2012年09月30日

初めてのチェーン交換

DEFY3 のチェーンリング(フロントギア)のミドルだとリアスプロケットからカラカラ音が鳴るのが前から気になっていました。お店に行って「あのー。チェーンの延びを計測する工具欲しいですけど」とお聞きしたら「販売用はないので、お店の工具で測りますよ」とのことで、「なるほどそういう作戦もあるか」と思い(笑)、測ってもらったら「これはすぐに交換しないとダメです」とのこと。お店にあるチェーンはイマイチな感じだったので、自宅で web で調べると シマノ CN-HG91 が良い感じ。Ultegra グレードだし、+\1,000 くらいならちょっと贅沢するのも良いかと思い amazon で手配。(私の DEFY3 は 8 speed です)
P9299604.JPG

CN-HG91についていたマニュアルによると、切断・接続について結構複雑なルールが書かれています。物理的法則から考えてちょっと意味不明なルールもあるんですが...とりあえず従うことに。
P9299605.JPG

まずは 30年 くらい前に買ったチェーンカッターでトライ。つまり、私にとって30年ぶりの自転車チェーン交換です。でも古いチェーンは全く問題なく切断出来ました。
P9299602.JPG

チェーンはコマ数をこんなふうに比べて同じコマ数になるように新チェーンを切断。上が古いチェーンで下が CN-HG91。
P9299607.JPG

おおそうだ、UNICOマイクロツールも役に立つかやっておこうと思い、接続はこちらを使ってみました。全く問題なく出来ましたが、このツールはリンクを押し出す部分の長さが短く、切断のほうが押し出す部分の長さが必要なので、本当は切断のほうに使ってみるべきでした。
P9299611.JPG


このあとは面倒になって写真撮ってません。

ガイドプーリ付近のチェーンの掛け方を間違ってしまい、「んん、全然スムースになってないじゃん」という事態になり、ガイドプーリとテンションプーリを取り外して再度組み上げることになってしまいました。これは事前にプーリ付近のチェーンの組み付け方をじっくり見ておけば防げたことです。

交換後にリアディレイラのマニュアルを見て気付きましたが、旧チェーンが延びた状態でリアディレイラが要求する適正なチェーン長になっていたようで、新チェーンはもう1-2コマ増やしたほうが適正なチェーン長だったです。コマ数同一にすればと言う判断は間違っていたんですね。まあ、そのうち延びるだろうから、まあ良いか(笑)
後日談:ミッシングリンク使用前提だと116リンクから7リンク除去が適正でした。

また、チェーン交換後に新品チェーンのグリスは防錆目的のもので一旦除去してから交換したほうが良いという情報を web で見つけてしまいました。いつものチェーン注油の手順と同じく、チェーンを取り付けたままパーツクリーナーとウエスでグリス除去しようとしましたが、グリスが結構強固なので全部は取りきれない様子。チェーン交換前に新チェーンを容器に入れてパーツクリーナーに浸してグリス除去したほうが良かったのかな ???

最終結果は、カラカラ音も消えてシフトもシャープになり、とっても満足です。もっと早く交換すべきだった。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58642209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。