2020年08月24日

ロードバイクの持ち物(携行品)のまとめ

2020.8.24 更新
ロードバイク乗りになって約8年が過ぎ、持ち物についても定番が定まってきたので、私が常時携行している持ち物についてまとめておきます。

携行品として関連する記事としては以下を参照して下さい。
・ こちらの記事にジャージの背中ポケットの持ち物について書いてあります。
・ ボトル関連はこちらのカテゴリーを見て下さい。
・ 夜間走行があり得る時にはこちらのカテゴリーに書かれているライトを加えます。私は走行中の装着が面倒なので最初からロードバイクにマウントしてしまうことが多いですね。

最初はサドルバッグを使ってましたが、普段はサドルバックは使わなくなり、こちらの記事のように3ボトル搭載にして常備物はツール缶(ツールボトル)でダウンチューブ下に吊り下げるようにしています。ツールボトルの着脱が楽なこと・サドル周りがすっきりしてダンシングしやすくなること・重心を低く出来ることがその理由です。

プラスティックのツールボトル(ツール缶)の代替としてツールボックスと呼ばれるソフトケースもありますし、私も一時期使いました。

確かに収納性も良く容量的にも柔軟で便利なんですが、耐候性や耐久性の面で不利。結局はプラスティック製のツールボトルに戻りました。


以下、私がツール缶(ツールボトル)で携行している持ち物です。
IMG_E9932.JPG
  1. ディレイラーハンガー
  2. 予備チューブ
  3. 瞬間接着剤
  4. タイヤブーストとチューブパッチキット
  5. 工具
  6. CO2インフレーター
  7. エアポンプ
  8. 使い捨て手袋
  9. タイヤレバー
  10. ワイヤー鍵
  11. USB ケーブル

1.ディレーラーハンガー

曲がると重大な事故に繋がりやすく、折れると走行不能になる、おまけに普通のお店にはまず在庫がないパーツ。一度も壊れたことありませんが常備しています。DEFY3 と EMONDA SL の 2台分。こちらの記事に書きましたが、実際にハンガーの破断をやってしまい携行品が大いに役に立った経験もあります。
IMG_9921.JPG

2.予備チューブ
IMG_9922.JPG
言わずと知れた携行品ですね。劣化や傷を防ぐためジップロックに入れるようにしています。

3.瞬間接着剤
IMG_9923.JPG
何かと役に立ちます。

4.タイヤブーストとチューブパッチキット
IMG_9924.JPG
タイヤとチューブの補修用ですが、ほとんどパンクしない私には出番は少ないです。

5.工具 
IMG_9925.JPG
多くの種類が売られているコンパクトツール(マルチツール))は僕の経験上役に立たないことが多いので普通の工具を組み合わせて携行しています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

6.CO2インフレーター
IMG_9926.JPG
最初はインフレーター2本で運用していたのですが、インフレーター1本とエアーポンプのほうが安心出来るので、そうしました。インフレーターヘッドは QBICLE の AIRKEY がお勧めです。


7.エアポンプ
IMG_9927.JPG
恐らく軽量ポンプとして最も高圧が楽に入れられると評価が高いLANDCASTのやつをエクステンションチューブつきで使ってます。詳しくはこちらの記事を参照して下さい。

8.使い捨て手袋
IMG_9928.JPG
カミサンがキッチン掃除に使っている薄手ビニール手袋。これ、お勧めです。耐久性は低いので使い捨てですが、数で稼いでも勿体無くないほど単価が安く、かつ恐ろしく軽量です。普段のメンテでも多用しています。軍手より素肌感覚に近くて作業効率も高いです。

9.タイヤレバー
IMG_9929.JPG
シュワルベもの3本です。握力がない僕にも適したもの。詳細はこちらの記事をご覧下さい。

10.ワイヤー錠
IMG_9930.JPG
長時間駐輪したり都会に行く時はこれじゃ不安なのでもっと頑丈なやつを加えます。

11.USB ケーブル
IMG_9931.JPG
ライトやサイコンの充電用。ミニとマイクロの短いもの2本です。

でもって、実測。
IMG_9919.JPG
ツール缶自体を含んで666g。縁起悪い数字ですね(年齢がバレる、笑)。重すぎますね。本当はもっと軽くしたいのですが、私は単独行が多く何が起こっても自分で解決するしかないので必要最小限だと考えています。走行中に使ったことが無いものもあるんですがリスクを考えると外せないものばかりです。
posted by モッパー at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2020年07月01日

