2021年07月08日

映画評 : 美しき敗者たち もう一つのジロ・デ・イタリア - これお勧め!!!

「美しき敗者たち もう一つのジロ・デ・イタリア」を Amazon で借りて観たけど、ドキュメンタリーとしてとてもよく出来ている。
エースではなくアシストにフォーカスを当てたドキュメンタリーなんて初めてじゃないかな?

ツールドフランス中継じゃ絶対観れない集団おしょんしょんシーンも観れる(爆笑)。
D052F46F-EA79-44AE-9095-F2F3F87D55D9.jpeg

淡々と描かれていて脚色が少ないので、アシスト選手の本当の気持ちがよく分かる。

字幕ってまさか英語?って思ってビビってたけど日本語で良かった(笑)。

スポーツ観戦が苦手でツールドフランスすら見る気にならない僕でもグイグイ引き込まれる。ロードレースに興味のある方には超お勧めします。
posted by モッパー at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2021年06月22日

10年車の DEFY3 君はまだまだ元気

最近突然の雨を想定するとDEFY3君の出番が増えてます。
A211F297-BBC1-4A84-9CFC-DB27874D7BFE.jpeg
2年落ちの中古を\38000で買ってからはや8年。ワイヤー全交換してフルメンテに近いくらいバラしてグリスアップしたらEMONDAより操作感良い程になった。10年車の車みたいなやつれた感はまるでなし。だから自転車はやめられない。
posted by モッパー at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2021年06月03日

クロモリバイクはカーボンの夢を見るか?

こちらの記事に書いた 「小さなクロモリ試乗会」での CASATI の能力をなんとか数値化して評価したくて色々調べてます。

大東文化坂のカーボン(EMONDA SL)との8秒の差は前半の緩斜面が主。体感としては大学正門過ぎて勾配上がったところから調子が出たんだけどどうもそうじゃない。横松郷も頑張ったんだけど、広場まででカーボンに40秒負けてる。25T はやはりキツいのか?30Tで登ったら急勾配はもっと速くなりそう。パワーとケーデンスが取れてないのが惜しい。
フレーム重量はEMONDA SLが約1.6kgに対してCASATI 約1.7kg。想像していたよりずっと軽い。サイトに載っているデフォのジオメトリーは ENONDA SL よりあらゆる角度でレーシー。へー、カーボンヒルクラ向きフレームよりレーシーなクロモリなんてあるんだ。道理でハイエンドカーボンを試乗した時の「入れて入れてもっとパワーを」と同じものを感じるわけですね。
お値段も大手のミドルグレードカーボンフレームと大差ない。しかもそのお値段にサイズもカラーもフルカスタム含むなんて。しまった、この記事に書いた、最後のリムのエモンダフレームをストックするくらいなら絶対こっちにすべきだった(泣)。

あとは経産相をどうやって説得するか…不祥事で国会で追及出来れば可能性があるけど、うちの経産相はそれほどアホじゃない(笑)

趣旨が変わるけど、ご一緒した猛者な女性の方の乗り方が僕と同じでとても参考になった。骨盤倒して背中で押すタイプ。僕はご先達に、登りは上ハン持って手に荷重しちゃダメとか、激坂でウィリーしそうになるとか聞いてもまるで実感湧かなかったけど、この方の走りを見ていて僕はそういうタイプなんだとよく分かった。この方は僕よりも極端で、登りでキツくなると下ハン持って前傾を深くして体幹揺すって下に押す。パンターニみたいだった。これで良いんだ(認)。
posted by モッパー at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2021年05月19日

人柱報告 : ミノウラ テコスタンド(DS-90TS)を買ってみた

ディスプレイスタンドはチェーンステーを乗せるタイプを使用してきました。
3C7144B4-8625-4A70-BFDA-53DF7C76C004.jpeg

特に不満も無かったのですが、新発売のミノウラ テコスタンド(DS-90TS)が良さそうなので買ってみました。

非常なシンプルな構造なので壊れにくそう。折り畳みは出来ないけど、折り畳めても折り畳んだことないので問題なし。
5FB18DE8-254A-4B3B-B39F-AA1997857487.jpeg

写真じゃ分かりにくいかもですが、スタンドを前方向に倒してからシートステーをひっかけ、テコの原理でフレームを持ち上げるからテコスタンド。
15C83EBF-2D32-4A08-B25C-64B0CE5646C6.jpeg
この状態からうんしょとスタンドを立てるだけ。スペースも力もいりません。よく考えたと思う。

でも、持ち上げてから気づいたのは写真の赤丸部分が後輪と接触するので、後輪を回転させながらRD調整とかチェーン清掃とか出来ない訳ですよ(大泣)。
C8156960-B8FD-468D-B61D-0984E19B340C.jpeg

まぁ、そういう目的じゃない時には使えるから一個置いとくか…
posted by モッパー at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2021年05月05日

