2020年09月24日

トルク効率の分析

こちらの記事に書いたトルク効率のことでさらなる分析です。

パワーメーターをつけてトルク効率(簡単に言うと引き足側がどれだけ踏み脚側の邪魔をしてないか)とペダルスムースネス(色々調べてみたけどよう分からん)がとれるようになり、それなりの母数のデータ収集が出来たので、他のパラメータとの相関を取ってみた。

4EF2E1CC-8AC4-4EF8-8FFD-37BD87D54261.jpeg
↑クリックして大きくして見てください。

結果は平均ワット数とIF(ライドの強度をパワーから算出した係数)とに強い相関が見られる。(背景黄色)
効率が良いので強度が上がっているというより、強度が高いと自然に効率が良いペダリングが出来ているのほうが体感としては正しい。最近では最も強度の高かった赤城ライドはトルク効率77%(背景水色)。
トルク効率はなかなかネットでは指標が見つからず、新城幸也が76%とかプロ選手は常時80%超えるとか。ただし、77%は悪い値ではないのは間違いなさそうだし、強度の高いライドが効率の良いペダリングの練習に役立っているのは間違いなさそう。

2020年08月30日

心拍センサーってよく壊れますよね。

心拍センサーってよく壊れますよね。CATEYE の心拍センサー HR-11 もタイマー効いてた。
徐々に通信できなくなり10ヶ月で死亡。CATEYEの電気電子ものはこういうのが多い。無償保証期間内に死ぬのが良心的というかなんというか。

中継ぎでちょっと怪しいメーカーのやつを購入。CooSpo 808S。
赤丸のとこのLEDと音で通信状態を知らせてくれるそうだけど、音はともかく乳バンドでLED光っても分かるわけないよ。
IMG_E9984.JPG

センサーの感度も値の更新サイクルもCATEYEより良い感じ。今のところ快調に動いてます。

ところで、Garmin Edge もそうだけど、最近こんな中継ぎ購入ばっか(涙)。

2020年08月26日

Garmin(ガーミン) Edge(エッジ) 130 plus レビュー

こちらの記事に書いた Garmin Edge 530 のボタンの不具合の件ですが、
修理交換中の中継ぎのため Edge 130 plus のセンサーとのセットを購入しました。

良い機会なので530との比較としてのレビューを書いておきます。尚、私が使っている機能のみに関する偏ったレビューとなっていることをご了承下さい。

[130 plus が530と比べて絶対許せない点]
  • 僕はなるべく多くの項目を一画面に表示したい派のですが、530の最大10項目の表示と比べても 130 plus の最大8項目表示は文字が小さすぎて僕の老眼には辛い。
    IMG_9945.JPG
  • バッテリー持続時間が530の20hに比べて 130 plus は13h。ロングライド派の僕にとっては致命的。
  • 温度表示が出来ない。簡単なことだろうになんで出来ないんだろ。

[530では出来て130 plusでは出来ないけど許せる点]
  • マップの表示が出来ない。僕はスマホで見るから良し。
  • パワー関連の統計量が貧弱。僕がヒルクライムでリアルタイム指標にしてる過去10秒の平均がなく3秒しかないとか、TSSとかIFが算出されないとか、トルク効率やペダルスムースネスが取れないとか。

[530に比べて130 plus の良い点]
  • なんと言っても軽い️。
    IMG_9947.JPGIMG_9948.JPG
    530と比べると44gも軽い。ただし、老眼での視認性と44gの差を比べると僕は530になるんですが(笑)。
  • バックライトなしだと130 plusのほうがずっとコントラストが高くて視認性が高い。
  • USB ポートが 530 は手前にありモロにヒルクライムで汗が落ちる場所。130 plusは裏面にありこちらのほうが良い。
    IMG_9946.JPG
    給電しながら走るブルベな方に言わせると530の場所のほうが良いそうなのでどっちもどっちかも。

