークレンズ、DU-010 には付属してなくて別途注文したオプション品。可視光線透過率 70%。偏光レンズじゃないので、夜は光が放射状に見えたりして跳ね上げないと使い物になりません。

冬場は普段のメガネで走行しています。実測重量 20g。
IMG_4229.JPG

でも、跳ね上げ式の安物サングラスは視認性の面ではやはり不利、普段のメガネは風の巻き込みが強くて冬のダウンヒルは涙ダラダラ。

最近増えてきた TT ヘルメットタイプのシールドは格好いい上にメガネつけたままでも大丈夫って聞いて非常に興味があったんですが、ヘルメット買い替えるほど出費する気にはならないしな...ということでシールドだけ買って自作してみることにしてみました。

これも定番の自作アイテムになりつつあるようでネットにはいくつかの例がアップされています。

ひとつは TT ヘルメットのオプションとして販売されているシールドを購入するタイプ。KABUTO AERO-R1 のオプションシールド、ARS-3 を使っているようです。
もうひとつは安物のシールド付きヘルメットを購入してシールドだけ移植するタイプ。
多分、こいつあたりを使っているっぽい。

安物パターンは品質リスクも大きくヘルメットが無駄になるのがイヤだけど、KABUTO のやつはシールドだけでちゃんとしたメーカーのサングラスのバーゲン品くらいのお値段。随分悩んだけど KABUTO のにしました。
IMG_4205.JPG

同梱品は本体と収納袋。
IMG_4207.JPG

本体を実測してみましたが...
IMG_4230.JPG
22g でカタログスペックに嘘はありません。でも、普段のメガネと足すと 42g で DU-010 と比べると実は 5g の up。後述のヘルメット側の磁石の増加を考慮すると実は軽量化にはならないのね...

AMAZON で出ていた中では可視光線透過率 88% と最も明るいピンクミラーにしたんですが、クリアーもあるのか...
IMG_4206.JPG
しまった、それにすればよかった。

ヘルメット側には直径10mmのネオジム磁石を接着。
IMG_4208.JPG
3FCA466E-7733-49A0-9FE6-97891FCE0019.jpeg
磁石3つで3g。

ヘルメットからの磁石の出っ張りを少なくすることがポイントのようなので、シリコン強力両面テープではなくこちらの記事に書いた、日東再剥離可能強力両面テープ5000番で接着しました。
IMG_4212.JPG

出来上がり〜。
IMG_4213.JPG
磁石の周りをゴム管等で囲って装着時のズレを少なくする工夫をしている例も見かけたけど、僕のケースはそれがなくともしっかり装着出来ました。
IMG_4209.JPG

メガネかけたままでも大丈夫。
IMG_4210.JPG
外からでも目や顔が分かるので、サングラス外すと誰か分からなくなる「ロードバイクあるある」がなさそうだし、車のドライバーとのアイコンタクトも大丈夫、コンビニもこのまま入れそう。

逆向きに装着するのも、サングラスの跳ね上げと大差ないくらい楽に出来ます。
IMG_4211.JPG

今になって発見したけど、安物ヘルメットのシールドだけ買えるじゃん、
しかも各種の色が用意されてるし、こっちのほうがよっぽど良いとか、
KABUTO AERO-R1 のデフォのシールドは AR-3って名前で定価 \2,500、通販では見つからないけど自転車販売店からは手配できそうとか気付いてしまいました(泣)。

でも、ARS-3 は AR-3 の半分の重量で 22g。間違いなく安物ヘルメットのシールドより軽量で高性能(に違いない)と思い、自分を納得させることにしました(泣)。

正直に言うと安物シールド単体をトライしてダメだったら KABUTO 高級シールド(ARS-3)にトライすべきだったと思います(涙)。

さてさて、実走行の結果です。特に暗闇での安心感と、ダウンヒル時の風の巻き込みの少なさは感激モノ、これしかないって感じ。メガネ枠の映り込みや夜間の光線の滲みはありますが、僕は気にならないレベル。お勧めしますよ !!!

2017.12.29 追記
日東再剥離可能強力両面テープ5000番は二回の使用で剥がれました。
代わりに 3M のプレミアムゴールドスーパー多用途 超強力両面テープ12mm×4m を使ってますが、へたに剥がすとメットの塗装が剥がれるほど強力。約150km x 3回の走行と 2 度のメット洗浄にも耐えてますので、これでいけそうです。
A7BCD8E4-E17E-4990-8C2F-CA0A94AB0B74.jpeg

2018.11.9 追記
その後ヘルメットを OGK KABUTO FLAIR に替えましたが、こちらのシールド化もプレミアムゴールドスーパー多用途超強力両面テープでうまくいけました。こちらの記事を参照下さい。
posted by モッパー at 21:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2017年12月07日

