2016年03月21日

ロードバイクに名前を入れよう !

セミオーダーフレームなんかで自分の名前を塗装してもらえるサービスありますよね。あれ、憧れていたんですよ。なんか選手みたいで恰好良いし、盗難防止にもなりそうだし。
知り合いにロードバイク用のネームステッカー(名前シール)をカスタマイズ作成してもらえる業者さんがいると教えて貰って、早速作成してみました。
反射ステッカー工房さん。ヤフオクで「自転車ネームステッカー」なんかで検索すると上位に出てくるようです。
80mm x 12mm 6 枚組でオーダー。国旗との組み合わせを含めた 2 種類まで指定できます。もっと大きいサイズも選べますよ。
IMG_8075.JPGIMG_8077.JPG
IMG_8078.JPG
個人名隠すためにコラしたので汚い感じになってすんません。ステッカーの厚みがあるので、塗装とは違って後から貼ったものと分かってしまいますが、プレミア感は十分にあります。実はオーダーする前にインクジェットプリンタで自作してみたんですが、出来が段違いです。これで \1,080(送料含む)は安い。

しまった、2種類指定出来るなら「モッパー」も作るべきだった(笑)
posted by モッパー at 20:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2016年03月06日

EMONDA SL 君のレビューその三(多分最終回)

結論 : EMONDA はえーもんだ。(笑)
IMG_7740.JPG
こちらの記事こちらの記事でもレビューを書きましたが、フレーム変えてから色々な状況で 800km 走ったので多分これが最後のレビューになります。

昨日は EMONDA SL 君に決戦用ホイール NOVATEC SPRINT を履いて満を持して白石峠へ。
IMG_7932.JPG

結果、過去 10ケ月間破ることの出来なかった自己ベストを1:20更新する 34:52 という結果を残せました。
※注 : ちなみに 白石は中年ライダーなら 30 分を切って初めて一人前と言われ、34:52 は凡庸と言うよりむしろ恥ずかしいタイムです。

いやー、DEFY3 + WH-6800 とは全然違いますわ。ギア 1 枚分違うとかよく言いますがまさにそれ。
知り合いから「もうエントリーのアルミなんて乗ってないでカーボンにしたほうが良いよ、全然違うから」と言われても半信半疑でした、正直言って。DEFY3 君も気に入っていて乗り潰すまで乗るつもりだったし、エンジン鍛えて速くなってやるなんて思ってましたが、機材の軽さは正義でした。
とにかく軽くてグイグイ進む感じ。自走路でも加速感とか堤防へのちょっとした登りとかも全然印象違います。あと、横風に強くなったのも全く想定外でした。DEFY3 に比べて全体的にチューブが太く軽くなっているから弱くなって当然なんですが、チューブが扁平していて横から見た断面積が少ないことと低重心になったことが影響しているのかも知れません。

あと、試乗会でちょこっと乗っても分かりませんわ、少なくとも私の貧脚と鈍感さでは。ポジションまで変わりましたから。500km くらい走って白石峠2本登って初めて乗り方と真価が分かったって感じです。

ホイールは決戦用の NOVATEC SPRINT と練習用のシマノ WH-6800の組み合わせで運用することにしました。

NOVATEC SPRINT には Vittoria DIAMANTE Pro Radiale 3 700x22C を履いてます。スプロケは 28T(フロントはトリプルなんでインナーは 30)。
IMG_7946.JPG
とにかく軽くてよく回るホイールです。ヒルクライムだけでなくロングライドも十分こなせますが、WH-6800 に比べると剛性高くって硬いのでロングライドだけなら私は WH-6800 を選びますね。

シマノ WH-6800 には IRC ROADLITE TUBELESS を履いてます。スプロケは 26T。
IMG_7947.JPG
これはこれで良いホイールだと思いますよ。よく言われるようにコスパが高くて万能選手ですから。こいつで 26T で峠を練習した後に NOVATEC SPRINT + 28T で登ると 28T が面白いほど軽く回って、パワー無くってケーデンスで稼ぐタイプの私は速くなるみたい。

白石峠、なんとか 30分切れるようになりたいです。

最後にもう一度だけ言います、軽さは正義です。中年ライダーはとっとと物欲に負けて若者に勝ちましょう(笑)。
posted by モッパー at 10:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2016年02月24日

EMONDA SL 君のレビュー そのニ

フレームを EMONDA SL 君に変えてから約3ケ月 500km くらい走ったので現時点のレビューです。

固くて跳ねると言う評価は変わりません。例えば秋ヶ瀬サーキット北側の竹藪の根っこガクガクは DEFY3 より苦手。でも、こちらの記事に書いた 30km/h 以上で悪路走ると体への負担が少ないと言うのが 20km/h 代にも落ちてきた。具体的には荒サイ田んぼ迂回路や西遊馬付近の悪路は DEFY3 より全然楽(荒サイ走ってる人にしか分からなくてすみません)。フレームのエージングってあるんですね。買った当初とは明らかに違う。

全く予想してませんでしたが、ポジションも変化しつつあります。
僕は元々骨盤倒して走るヤマメ乗り(おじぎ乗り)なタイプでひどく前乗り。前乗りで一生懸命踏まないと速度出せなかったんですが、フレーム変えてからは後ろ乗りで「蹴りだす」ペダリングでもバイクが進むようになってきました。
ジムとかローラー台は大嫌いなんですが、最近自宅で体幹トレーニングするようになってその効果もあるかも知れませんが。

