2022年01月23日

地雷報告 : 腕時計タイプの心拍センサー Coospo HW706 のレビュー その二

こちらの記事で書いた腕時計タイプの心拍センサー(Coospo HW706) は完璧に地雷だと分かりました。
手首に装着してみたけど140bpm以上上がらないし、白石峠登ってる最中なんて滅茶苦茶な値出てた。手首じゃダメかと思って上腕につけてみたけど、手首よりは安定するものの、160bpm以上は計測されないし、それより高い心拍になると110bpmなんて変な値になる。何より上腕は乳バンドより装着が面倒だしかぶれることもありそう。このタイプのセンサーの沼なんてまっぴらごめんなので、素直にワセリンかなんか塗ってかぶれ対策をしてこちらの記事に書いた乳バンドを使い続けることにします。


2022年01月17日

人柱報告 : 腕時計タイプの心拍センサー Coospo HW706 のレビュー

乳バンドタイプの心拍センサーを使ってきましたが、今年は乳バンドのところがかぶれて困ってます(走り過ぎなだけやろというツッコミはなしでお願いします、笑)。
2440F6BD-8F68-45DF-85F7-09C67AE22637.jpeg

なので腕時計タイプの心拍センサーを購入してみました。Coospo の HW706 ってやつです。XOSS も恐らく全く同じものなので迷いましたが、乳バンドやスピードセンサーも Coospo で特に不満なく動いているので、Coospo にしました。

7DD1F909-6BDD-40A9-BD7B-C22E7AAA3060.jpeg
マニュアルには腕の上部につけろと書かれてますが、手首でも動作します。
31947A80-D6B2-4AF7-9B2D-9268CAD15DD2.jpeg
1cm くらい離してもセンシングしているので、緩くつけても大丈夫そう。

こちらの記事に書いた Fitbit Inspire2 の値と比べてみましたがほぼ同一。
Fitbit は実際の値が反映されるのに10秒くらいかかるのですが、HW706のほうがレスポンスが良くて良い感じです。

問題は付属のバンドが上腕の太さを基準にしていて長すぎること。
5101293C-F3DF-411E-822C-975D68DD0DD9.jpeg
上腕だと着脱が面倒なので手首にしたいので、ダイソーで買ったマジックテープでつけることにしました。
76CE5214-7ABC-4F4F-AD90-C8478A14A23F.jpeg
これはこれでかぶれそうなのでシリコン性の時計バンドとかにしたいのですが、良いやつが見つかりません。

ちなみに人体ならどこでもOKなようで、足首やらお腹やら背中やら顔やらに当ててみましたがちゃんとセンシングします。(いや、書けないようなとこは試してませんよ、私は上品ですから、笑)

恐らくコイン電池じゃ補いきれない電力を使うようで、磁石でくっつく専用アダプタで充電が必要。
D02C5CDD-A9F9-4FFA-8A9D-EBF29B2F06C9.png

3日ほど常時装着してみましたがちゃんと動いてそうだし、バッテリーは定格20時間だけど24時間までは大丈夫なことは確認出来ました。あと、充電がめっちゃ速いんですよね。15分かかってない感じでこれだと充電は負担にはならなさそう。

残るのは防水性とか精度ですが、長期間使わないと分からないので別途長期レビューします。

2022.01.23 追記
こちらの記事に書きましたが、完璧に地雷だったと分かりました。

2022年01月13日

mainTrack : Strava と連携してパーツ等のメンテナンス時期を管理できるスグレモノ

mainTrack というアプリを入れてみました。
5C604BFB-93BE-413F-84E7-45F8F3C573D2.jpeg
Strava と連携して色々なパーツのメンテナンス時期を管理できる優れものなんですが、最初の設定が超大変。まずはチャリの構成情報を定義しなきゃなんですよ。
20BFB9FD-67F5-4FD5-9295-01A0DE580C69.jpeg
メンテナンスヲタクを自認する僕でもEXCELで管理してる現状のほうが良いかなぁ。

2021年09月18日

Fitbit inspire2 長期使用レビュー

こちらの記事で Fitbit inspire2 を購入したことを書きましたが、2週間ほど使ったので長期使用レビューです。
買ってすぐはオモチャだと感じ失敗したと思ったけど、そんなことないです。

