2021年07月23日

Garmin Edge でのナビにお勧めのプラグイン : MapDashboard

昨日のライドは久しぶりに Garmin Edge 530 のナビを使ってみた。やっぱりなかなか優秀。ファームの改善のせいか以前よりミスリードが減っている。唯一不満だった、ナビ画面にデータ表示項目が少ないことを改善する MapDashboard というプラグインを見つけたのでインストール。6項目まで表示データを増やせる。

僕の老眼じゃキツイかなと思ったけど日中ならなんとか。
AC7472F3-729A-4FE2-8DD1-81EC061FF443.jpeg

ちなみにこのプラグイン、インストールが滅茶苦茶面倒。ConnectIQ なんだけどアプリじゃなくてデータフィールドなので、かなり回りくどい。以下、手順を書いておきます。

まずはスマホの Garmin Connect で MapDashboard を検索。
2B0C02ED-7086-42E7-A4C2-153A648EBFAB.jpeg

MapDashboard が 6 項目、MapDashboard 4 が 4項目。

次に以下の画面で表示したい項目の設定を。
AD3F5EA7-0A1F-4E09-A536-DC699D7FBF9C.jpeg4D494F9C-3AC7-4C91-8CD5-F096666A6C49.jpeg

ここまでやれば Garmin Connect と Garmin 本体を同期。

ここからは Garmin 本体の設定。
F5D659CB-6DBD-420F-A997-62B1B5A87089.jpeg
トレーニングページの設定で
6548EF98-80CF-467D-A97C-EAD0AB9F0DA3.jpeg
地図を選んで
566F92F5-F00C-4E99-849F-ADFA14318AAE.jpeg
1項目を設定。僕は MapDashboard を設定済みなんで、画面下部にすでに6項目出てますが、最初の方は出てないはず。
578BB5D0-638F-481D-ABB5-D27B767514D1.jpeg
項目1を選んで
0BFB835A-9DAA-408F-94BD-95CD2DCA29F2.jpeg
ConnectIQ を選んで
9E109587-E105-488A-B20A-09751C325666.jpeg
MapDashboard を選びます。

2021年06月15日

人柱報告 : TREK Duotrap S の取り外しと蓋(カバー)について

これまたニッチなニーズだろうとは思うんですが...

TREK さんはやたら独自機構が多いわけですが、スピード/ケイデンスセンサーをチェーンステーに仕込む、「Duotrap S」なる仕組みもその一つ。
B1868D1F-55C3-4C61-8E5A-1AA66A7F6089.jpeg
最近の加速度センサーを使ったものと違い、マグネットで検出するタイプなので今となってはあまりメリットを感じないです。
チェーンスティの内側に飛び出してるのもちょっと嫌だし、スポークやらクランクにつけたマグネットの位置ズレでセンシングが止まったりとかのトラブルは多くの方が経験しているはず。
1F5D2B2A-1DBF-44D2-9937-18382E7FC730.jpegDC43D215-B004-4265-8919-9A6698F821CA.jpeg

僕は 4iiii のパワーメーター使っているので、ケィデンスはこのパワーメーターでも取れるんですよ。
260DFAD1-7CA4-430B-A41F-09602575B8E5.jpeg
そしたらホイールハブにつけて加速度でセンシングするタイプのスピードセンサーをつけたほうがずっとスマート。ということでメジャーメーカー品では無いけど心拍センサーが優秀だった CooSpo のやつを購入してみました。
D39FA6A8-4508-4077-AB29-9993B53520A5.jpeg
Garmin のやつなんかに比べるとゴムカバーが無かったり不安なところはありますが、今の所問題なく動いてます。

これで Duotrap S とマグネットを外してすっきりできるわいと思ってから気づいたのが、Duotrap S センサーを外すとチェーンステーにぽっかりと穴が空くわけです。蓋(カバー)をしないと話にならない。純正の蓋なんてあるんかいなと思って探したらありました。
Bontrager Carbon Road Frame DuoTrap S Cover。カーボンフレームとアルミフレームで違うものになるので注意。お値段はこんな程度なら許せるかなと。
B8BD2693-F4A8-4305-A8F3-130164FDC55F.jpeg
蓋をつける前に写真を撮れば良かったんですが、赤丸と青丸の部分にフレームにボルト用の穴が空いているので、プラテープで塞いでおきました。妙なセンサーがついているよりこのほうがスッキリしていいですわ。

2021年05月11日

Strava ヒートマップが 3D 表示出来るようになってる !

結構前からみたいなんで知ってる方も多いのかも知れないけど、Strava でヒートマップの 3D 表示出来るようになってますね。
2DA30590-0916-4121-AFFE-1EEEC2E6DB94.jpeg
白石峠は熱くたぎる血潮のよう(笑)。スマホアプリでは無理で PC web 版のみ、青枠のところの設定必要みたい(クリックすると大きく表示出来ます)。恐らく Premium 契約じゃないとダメなんだろうと思います。

2020年12月29日

VO2MAX は素晴らしい値なのにタイムには反映されない地獄

VO2MAXがまた一つ上がって65になった。年齢からするとかなりの値らしい。PWR 4 付近もそう。PWR からするとヒルクラ偏差値 65 くらいいけるらしいけど、実際のタイムは偏差値 55 くらい。やっぱり僕はリミッターが低すぎるんだろう。追い込める年齢の間にもっと追い込まないと。
6F91E95C-68FD-420A-825A-CF55410F3757.jpeg
タグ:VO2Max

2020年11月20日

CTLは過去最高レベルだけど、もうこれ以上は無理 !!!

今年のチャリ活は量より質をモットーにして頑張って来たけど、結果的に両方がイケてる。
無題.png
体感的にも峠のタイムでもそれは感じる。質的にはチーム練、量的には朝サイの影響が大きいかも。

ちなみに TSS は Garmin 先生で算出してるけど、CTLは Google Sheets で自前で計算してる。Garmin connect とか Strava
の提示する Fitness値みたいなのはなんか信用ならなくて。

CTLはウソつかないって本当そう。僕の場合、65 くらいまで行くと確実に調子が良くなる。トップアマはレースまでに CTL100 やるそうだけど、これ以上伸ばすのは生活や家庭が壊れそうで無理!!!
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。