2020年04月27日

4iiii Fliiiight と Zwift のレビュー

こちらの記事に書いたように、コロナ以降は実走は控えて 4iiii Fliiiight で Zwift ばっかりやってます。そういう方は多いようで、SNS でも最近はローラー台や Zwift の話題が滅茶苦茶に増えましたね。

こちらの記事の後で妻がテレワーク対応で PC が欲しいというので、Thinkpad X220i は妻にお下がりして、自転車小屋の PC は HP の 15-bs560tu の中古を購入。X220iとは 液晶以外のスペックは大差ないけど、12.5インチWXGA (1366x768)が15インチのフルHD(1920x1080)になったことは Zwift の没入感にとってかなり大きかった。本当は50インチくらいの TV が良いんだろうけど、僕の自転車小屋の事情と資金力からはこの程度が MAX だな。
AEB006A8-B964-4356-932E-B3EF249DB037.jpeg

Fliiiight はアルミリムとマグネットアームの位置関係の調整がキモだと分かった。最初はスマホアプリで Re-Center すりゃ自動調整してくれるんだろと思っていたけど、そんなことはない。
AD4F76B6-D1B7-42D5-9B15-783835534173.png
ピンク丸のボルトで青丸のアルミリムとマグネットアームの位置関係を微調整することが超重要。ここが最適化されていないと、トルク変動の不自然さやリムとアームの接触につながる。特に接触はリムを削ってアルミ片を本体内に落とすので不具合をもたらしそうで怖い。あとは前輪を置く位置による微妙なフレームの曲がりもリムとアームの位置関係に影響する。ともかく繊細で壊れやすそうな機構であることは間違いない。2年保証のついている国内通販で買って本当に良かった。

Fliiiight は 7% 以上の勾配がシミュレーション出来ないなんて最強の仕様じゃん !!! って喜んでいたら(笑)、Zwift は勾配が 7% 以上になると同じギアとケイデンスなのにスピードを落としてきやがる。結局回してパワー上げないとタイム出ないわけですよ(泣)。お節介なことすんなこの野郎!!!(笑)。
僕の環境だと、Zwift でパワーを Fliiiight から得る手段とクランクについている 4iiii Precision から得る手段が選べる。4iiii Precision のほうが正確な値であることは間違いないのでやってみたら通信が切れまくり。Fliiiight には負荷かかってて回してるのに画面ではクリート外してるってあまりに悲しすぎる。Garmin で 4iiii Precision の値を取りながら Fliiiight のパワーを比べて見たけどかなり精度は高そうなので、Fliiiight のパワーで問題はなさそう。

ZwiftはMeetupって言うお知り合いとグループライド出来る機能があって、それを中心として参加している。Meetupは「まとめる」ってオプションがあって、それを指定するとパワーレートレシオ(PWR)が違う仲間でも一緒に走れるということになっている。
B80DFF30-2D61-4ED0-9C83-F4A5FA08FAB9.jpeg28EF9561-84C6-4E86-9A31-517E6CABA3E4.jpeg
昨日のライドはPWR3w/kgを持続出来る方々中心だったので前半はなんとか戦列に参加出来た。逃げに出る人がいると集団のペースと強度が一気に上がるところなんて本当のロードレースと同じ感じで楽しい。残り15kmあたりで腰が痛くなり脚も売り切れて「まとめる」機能の恩恵で最後尾で曳いてもらった。楽チンで良いんだけど出してるパワー以上の走りが出来てしまうわけで実走感が乏しい。結局は「まとめる」でもPWRが近いメンバーでないと先頭合戦の楽しさは味わえない。「まとめる」機能だとしてもある程度 PWR を揃えたほうが良さそう。
Zwift でのメッセージ機能は日本語だと化けまくるので、FB メッセンジャーの音声チャットを流しっぱしにしてコミュニケーションしている。10名程度までしかやったことないけど、その範囲では実用的。
ソロだとゆるクライムも楽しめるけど、グループライドだとガチ派やトレーニング指向じゃないと楽しめないかな?とは思う。あと、まだあまり慣れていないせいか同じ距離や獲得標高でも実走よりはかなりキツイ。どうしてもポジションが固定化されるので、実走とは異なる筋肉が駆使されて筋肉痛になる。これで本当に実走のトレーニングになっているのか、かなり不安。

でも最後に言っときたいのはローラー台や Zwift ってやりたくても出来ない人がたくさんいるだろうということ。自転車小屋があり、資金面でも家人の了解が得られた僕は随分恵まれた環境だと思う。ローラー台ハラスメントや Zwift ハラスメントにならないように気をつけたい。
posted by モッパー at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187423997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。