人柱報告 : 手袋をつけたままスマホの指紋認証を突破する「疑似指紋」

この季節はグローブの着脱が面倒でスマホ使うのが辛いですよね。
そんなあなたにぴったりのもの見つけました。

手袋に貼り付けてスマホの指紋認証を通すというアイデア商品、「疑似指紋」です。なにしろ名前が素敵(笑)
IMG_4157.JPG
スマホ対応手袋用の小さいタイプとスマホ非対応手袋用の長いタイプがありますが、スマホ非対応用の方のポイントは手袋をスマホ対応化する機能があること。
尚、iPhone はイケるけど Android は一部機種しかダメらしい。指紋認証センサーとの相性があるってことでしょうね。私は iPhone7plus だから大丈夫。

個々に指紋パターンが違うとのことですが、実際に試してみても別々の指紋として認識されました。

スマホ非対応タイプを買って、手持ちのチャリ用グローブの中では最も難易度高そうな以下の2つのグローブで使ってみました。

イントロ ステルス3D。中綿ダウンのミトン、僕の真冬の主力機。
IMG_4158.JPG
スマホ対応をうたっているけど、実はほとんど使い物にはなりません。
IMG_4159.JPG
写真の赤枠の部分に貼りつけてみました。粘着力や収縮性はチャリ走行にも耐えそう。

結果:すごい、コレ。認証はほぼ一発で通せるし、操作性もかなり良くなった。操作もタップやスワイプくらいなら問題ない。文字入力は流石にキツいけど、出来の悪いスマホ対応グローブよりずっと良い。

次にパールイズミ プレミアム ウィンドブレーク グローブ。スマホ対応ではありません。
IMG_4188.JPGIMG_4191.PNG
こいつもバッチリ、スマホ対応化も出来ました。指先の形状がステルス3Dより悪いのでちょっと使いづらいですが十分使い物になります。

問題は結構ご立派なこのお値段と耐久性がいかほどかってことだけど、1シーズンで一枚潰したとしても 500円。スマホ対応グローブなんてすぐに効かなくなるやつ多いですからね、僕はコスパ的にも有りだと思う。

もう一つの問題は iPhone には5つしか指紋が登録できないこと。
25983021-2480-4490-8461-E7E8EA98ED58.jpeg
僕は普段から親指でしか認証しないので、余り3つの枠を手袋用に活かせますが、既に4つ使ってる方なんかは辛いでしょうね。

問題点はありますし、耐久性はまだ未知数ですが、指紋認証のスムーズさと操作性の良さは結構感激ものですよ。お勧めします!!!

ちなみに現時点で Amazon に出ているのは価格も送料も高く、取り扱っているリアル店舗もかなり限られそう。東急ハンズ新宿に在庫していると聞いて行きましたが、「擬似指紋探してます」って聞いたらスゲー怪訝な顔されて何度もタライ回しにされて(笑)、やっと 2F の自転車用具売り場脇の手袋コーナーで発見しました。

※チャリ走行中の使用は危険なので止めましょう。
posted by モッパー at 07:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア

2017年10月07日

良心的価格のウェア : FF-Cycle さんお勧めしますよ !

こちらの記事に書いた走行会は FF-Cycle さんって言う千葉のサイクルショップの店長さんが主催だったんですよ。
店長さんとっても感じのいい方だったし、ブログに書かかれている記事もユーザー目線で信頼出来る内容なので、ちょっと調べて見ると、楽天で通販のお店を開きつつ実店舗でのバイクメンテ等のサービスもされているらしい。

注目すべきはウェア類が実に良心的価格であることと、お知り合いの評価を聞いても品質にも問題がなさそうなこと。

僕はロードに乗り始めた当初は Amazon の安物ばかり買ってましたが、やっぱりダメなんですよね。耐久性が低くて1シーズンでダメになるし、サイズやフィット感もマチマチなんで失敗ばかり。

その後は有名メーカー物を店舗で試着してからネットで安いところ見つけるか、バーゲン品を購入するかしてきました。

FF-Cycle さんは Amazon 安物と有名メーカー物の中間くらいの雰囲気で、超ドケチの僕にはよくフィットしそう。

でもやっぱり試着してみないと不安ということで、今日実店舗をお訪ねしてみました。
※走行会や他のお客様の予定入ってたりするので、事前に連絡してから行ったほうが良いようです。

ご自宅の敷地の一角にこじんまりとした作業スペースが。
IMG_3482.JPG
スペース的には狭いですが、パーツ類の整理の仕方とかとっても参考になった。
IMG_3483.JPG
ご先客のメンテ作業を見学させてもらいましたが、なんか店長さんと一対一で会話しながら自分のバイクを仕上げて貰える感覚がとっても良い感じ。

僕的には、気になってたグローブとロングタイツの試着をさせて貰えて大満足。これで安心して通販で買える。

基本的に来るもの拒まずのスタンスのようなので、また走行会にも参加させて頂こうと思います !!!
タグ:FF-Cycle
posted by モッパー at 18:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。