足攣りにはツムラの68番 !!! だそうです

今まで足攣り対策には MAG-ON を使用してきました。
結構お高いけどよく効くし、もともと足攣りしにくい体質なので滅多に使わないので満足はしてたんです。

ところが知り合いにツムラの68番って薬のほうが MAG-ON より効くよと言われて調べてみました。
おまけにこれはお医者さんで保険適用で処方して貰えるとのこと。

昨日はこちらの記事に書いた足裏のイボを治してもらいに皮膚科へ。「イボが出来る時は体が弱ってるのか脚が攣って困ってるんですよねー」って試しに相談してみたらツムラ68番処方してもらえました。
6C8B22A9-C068-4CB5-8980-2D8B92C1DDED.jpeg
21袋で\570ってMAG-ONの1/10️ !!!
まだ使ってないので効果の程は分かりませんが、追々レポートします。
posted by モッパー at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2020年05月14日

コロナ禍は物欲の季節その2 : ACOR(エイカー) ミニフロアポンプAS3

ACOR(エイカー) ミニフロアポンプAS3の新品同様の中古を破格値で入手出来たのでレビューです。

コンセプトとしては、「ロードバイクのボトルケージにマウント出来るサイズ内で最もフロアポンプに近い性能と使用感を目指したポンプ」かな ? そうだとするとそれは大成功していると言って良いと思います。

まずはサイズ感。ちなみに僕は身長160cmで、フレームサイズもホリゾンタル換算トップチューブ長515mmと一般的には最も小さな部類のフレーム。
5CF66464-3722-4505-A130-C43F5A61446F.jpeg
シートチューブへのマウントはクランクやフロントディレイラーと干渉して無理があり、ダウンチューブ左側は左クランクのパワーメーターと干渉。ダウンチューブ右側ならギリギリOKって感じ。でも、これより小さいフレームだと無理かも。

踏み台とエアゲージがパカッと出てくるのはギミック好きの心を揺さぶりますね。
3D477443-A16B-40D1-B46F-92149AF7D5A1.jpeg
エアゲージが小さすぎて 0.5 bar 単位くらいの精度云々を言えるものではないけど、用途的にそれが問題になるものではなく、エアゲージがついているだけ良いよねってレベル。

バルブヘッドはねじ込み式なので癖はあるけど、精度が高いようでしっかり取り付けられるし、着脱時の空気抜けも少ない。
1206930C-B500-467F-84D1-984A9E29C55B.jpeg

二段式なので一回分の空気量が多く、女子並みの筋力の僕でも 6bar までは苦労せず入れられた。もちろん、本当のフロアポンプと比べたらきついですよ。でもボトルケージに積載出来るポンプとしては最強のものの一つじゃないだろうか ?
4C7326D9-D923-4DAC-AD7E-F5D21EC40864.jpeg

実測重量。
39AD6C49-7554-403F-918E-4F5F4AC46951.jpeg
229g かぁ、結構重い。低体重でほとんどパンクしない僕はソロライドでは持って行かないと思う。グループライドで誰か一人が持っていれば安心って感じかな。
ソロのロングライドならば、僕はこちらの記事に書いたLANDCASTの携帯ポンプとCO2インフレータの組み合わせを選びますね。
posted by モッパー at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2020年05月04日

映画「栄光のマイヨジョーヌ」のレビュー

栄光のマイヨジョーヌ」、コロナのため苦渋のオンライン配信が開始されている。Amazon Prime Video で借りてみた(48h \1100)。
決してメジャーとは言えないオーストラリアのチーム、グリーンエッジの格闘を記録したドキュメンタリー。
かなり良く出来ていて、スポーツ観戦嫌いな僕でもグングン引くこまれる。
C9636790-6292-4AF3-9069-20E28713FB0B.jpeg
特にチャベルのぶっちぎりヒルクライムや、ヘイマンがパリ〜ルーベでサガン・カンチェラーラ・ボーネンを抑えて大金星で優勝したフィナーレがいいな。何度も涙した。お勧めします。
posted by モッパー at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

Zwift で 100km 超えのロングライドにトライ

1日100km以上ローラー台に乗る信じがたい(失礼!)方々がお知り合いに複数いらっしゃるので、自分もやってみようということで、昨日は早朝から Zwiftソロで 100km 2000m くらいのルートをセットしてスタート。
ところが、36km 642m 付近で Zwift がハング(泣)。
色々調べたけど、Windowsだと\ドキュメント\Zwift\Activitiesに fit ファイルが保存されてるんだね。そこからデータサルベージ成功。
6415DA0E-81F8-4E4F-BF9C-F61CA45F0A2B.jpeg
まだローラー台に慣れてないせいか1時間くらいで腰が痛くなるので、下手すると腰壊しそうということで、腰が痛くなったら無理せず休憩することにした。結局3回に分割して合計 111km 1524m。
932210FA-F942-4C1D-BBCA-2B311C6F9046.jpeg92CF5361-3A97-483E-84C0-DD51990F769D.jpeg
かなり腰の痛みは抑えられるようになってきたけど、実走よりはかなりキツい。
走り終わってから無理矢理な姿勢で靴下脱ごうとしたら腹筋が攣りかけて焦った。腹筋攣ったの生まれて初めて。体幹が鍛えられてるんなら良いんだけど。
posted by モッパー at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。