2013年06月03日

息子のドイツ交換留学

いつもの親バカネタです。

この春高校に入学した息子はドイツの姉妹校との交換留学に手を挙げて選抜されたそうで、渡航する夏休みに向けて慌ただしくやっている。
ホームステーなので、ステー先の生徒が次はこちらに来て我が家にホームステーするらしい。

こちらの記事に書いたように、息子は昨年の春休みにイギリスに独力で行ったので海外生活とか英語とかの面では全く心配してないが、今回感心したのは彼らの世代のコミュニケーション技術と能力。

日本で先生に相方の生徒のことを聞く前に相方は既に息子の E-Mail アドレスを知っていて相方からメールが入る。相方からはメールより SNS のほうがいっぱい情報を伝えられるので SNS でやりたいと提案があり、息子は LINE を推奨。相方が LINE に乗れば クールジャパンがしっかりアピール出来る。わずか2日間でここまでやっている。この後現地で会うまでにスマホで画像や動画を含む大量の情報がリアルタイムにやり取りされ、「初めて会った気分が全くしない」状況で現地で会うんだろう。私なんて「E-Mailで十分でしょ」と思ってしまうが、やつらはそれでは不足だと本能的に感じていて、しかもそれを超える実現手段を既に身につけている。

私が彼らと同世代の頃は「海外のペンパル(死語!)」持つ友達なんてかなり特殊で羨望の的だったけど、当時とはコミュニケーション手段と効率が全く変わっている。
私は会社の業務で海外の相手とやりとりしているが E-Mail 中心だし、web 会議してもオヤジ世代の感覚は電話の延長線に過ぎない。息子の世代は既に完全に先を行っている。なんとか追いつきたい。

posted by モッパー at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | モッパーの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68793633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。