2013年01月14日

KMC ミッシングリンクを導入

こちらの記事のように、DEFY3 君(8速)のチェーンを CN-HG91 に交換して走ってますが、一度チェーンを外してジャカジャカ洗いたくなったのでミッシングリンクを導入してみました。KMC の CL573R を選択。CN-HG91 は適合品リストに入ってませんがサイズ的には大丈夫のはず。1セットで良いのに2セット買わなきゃなのがちょっと腹立たしい。

IMG_0954.jpg

CN-HG91 は回転方向の指定がありませんが、現状の回転方向を変えたく無かったのと、ミッシングリンクの取り付け方向を分かりやすくするため片側にマーキングしました。ゴールドタイプとか売るくらいなら片側色付きのタイプを作ったら絶対売れると思うな。
IMG_0957.jpg

チェーンをカットして1コマ アウターを外してインナー同士をミッシングリンクでつなぎます。
IMG_0958.jpg

ミッシングリンクが外しにくくて苦労される方が多いようですが、私も例にもれず最初は指先痛くしても無理でした。片手でやったほうが良いとか色々ネットに上がってますが、私の場合はペンチで何度か取り外しを繰り返したら緩くなり両手使えば外せるようになりました。握力のない私は片手では無理です。片手か両手の問題ではなく、構造を理解して力を入れる方向をコントロールすることがコツだと思います。
IMG_0963.jpg

写真じゃ分かりにくいですがチェーンステーの上にミッシングリンクがある状態で KMC のマークが正立しているのが正しい方向のようです。逆につけると外れやすくなるらしい。
IMG_0988.jpg
白いマーキングを頼りにチェーンを元通りの回転方向で付け直すことが出来るようになったので、ミッシングリンクごとチェーンをジャブジャブ洗いました。上の写真は洗った後の状態ですが、もうマーキング薄れてます。もっと長持ちする良い方法ないかな...

2013.5.24 追記
上記の KMC CL573R (pin length 7.3mm) で約 2000km 走行後に変なフィーリングを感じるようになりました。何もしてないのに稀にチェーンリングとチェーンの間に小石を挟み込んだようなカチャンという衝撃を感じます。もしかしてミッシングリンクかと思い、KMC CL571R (pin length 7.1mm) に替えてみたところ直りました。もうちょっと走り込んでみないと本当のとこどうかは分かりません。CN-HG91 には CL573R を組み合わせている方のほうが多いようですが、同じような症状に悩む方は CL571R を試して見る価値はあると思います。
CL571R への AMAZON リンクも以下貼っておきます。

2013.6.6 追記
CN-HG91 と KMC ミッシングリンク CL571R との組み合わせは CL573R に比べてはるかにタイトで手で外すなんて絶対無理な感じです。で、良い物見つけました。KMC ミッシングリンク専用のリムーバーです。

ペンチ使ってミッシングリンク外しても手が汚れてイヤになっていたのがウソのように簡単に外れます。お勧めします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61434899
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。