2014年08月11日

すね毛処理の方法について

こちらの記事に書いた、ロードバイカーに必須の脛毛処理デビューを果たしてから、早1年以上。
ようやく、すね毛処理の運用が固まってきたので報告します。

私はドケチなので、出張先のホテルから持ち帰って我が家に大量に在庫していた二枚羽シェーバーをすね毛処理に消費してきました。
IMG_3902.JPG
でも、この手の free シェーバー(笑)って品質に大きなバラつきがあります。出来の悪いやつだと流血事件に発展することもシバシバでした。

私は髭もスネ毛もかなり薄いほうなので、髭剃りに使っている電動シェーバーではスネ毛は薄すぎて剃れません。
IMG_3901.JPG

で、最近導入したのが貝印の4枚羽のやつ。
IMG_3903.JPG
結果、うーん、こんなに良いものならもっと早く気付くべきだった。4枚もあって縦方向の幅が広いのでスネの複雑な部分の剃りに難があるかと思いましたが全くそんなことありません。流血事件も剃り負けも皆無。
髭の深剃りも完璧で、髭の薄い私は夜に剃っても翌日中大丈夫。これで髭剃りとすね毛剃りのデバイスを統一出来る。薄い方にはお勧めします。
posted by モッパー at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2014年07月03日

フルームの膨らみ

最近、体幹っつーかインナーマッスルみたいなものに興味があります。
昨年のさいたまクリテリウムbyツールドフランスを自分で撮った生写真をレビューしていて驚愕したのは、フルームの様態。

以下、前半で虎視眈々と先端狙うフルーム。まあ確かに手足の筋肉に比べて体幹がすごいのは一緒に写っている選手と比べて一目瞭然ですが...
PA262565.JPGPA262543.JPGs

下の写真は最後に独走決める瞬間のフルーム。体幹が風船のように膨張して弾けそう。是非クリックして拡大して見て下さい。超人的で怖くなります。サドルの高さとかハンドルの位置とかそんな細々したポジション論議とは違う次元のパワーを感じるのは私だけでしょうか ?
PA262574.JPG
こんなふうになれないといけないのか...私にゃ無理だな。
posted by モッパー at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2014年06月08日

自転車のお守り : ギザッロ教会のお守り

自転車お守りファンの私として、人生で一度は手に入れたかった、マドンナ・デル・ギザッロ教会の自転車のお守りを手に入れてしまいました。ギザッロと表記しているサイトとギサッロと表記しているサイトと両方あるんですけど、どっちが正確なのかよく分かりません。この教会、ジロ・デ・イタリア等のコースに組み込まれることもあり、世界的にロードバイク乗りにとって聖地級の場所であることは間違いありません。

当ブログのこちらの記事では、「ネットオークションで落札なんて恥ずかしい」なんて書いちゃってますが、イタリアでしかもこの教会なんて一生行けないかも知れないので、買える時に買っちゃえと国内通販の出物を見つけて購入。

IMG_3566.JPG
予想外に金属の厚みがあり、重厚で彫りが深い。曲げる時に偏りが出ないよう最新の注意必要です。

IMG_3565.JPG
付属の説明書も高品質で味があります。

IMG_3568.JPG
シートポストに搭載。付属のネジは役に立たず、強力両面テープでつけちゃいました。落とさないか心配です。

このお守りの重厚な本物感と、娘に作ってもらったキュートでペラペラでデジタルなお守りとの対比がよろし。八百万の神々を愛す日本人的で良いのではと勝手に思うなり。
posted by モッパー at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2013年08月31日

オヤジの自転車一人旅シリーズ(4) - 小淵沢・清里

オヤジの自転車一人旅シリーズ(4) は小淵沢〜清里。

大町を走った後、茅野のビジネスホテルに宿泊。本当はビーナスラインを走りたかったのですが、西からどんどん天気が崩れて来ているので少しでも東に移動したほうが良いだろうと言うことで、小淵沢〜清里周回に予定を変更。八ヶ岳メディオフォンドに近いルートを走ることにしました。

道の駅こぶちざわに車をデポ。

八ヶ岳高原ラインで清里を目指します。
IMG_2515.jpg
高原ラインは斜度が緩く気持よく登れますが、眺望が効かず道が単調なので、私はあまり面白くは無かったです。

清里美し森に到着する頃にはかなり空模様が怪しくなったので先を急ぎます。
IMG_2517.jpg

美し森から降りる途中で八ヶ岳公園サイクリングロードなる道を発見。
IMG_2520.jpg
急カーブで蛇行する細い道が延々と続きます。路面に小枝や小石が散乱していてパンクしないか心配。
IMG_2521.jpg
途中で国道にエスケープする道がなく、一度入ると清里駅のそばの出口まで走り続けるしかありません。この道、ロードバイクには全くお勧めしませんです。

帰りは八ヶ岳広域農道(レインボーライン)で下りました。
IMG_2528.jpg
晴れていれば美しい八ヶ岳が見えたんでしょうが、残念。
小さなギャラリーやカフェが点在する道なので、のんびりポタリングすると楽しそうでしたが空模様が完全にヤバくなっているので急いで走ります。

なんとか道の駅こぶちざわに辿り着き、併設の延命の湯で汗を流して帰りました。
IMG_2530.jpg

ところで、今回長野のあちこちで見かけたのが「ハッピードリンクショップ」という飲み物自販機。種類も豊富で 500ml のミネラルウォーターを含めてほとんどの飲み物が\100とサイクラーの懐に優しい。関東にも是非展開して欲しい。
IMG_2532.jpg

さて、天候も悪化の一方だしオヤジの自転車ひとり旅は無理をせずここで終了することにしました。カミさんにもう帰ると電話したら「寂しくなったんでしょ?」とのご指摘が。その通りでございます。家族と家でノンビリするのが一番。オヤジのバカな一人旅を許してくれた家族に多謝!!!
posted by モッパー at 21:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

オヤジの自転車一人旅シリーズ(3) - 大町

オヤジの自転車一人旅シリーズ(3) です。

やまめの学校の後は、憧れのしまなみ海道に行こうと計画していました。
ところが台風が接近しており、行っても悲惨なことになる可能性が大きくなってきました。
同じ宿に宿泊したやまめの学校受講者の方(受講日の朝5時に起きて峠一本こなしてくるような、かなりの猛者)からも、岡山に移動する時間を考えると長野にはもっと面白い道がいっぱいあるからそっちのほうが良いとアドバイスを頂いて予定を変更。

大町周辺のサイクリングルートは堂城先生監修の冊子があります。
この中からいくつかの道をアレンジして、中綱湖に車をデポして周回出来るコースにして走りました。

小熊山のパラグライダー場から見た木崎湖。
IMG_2492.jpg

黒沢橋から見た鹿島槍。
IMG_2504.jpg

木崎湖の近くのギャラリーで見つけたアートなレンタサイクル。かなり恥ずかしい感じもしますが。
IMG_2512.jpg

関東あたりの山の比では無い自然や眺めの雄大さに圧倒されました。

このあたりは確かに坂と峠には事欠かないですし、アプローチが短いので行く気があれば一日何本でもヒルクライムを楽しめそうです。
今回はかなり行き当たりばったりだったので、もし次回があるならもうちょっと事前にちゃんと調査してルートを組み立ててトライしたいと思います。

オヤジの自転車一人旅シリーズ(4) -小淵沢・清里に続く。
posted by モッパー at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。