人柱報告 : AirTag は自転車盗難対策に使えるか ? Tile との比較

AirTag が届いたので早速自転車盗難対策観点でのレビューです。

私はこちらの記事に買いたように Tile Pro を 2 年間くらいこの用途で使ってきてますので、それとの比較になります。
Tile の結論は、屋外駐輪の盗難検知には役に立たない、Tile 所持者のどんなに強力なネットワークが出来たとしても盗難後の追跡なんて不可能、自転車の屋内保管の空き巣対策としては気休め程度なら有効、でした。そもそもそういう用途ではなく屋内で紛失した大事なものの探索が主な用途。AirTag も似たようなものだろうとは分かってはいましたが、結論から言うと AirTag は Tile と比べるとあらゆる点においてイマイチです。ただし、ハードウェアとしては似たようなものなので今後のアプリの機能アップ次第では Tile を超える可能性はあります。以下、詳細なレビューですが長文なので興味のあるかたはどうぞ。

  • お値段
    Tile は電池交換の出来ない廉価版の Tile Mate 等いくつかのラインアップがありますが、AirTag とほぼ同じ機能を持つのは Tile Pro。AirTag が Apple Store で\3800、Tile Pro が現在 Amazon で \3900 なのでほぼ同じと言えます。

  • 重量
    実測値で AirTag が 11g、Tile Pro が 14g なので同等と言えるでしょう。
    12DF1356-299D-4584-87B7-532F17D2520A.jpeg39BE69B4-5752-423C-84E9-64DB637E5DD5.jpeg

  • 大きさ
    AirTag は Tile Pro より小さいです。AirTag はクロモリは無理だけどカーボンならフレーム内のどこかに仕込めるかも、Tile Pro はカーボンでも無理かもねって感じ。
    713CCB43-AD34-434E-B301-BEA98BDB8C58.jpeg

  • 屋外での盗難検知
    Bluetooth の到達範囲外に出たことを通知する機能は両方ともありません。AirTag は Bluetooth の範囲内にあるか以下のの黄色枠を押さないと分かりません。
    2E9B3A94-66FF-4FB9-B7A5-DA829A00A1A0.jpegDD9304E7-2848-4F09-921E-BFE6B8E5AC9F.jpeg
    Tile は青色枠が Bluetooth の範囲内にある状態。これはリアルタイムに更新されるので、アプリを立ち上げておけば Bluetooth の範囲外に出たことが分かります。Tile のほうが便利ですね。でも盗まれたって分かってもなすすべがないのは同じですが。

  • 屋外での盗難追跡と空き巣検知
    AirTag はさいたま市の国道17号沿いの自転車小屋にある愛車は 10-30分程度で見つけてもらえました。さすが、iPhone ネットワークは優秀ですね。Tile Pro は数十分〜1時間程度という感じです。この発見頻度は利用者ネットワークの強度に大きく左右されるので、タグ利用者だけでなく iPhone 利用者全員を味方につけている AirTag は田舎ではもっと有利になるはずです。
    Tile は以下の緑色枠の住所と地図が、見つけてもらうと自動的に更新されます。AirTagは赤枠のスイッチを入れると見つけてもらうと一回だけ通知が来て終わり。
    DD9304E7-2848-4F09-921E-BFE6B8E5AC9F.jpegC22623A2-6D16-485A-984D-64BDE909D582.jpeg
    これも Tile のほうが便利。
    尚、使用者ネットワークの Bluetooth の到達距離に入ると更新なので、住所や地図の精度は市街地だと建物が特定出来ない程度のもの。以下は AirTag の通知。
    FD704EB3-2E23-4206-A604-90EC3049FA63.jpeg
    盗難追跡は現実的ではなく、空き巣検知は気休め程度にはなるレベルです。

  • 紛失モード
    これは AirTag にだけある機能。
    165B917A-AB13-46BF-88CC-71FD1763C2F5.jpeg
    だけど、かなり首を傾げる機能ではあります。紛失モードにしておくと、見つけた誰かさんが iPhone を傾げると僕が設定した携帯番号とメッセージが見えるらしい。屋外で AirTag がぶら下がっている財布や鍵を見つけたとして、iPhone を傾げることはするかもだけど携帯番号に電話なんて僕は絶対しないですね。何かの詐欺かも知れないし。そんなことするより警察に届けます。警察に言ったら電話してくれるかも、その程度の意味しかなさそう。

  • 屋内での探索
    AirTag は UWB が使える iPhone 11 以降でないと AR での探索が出来ず、iPhone XS の私は音を鳴らすことしか出来ません。
    624FC9F8-2A7F-47CF-93E4-B0274E25CCB8.jpeg
    Tile はこのように電波強度の表示が出来るので、距離を図りながら探すことが出来て AirTag より便利。音も AirTag は固定ですが、Tile は複数から選べます。
posted by モッパー at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。