2019年10月16日

今回の水害で分かったこと : 埼玉県民は忘れてはならぬ

僕は河川や水害の専門家ではないし、被災された方々の神経を逆なでするかもしれない非常に微妙な問題だけど、公的には絶対語られないであろうことなのであえて書きます。

今回埼玉県内で決壊した都幾川と越辺川の決壊場所をこちらから拝借。
4EE1561F-B77A-4BB9-814C-3315E7F1D9A1.jpegDBC9637B-021D-48DC-B6FC-69672FF5A07E.jpeg4BA42984-94D2-44FA-B12D-DE722F5CDC6A.jpeg
これを見ると、荒川に合流する直前でかつ下流に向かって水が流れない箇所で決壊していて、荒川を救うためあらかじめ計画されてるとしか思えない場所。
荒川で一番危なかったと言われる治水橋東が決壊したら南浦和の僕の自宅も危なかった。
238227A3-FF44-48B9-B5C6-B43E685F9CE0.jpeg
ただしここが決壊しても絶対都心に水は向かわない。そういう意識を持って増水時の荒川堤防を走っていて分かったのは同じスーパー堤防と言っても、都内と埼玉ははっきり規格が違うということ。よく江東区や墨田区が危ないって言うけど、今回みたいなパターンだと、さいたま市西部->足立区->葛飾区->江戸川区を水没させてからだろう。もちろん、降雨の具合によって状況は大きく変わるだろうし、この状況は今回だけのことかも知れないけど、ちゃんとそういう風に計画されコントロールできてるんだなと。

子供達には絶対このことは忘れるなって言っといた。

もちろん、上記の地域で被災された方々の悲惨な状況には深く心が痛むし、その他の地域でも孤立したり避難されている方々が多くいらっしゃる状況で、こんな記事書くのはどうかと思ったけど書かずにはいられなかった。もし不快に感じる方がいたら大変申し訳ありません。
posted by モッパー at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | モッパーの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186687151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。