2013年07月07日

最強の大容量サドルバッグ オルトリーブ(ORTLIEB)

今年の夏休みはとある事情から、私が会社勤めをしている間では最初で最後と思われる大型休暇を予定しており、バタバタと準備をしています。そんな事情から、一泊程度のサイクリング(ツーリング)が可能な大容量のバッグを探しました。

こちらの記事で書いたようにウェストパッグ(ウェストポーチ)とTOPEAKエアロウエッジ L タイプでは役不足なことが分かってます。

ロードバイク乗りにとって最強のリュック(バックパック)と思われるドイター(deuter) Race EXP Air をもってしても、超汗かきの私の背中は夏場の長距離ツーリングでは乾きそうにありません。

私のDEFY3(2010年) は前後ともダボ穴があるのでキャリアが取り付け出来ますが、脱着が面倒なので却下。ロードバイクにとってダボ穴って微妙な存在ですね。何泊もかけてツーリングするランドナー的な使い方をしない限りは必要ないと思います。

最終的には、最強最大のサドルバッグもしくはシートポストキャリアを探すことにしました。

シートポストだけに頼るキャリアや巨大サドルバッグもありますが、どう考えても取り付け部の剛性に無理がありそうで、サドルを振ると動いてしまうという噂も頷けます。

で、結局採用したのはオルトリーブ(ORTLIEB)Lタイプ。シートポストとサドルに固定するタイプとしては最大級です。

オルトリーブ(ORTLIEB) L タイプはブルべな方の定番らしい。確かな品はブルべに学べと言う格言もあるし(今思いついただけです、笑)。
公称スペックは2.7lですが、実際に水を入れて見ると 5l 以上入ったというサイトもありました。こんだけ入るなら、一泊程度だったらリュック(バックパック)要らないですね。

でも届いてすぐに悪夢は始まりました。サドル側のパーツをサドルにつける前にバッグに取り付けて見たら、どうあがいても取れなくなって焦りまくり....このサドルバッグ、容量とか機能は優秀ながら取り付けでハマることで有名なようです。

IMG_1962.jpg
パニックになったので写真撮れませんでしたが、上の写真の赤丸のところにサドル側のパーツを単独で挿入して青丸の部分でカチッとなるまで入れてしまうと思いっきりハマりますので注意して下さい。さらには黄色丸のパーツをレールの下に落としこんでしまうと、これまたひどくハマります。要はサドル側のパーツは予行演習で挿入しちゃいけません。パーツをサドルに取り付けてからバッグをつけましょう。

一泊ツーリングを想定した荷物を実際に入れてみました。
IMG_1966.jpg
実際収納した荷物の写真です。上段は着替え、下段左から携帯リュックウィンドブレーカー・雨合羽・ライトで重量は1.1kg。しっかり詰めればもっと入ります。輪行袋も足せそう。
IMG_1968.jpg
この写真の赤丸の登山用ゴアテックスレインウェアは大きすぎて諦めました。山用のウェアってロードバイクに使えそうで使えないものが多い。

オルトリーブ(ORTLIEB) L タイプをサドル下にマウントした状態。
IMG_1952.jpg
かなり大きいんですが横から見ると案外スマートで見栄えは悪くないと思います。問題は後ろ乗りな方だと太腿の裏が当たりそうだというところ。TOPEAKエアロウエッジ L タイプが当たって気になる方は間違いなく気になるでしょう。ヘタレの私は全然気にならないレベルです。

後ろから見るとちょっと格好悪い。
IMG_1947.jpg
お前はガマグチかい。これじゃ荷物落ちそう。

IMG_1950.jpg
なるほど、ガマグチをクルクル巻いてから止めるんですね。巻く回数で防水性と容量が調整できる。

IMG_1943.jpg
車体を揺すってみたところ、バッグが今ひとつ安定しない。ショックが大きいとタイヤに干渉しそうです。上の写真のようにベルクロで固定してみました。

IMG_1957.jpg
走ってから気付いたのですが、上の写真の赤丸部分がカチっていうまで挿入出来て無かったため不安定だったよう。バッグ自体はかなりしっかりした作りなので、サドルへの取り付け位置の工夫等でうまくマウント出来る位置を探せばベルクロでの補強等は必要なさそうです。

DEFY3(2010年)にフル装備をマウントしてみました。輪行も予想されるのでこちらの記事で書いたタイオガコクーン(輪行袋)とこちらの記事の3つ目のボトルケージにツール缶をマウント。なんか見た目は立派なツーリング車でワクワク...
IMG_1941.jpg
この状態で100km程度試走してみました。走行結果としては...オルトリーブ(ORTLIEB)Lタイプはすごく良いです。こんなに大きいのに安定しているし、ダンシングしない限りは付いていることを忘れる程です。

IMG_1940.jpg
輪行袋(タイオガコクーン)にはオルトリーブ(ORTLIEB)Lタイプは入りきりませんでした。この状態ってルール違反??? よく分かりません。
※ 2014.8.26 追記 : これ完全にルール違反です。こちらのサイトを見て下さい。ルールを知ってから輪行袋を買い直しました。その経緯は当方のこちらの記事を参照して下さい。

オルトリーブ(ORTLIEB) L タイプのボルトを交換して容量を増やす定番の改造もやりました。方法はググると一杯出てくるので、詳細は省略します。
IMG_1975.jpg
M4 10mm ステントラス 10 本でうまく行きました。

2013.8.4 追記
オルトリーブ(ORTLIEB) L タイプを購入した後で色々調べた結果、費用が許すなら suew こそ本物のスパルタンで大容量なサドルバックだと言う結論に至りました。ブルベな方なんぞは suew のほうが良いんだろうと思います。こちらの記事をご覧下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70409167
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。