時計というよりほとんどシリコンリストバンドなので、腕時計が大嫌いな僕でも気にならない。
FF925C85-7BC7-4CB6-9C98-29A10D53BFBE.jpeg
蒸れないようにゆるゆるな状態でつけているけど心拍はちゃんと拾っている。
CB5AE117-AB2E-49B0-87A6-1413A2EB9024.jpeg
表示盤が小さくて暗く、タッチパネルの反応が悪いので時計やユーザーインターフェースとしては使い物にならず、単にセンサーだと割り切る必要がある。

優秀で便利だと思ったのは何もしなくても、睡眠中・ウォーク・スイム・サイクリングといったアクティビティの状況を自動的に判別してくれること。結構不思議なくらい正確に判別してる。
3143C1EB-8EFA-4E1A-9DD7-A6C70BD1B1DE.jpeg2B7BB284-3FE4-4D53-9272-A55B4E8F8E8F.jpegCAAADAF9-E569-4AF4-B10E-7DB78856197A.jpeg91A70553-71AC-4360-AA9A-B5087568ADCE.jpeg7AE5D4CC-76C8-4FBB-89E5-BDCE3E63FFE5.jpegB45224C8-D4E2-4D83-86AF-7DD4DCBA4BB9.jpeg
睡眠の開始時間だけはかなり不正解だけど。タニタの体重計との連携も出来る。

各アクテビティの活動量は歩数とカロリーに換算されていて、かなり実感に違い。

Strava や Apple ヘルスケアとの連携は期待しない方が良い。あくまで Fitbit アプリ内でクローズすることが前提。心拍センサーとして Garmin Edge とペアリングは出来ないので、乳バンドの代わりにもならない。

結論として何も気にせず単にヘルスメーターとして使うならこれは有りだな。でもお医者さんでもトレーナーでもない僕がこのデータで何を分かって何を自分に指導できるかなんて絶対無理、その壁は大きいと思う。

2021年08月02日

悲報 : Garmin Edge 530 のボタンが戻らなくなる不具合、またまた発生。830を買ったので比較レビュー。

こちらの記事に書いた、Garmin Edge (ガーミン エッジ) 530 のボタンが戻らなくなる不具合がまたまた発生。同じ不具合が 3 個体目。必ずボタンの上側が戻らなくなるので、今回は必ずボタンの下側を押すようにしてたのに…もう諦めた、無償修理依頼はしてみるけど、中継ぎも必要だし 830 買うしかないという結論に(涙)。

僕の場合、機能的には 530 には満足していて 830との違いは操作がボタンなのかタッチパネルなのかしかないとの認識。ナビや地図はスマホを使うことが多くてサイコンにそれらの機能はあまり期待してなかったし。だったら操作が確実なボタンでしかも安い 530 だよなーって。820 からタッチパネルが感圧式から静電式に変わったらしいので、冬グローブで反応しないかもって不安もあって800 シリーズはずっと敬遠してたんですよ。

ポチッた 830 が届いたので早速レビュー。

実際こんなモコモコのミトンで使ってみたけど、タッチパネルはそれなりにではあるけど動作。
57C1CEAC-E850-439B-8BA4-39B3AFB5B2C0.jpeg
静電式で反応するわけないので、感圧式とのハイブリッド?

夏グローブでの操作性は 530よりずっと良いし、ミトングローブの操作性も総じて 530 より良い。ミトンでマップのピンチインピンチアウトは無理だけど、そのあたりもよく考えられていて、縮尺を+−するボタンが画面にあるので大丈夫。
E8F6A601-29CA-454C-9F84-3E5B72C0BEE0.jpeg

冬グローブだと全く役に立たないスマホの地図よりずっと使い物になりそう。
なんだこれなら最初から830にしとけば良かった…

ついでに僕の画面設定をアップしておきますね。

ライド常用。
589270B4-EF15-41FA-A078-D0C6B9267BBF.jpeg

ヒルクライムTT用。
BBB2B78B-E64B-4DC0-AB81-4FB22CF4D762.jpeg

ペダルスムースとペダリング効率確認用。
E7D29E46-4E59-4833-AC4D-9B474EA7A429.jpeg

その他サマリー等@。
09C5544E-4F10-45A8-9F8A-00614C0A8D69.jpeg

その他サマリー等A。
48800D1E-13FD-49FE-A905-D6A479770EA5.jpeg

あとは上記のマップ/ナビ画面。こちらの記事に書いた MapDashboardで6項目のデータフィールドが表示出来るようにカスタマイズしてます。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。