2022年07月01日

Strava 連携アプリ StatsHunters : あまり知られてないのかもだけど凄い高機能

StatsHunters。Strava 連携webアプリなんだけど、これは凄い️ !!! 国内のレビュー記事はほとんどないみたいなので、あまり知られてないのかも。

他のこの手のアプリに比べて格段に機能が多い。
1500B9C1-F025-4C16-8596-AAD7037F3378.jpeg21BD3F42-26BD-43F6-A14E-3D804A4EDF7D.jpeg97830CD6-1535-491C-9834-6EDF8FEFEF09.jpegE9F16D5D-17E0-41D3-932C-CB79360B86B8.jpeg9F5F2F56-E123-4B3E-907F-D6421929EBA2.jpeg58C2EFD2-C654-4BD8-94AD-985FB76CC17A.jpeg
多すぎて使いこなすのが大変そう。

あとアクティビティの読み込みに時間がかかって嫌になるアプリが多いけど、こいつはやたらと高速。僕はアクティビティが1009あるんだけど10秒かからない。Stravaさんに負荷かけすぎて禁止されないかと心配になっちゃう。

お勧めしまっす !!!

2022年05月27日

Garmin のスピードセンサーがお亡くなりに

DEFY3 につけていた Garmin のスピードセンサーがお亡くなりに。
接続が切れたり繋がったりでサイコンがビービー鳴ってうるさくてしょうがない。

EMONDA は CooSpoというやつをつけているけど、中華なのにこちらのほうが信頼出来そうなのでもう一個手配。

ちなみに心拍センサーも CooSpo だけど問題なく動いている。

もはや中華のほうが安くてしかも信頼性が高い時代がきたのか?

2022年01月23日

地雷報告 : 腕時計タイプの心拍センサー Coospo HW706 のレビュー その二

こちらの記事で書いた腕時計タイプの心拍センサー(Coospo HW706) は完璧に地雷だと分かりました。
手首に装着してみたけど140bpm以上上がらないし、白石峠登ってる最中なんて滅茶苦茶な値出てた。手首じゃダメかと思って上腕につけてみたけど、手首よりは安定するものの、160bpm以上は計測されないし、それより高い心拍になると110bpmなんて変な値になる。何より上腕は乳バンドより装着が面倒だしかぶれることもありそう。このタイプのセンサーの沼なんてまっぴらごめんなので、素直にワセリンかなんか塗ってかぶれ対策をしてこちらの記事に書いた乳バンドを使い続けることにします。


2022年01月17日

人柱報告 : 腕時計タイプの心拍センサー Coospo HW706 のレビュー

乳バンドタイプの心拍センサーを使ってきましたが、今年は乳バンドのところがかぶれて困ってます(走り過ぎなだけやろというツッコミはなしでお願いします、笑)。
2440F6BD-8F68-45DF-85F7-09C67AE22637.jpeg

なので腕時計タイプの心拍センサーを購入してみました。Coospo の HW706 ってやつです。XOSS も恐らく全く同じものなので迷いましたが、乳バンドやスピードセンサーも Coospo で特に不満なく動いているので、Coospo にしました。

7DD1F909-6BDD-40A9-BD7B-C22E7AAA3060.jpeg
マニュアルには腕の上部につけろと書かれてますが、手首でも動作します。
31947A80-D6B2-4AF7-9B2D-9268CAD15DD2.jpeg
1cm くらい離してもセンシングしているので、緩くつけても大丈夫そう。

こちらの記事に書いた Fitbit Inspire2 の値と比べてみましたがほぼ同一。
Fitbit は実際の値が反映されるのに10秒くらいかかるのですが、HW706のほうがレスポンスが良くて良い感じです。

問題は付属のバンドが上腕の太さを基準にしていて長すぎること。
5101293C-F3DF-411E-822C-975D68DD0DD9.jpeg
上腕だと着脱が面倒なので手首にしたいので、ダイソーで買ったマジックテープでつけることにしました。
76CE5214-7ABC-4F4F-AD90-C8478A14A23F.jpeg
これはこれでかぶれそうなのでシリコン性の時計バンドとかにしたいのですが、良いやつが見つかりません。

ちなみに人体ならどこでもOKなようで、足首やらお腹やら背中やら顔やらに当ててみましたがちゃんとセンシングします。(いや、書けないようなとこは試してませんよ、私は上品ですから、笑)

恐らくコイン電池じゃ補いきれない電力を使うようで、磁石でくっつく専用アダプタで充電が必要。
D02C5CDD-A9F9-4FFA-8A9D-EBF29B2F06C9.png

3日ほど常時装着してみましたがちゃんと動いてそうだし、バッテリーは定格20時間だけど24時間までは大丈夫なことは確認出来ました。あと、充電がめっちゃ速いんですよね。15分かかってない感じでこれだと充電は負担にはならなさそう。

残るのは防水性とか精度ですが、長期間使わないと分からないので別途長期レビューします。

2022.01.23 追記
こちらの記事に書きましたが、完璧に地雷だったと分かりました。

2022年01月13日

mainTrack : Strava と連携してパーツ等のメンテナンス時期を管理できるスグレモノ

mainTrack というアプリを入れてみました。
5C604BFB-93BE-413F-84E7-45F8F3C573D2.jpeg
Strava と連携して色々なパーツのメンテナンス時期を管理できる優れものなんですが、最初の設定が超大変。まずはチャリの構成情報を定義しなきゃなんですよ。
20BFB9FD-67F5-4FD5-9295-01A0DE580C69.jpeg
メンテナンスヲタクを自認する僕でもEXCELで管理してる現状のほうが良いかなぁ。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。