2021年11月05日

映画評 : アイ・トーニャ史上最大のスキャンダル

アマプラで「アイ・トーニャ史上最大のスキャンダル」を観たのでレビュー。
C7C01FCD-5B0B-4FDB-BAE2-AEF1B45E7D08.jpeg
冒頭で確か「アメリカ人は好かれるか嫌われるかだけ、その意味ではトーニャは Totaly American」と言ってたけどまさにそんな感じの地獄まで落ちたトップアスリートのストーリー。 スケーターとしてトップにまで上り詰めたにも関わらずスキャンダルで最悪の境遇に。プロボクサーに転向した彼女が血を吐きながら「That's the fucking trueth」と微笑むエンディングが清くて美しい。ランス・アームストロングのグダグダなビデオよりはずっと清くて感動できる。
posted by モッパー at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | モッパーの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189116125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。