EMONDA SL はシートポストではなくシートマストキャップっていう、フレームからシートポストが生えていてそれにシートマストキャップを被せる独特の仕組み。シートマストキャップはデフォルトだと 20mm のオフセットなんですが、DEFY3はオフセットなしのシートポストだったのでフレーム発注時に 5mm のオフセットのやつにして貰いました。
IMG_7725.JPG
でも、DEFY3 の頃のサドル位置より 30mm くらい後ろに下げると良い感じで、これ以上下げるためには 5mm のオフセットじゃ無理。シートマストキャップは純正のやつしかなくって 20mm に交換すると \17,000 もするらしい(涙)。
まだ本気モードのヒルクライムはしてないので、もうちょっとこのままのポジションで運用して後程レビュー書きます。

2016.3.6 追記
以下、関連するレビュー記事です。
posted by モッパー at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2016年02月03日

EMONDA SL 君のレビュー その一

先の日曜日に EMONDA SL 君で初めて長距離走ってきました。こちらの記事に書いた EMONDA SL 君導入の後初めての本格(?)ライドだったのでレビューします。
と書きながら何ですが、朝一に ACTION SPORTS  さんのガレージセールに乗り込んで NOVATEC SPRINT 試乗ホイール放出品をゲット。
IMG_7569.JPGIMG_7571.JPG

こんなお値段で1300g台のホイール入手出来る機会はそうそうないので、清水の舞台から飛び降りました。ホイールのレビューも後ほどやっていきますね。

その後お知り合いと物見山を3周回。物見山周回、実はバカにしてたけど白石峠みたいな変化が少ない急坂ルートと違って勾配の変化が大きく、うまくマネージメントしないとすぐに脚に来るんですね。3周と自走って思っていたより遥かにキツイ。僕は足攣りはほとんどしないんですが、自走復路は太腿攣りそうになってヤバかった。こりゃ練習になるわ。

ランチはサブマリンで。
IMG_7572.JPGIMG_7574.JPG
久し振りの訪問だったけど、今はお病気のお父さんの代わりに息子さんがマスター務められてます。息子さんに変わってもあの素晴らしいお味とボリュームは安泰。

さて、本題の EMONDA SL のレビュー。
やっぱ硬いし路面悪いと跳ねます。DEFY3 はガチガチだったんでそれよりはマシですが。
登りのダンシングはかなり楽になった。
うーん、全然レビューになってないな。定量的にデータが取れている白石峠を早く試したい。
少なくとも平坦路/ヒルクライムともに「僕の体に合っていないことは無い」ことだけは確認出来たのでそれが大きな収穫って感じ。

2016.3.6 追記
以下、その後のレビュー記事です。
posted by モッパー at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2016年01月23日

さようなら DEFY3、ようこそ EMONDA SL

かれこれ3年と8ケ月 DEFY3(2010年) に乗り続けてきました。フレームがイカれるまで乗り続けるつもりだったけど、遂にお別れの時が訪れてしまいました
同じようにエントリーグレードのアルミバイクで乗り始めて、最近カーボンフレームに乗り換えたお知り合いから散々カーボンの良さを吹きこまれ、「もう若くないんだから機材に頼りなよ」とか諭されてすっかりその気に...

こういう場合、完成車買ってコンポもグレード上げるのが普通なんでしょうが、ドケチなもんでフレームセットだけ買ってあとは全部移植することに。
メーカーとかフレームとか今まであまり興味がなくて知識がないので、信頼するパワーコープのマスターに予算とヒルクライム向きのフレームとだけ告げて選んでもらったら、TREK の EMONDA SL (2016年) が良いとのこと。じゃあそれでってお願いして、昨日引き取りに行ってきました。
IMG_7494.JPG

DEFY3 君の最後の勇姿。9.3kg ってエントリーバイクとしては悪くない数字だと思います。後悔っていうか罪悪感っていうか、眺めれば眺めるほどコイツとの思い出が思い返されて、なんだか居心地の悪い気持ちになってしまう。
IMG_7493.JPG

じゃじゃ〜ん。新しい相棒の EMONDA SL 君。実測値8.3kg。このフレームには相応しくないグレードのコンポなんで、少しづつ交換して効果を試して行きたい。
IMG_7525.JPG


DEFY3 君で1台作れるパーツ在庫あるので、当面は倉庫で眠ってもらって誰か乗ってくれる人探すか、別の用途で使うか考えることにしよう。

当然、真っ先に白石峠のタイム取りに行きたかったけど、あの辺りの林道はまだ雪と凍結でほとんど通行止めみたいなんで、とりあえず自宅周辺を急坂含んで走ってみました。
1kg の差は十分に感じます。踏めば踏んだだけついて来てくれ感じ。あとは極端にホイールベースの長い DEFY3 とは違ってハンドリングはかなりシャープ。真っ直ぐ走れるように練習が必要そう。
カーボンバイクはいくつか試走した経験あるけど、こいつはその中でもかなり硬いです。誤解を恐れずに言うと DEFY3 に近い。ハイエンドモデルのガンガンパワー入れてよ的な追いまくられる感じは薄くて、エンデュランスに振ったレースバイクって感じなのかも。僕みたいな貧脚はもうちょっと走りこまないと正しい感想は書けないでしょうね。白石のタイム楽しみだけど多分変わらないんだろうな(笑)

いい機会なんで、ブログタイトルから New! を削除したり(実は変だと思ってずっとやりたかった)、DEFY3 色消したりしちゃいました。
タグ:DEFY3 EMONDA SL
posted by モッパー at 20:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。