2022年11月17日

真冬のウエアについて

お知り合いの皆さんの高価なウィンターウエアの紹介投稿見ながら涎垂らしてますが、貧乏な僕はウエアは Amazon の安物一択なんす。
なにしろほぼ毎日早朝走って洗濯するので劣化が激しくて高いウエアは使えない。これを三着でローテーション。
インナーはブレスサーモ、パールイズミの涎掛けとウィンドブレーカーを寒さに応じて足します。

僕が滅法寒さに弱い手先脚先に重点投資。
グローブはintroのミトン(ウエア上下より高い、笑)。
シューズカバーはモンベルの最も厚いやつ(これもウエア上下より高い、笑)。
C32380B8-A6B5-458C-BFBD-8982882AB762.jpeg
さらにはホッカイロを手の甲と足の甲に。

これから真冬は氷点下でボトルが凍る日もありますが、これで乗り切ります。
posted by モッパー at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189930570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。