総じて言うと、老眼進んで無くて、パワーセンサー使ってなくて、マップも無くて良い方なら、これで充分だと思いますよ。

あと、センサー付きにした理由は DEFY3 君についているこの不格好なマグネット式のスピード・ケイデンスセンサーをどうにかしたかったから。
IMG_9949.JPG
最近の加速度センサーを使ったやつに出来てすっきりして嬉しい。
IMG_9950.JPGIMG_9951.JPG

2020.9.12 追記
130 Plus ですが、だんだん愛着がでてきました。なにより小さくて軽くて可愛い。スマホとのペアリングやセンサーの検出は530よりスムーズ。画面のコントラストも530より大きて見やすい。530 のマップ機能なんて結局ほとんど使わないし、13h というバッテリー持続時間さえ問題なければ、130 Plus で充分じゃないかという気がしてきた。ボタンの材質は530と違ったものになっていて、やっぱり Garmin も反省したんだなと(泣)。ボタンの配置も530より直感的に分かりやすい気がする。 530が帰ってきたので手放しますが、ドナドナな気分です。

2020年08月23日

Garmin(ガーミン) Edge(エッジ) 530 のボタンの不具合 again

こちらの記事に書いたGarmin(ガーミン) Edge(エッジ) 530 のボタンの不具合ですが、修理交換頂いた個体でもまた再発しちゃいました。交換前の個体では購入後すぐに違和感がありましたが、今回は 2019 年 11 月に修理交換頂いた後 10 ケ月経ってからの発生。
F43F64F1-7A41-4096-8EAD-FF7C8585ED50.pngCE37643C-6CA0-4981-9396-130A5B94E238.png
特に赤丸の部分で顕著。段々とボタンのクリック感が無くなり、最終的にはボタンを押し込むと戻らなくなります。海外サイトの口コミで初期ロットで同様の不具合が報告されていますが、国内のサイトではほぼ皆無。Facebook の某グループでも聞いてみたけど反応なし。なんで僕だけこうなるんだろ。僕のボタンの押し方が悪いのかと結構凹んでます。

購入時点からの無償保証期間は終わっているので、ガーミンに相談したけど、無償対応頂けるとのこと。でも、コロナの影響で対応に時間がかかるようなので、Garmin Edge 130 plus を中継ぎで手配。
130 plus もバッテリーの持続時間以外は良さそうで使ってみたかったんでまぁいいかと。

2020年06月14日

今日も Zwift でミートアップに参加 - スマトレの「勾配シミュレーション」には注意ですぞ

今日もお知り合いにお誘い頂いた Zwift のミートアップに参加。

この記事に書いたように昨日同じコース(Triple Loops)をソロで走ったので、ミートアップとの違いがよく分かった。

僕より強い方ばっかりなのでどうしてもビリッケツになるんだけど、平坦はそこそこついていける。
5294A73F-FB2C-4A6A-A5BC-6A91D6A1D609.jpeg

問題は7%以上の勾配。僕のスマトレ(Fliiiight)は7%以上の勾配は再現できなくてシミュレーションになる。ところがこの「シミュレーション」が曲者、負荷は変えずに単にスピードを落としてるだけっぽい。なので7%以上になると同じパワーで走っていてもどんどん引き離される。実走と感覚が全く違うので最適なギアを見つけるのが難しく、変速を繰り返してそれもロスになる。7%以下になると開いた距離を取り戻すために頑張って消耗。ヒルクライムではそれの繰り返しでどんどん脚が削られる。

ソロとタイムは10%変わらないくらいだけど、肉体的な疲労の差はもっと大きい。
0736C672-6477-495E-A709-0773AA42A5A3.jpeg
でも、どうしても手を抜いてしまうソロに比べるとミートアップはトレーニングにはなってそうだからまた参加したいな。

あと、これからスマトレ買う方はそのスマトレの「勾配シミュレーション」がどのようなものかについて注意したほうが良いですよ!!!
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。