2013年08月26日

チューブバースト慣れしたタイヤと私の記憶...

こちらの記事で書いたチューブ(R-Air)のバーストですが、今日もやっちまいました。それも空気入れで 7bar まで入れた瞬間に、バーンっと。すごい音と風圧で私は一瞬目の前が真っ白になり、家人は何事かと駆けつけて来る騒ぎ。

リアタイヤ(コンチネンタル GP4000S)のビードがリムを外に乗り越えるという現象とチューブがバーストした場所は前回と全く同じです。
IMG_2440.jpg

こりゃチューブではなくホイールかタイヤが原因だろうと、タイヤをじっくり見ると...
IMG_2439.jpg
写真じゃ分かり辛いかもしれませんが、ビードのゴムが剥がれてカーカス見えてます。これが原因だろうか?

近所のお店に行って聞いたら、このようなビードの破損によるバーストは経験したことが無いがチューブバーストしたタイヤのビードが伸びてチューブバースト慣れしてしまったタイヤは見たことがあるとのこと。
一般的なアルミホイールはバースト程度では歪んだりしないし、傷も無いので原因じゃないだろうと。
タイヤも予備チューブも買ったばかりなのですんごく手痛い出費ですが、コンチネンタル GP4000S と R-Air 一本づつ合計 約 \7,400 をお店で購入。


8 bar 入れて近所走りましたが、大丈夫のよう。でもイヤーなバーストの記憶から空気入れ押す度にビクビク、段差乗り越える度にビクビク。タイヤも人も変なことに慣れたくないもんです。
明日から「オヤジの自転車一人旅」なので、直前に分かったことが不幸中の幸いか ? 屋久島でコケて打った膝の痛みもなんとか回復しそう。直前に不幸中の幸いばかりですが、40ウン歳にして生まれて初めての一人旅は無事乗り越えられるのだろうか ?
車で移動するので、高速道路で走っている途中にバーストすると事故起こしそう。たった今、自動車にDEFY3君積載した時に空気圧抜いてきました。完全にバーストがトラウマになってます(泣)。

2013.8.31 追記
この後、オヤジの自転車一人旅で 7.5bar 入れて悪条件の道を含めて長距離走りましたがバーストはなく、ビードのバースト慣れが要因であったことは確実と思います。

2015.1.27 追記
この後 GP4000S と R-Air で 6,000km くらい走って色々経験しました。。ビードのバースト慣れなんてオオウソでした。R-Air はバルブ付近が弱く、取り付け方を間違うとすぐにバルブ付近でバーストします。回避策はこちらの情報を参考にして下さい。他にもタイヤレバーとリムの間で R-Air を少し噛んだだけでも何日も経ってからいきなりバーストしたりします。非常にデリケートなチューブなので初心者向きではないです。最終的に R-Air で運用する自信はつきましたがあまりに気を使うチューブなので、結局はこちらの記事のようにシュワルベ SV-20 に行き着きました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73371410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。