2019年03月30日

人柱報告 : Tile Pro は自転車盗難対策に使えるか?

こちらの記事で Tile Mate はチャリ盗難対策には無力ってことを書きましたが、Bluetooth の到達距離が 3 倍、音量が 2 倍、バッテリー交換が可能となった Tile Pro が発売されたので試してみました。
B93CC284-D23C-451E-B330-087A2EE0A1BD.jpeg20BBEBAE-2233-4954-AB7A-967E84ED0EC9.jpeg
Bluetooth の到達距離は合格点。レストラン室内から屋外のチャリは十分監視出来る。でも、圏外に出た時のアクティブな通知は無いからあんまり意味ないかも。国外だと圏外通知のあるプレミアムサブスクリプションが開始されてるけど、これだけのために $30/year って払う気しないよ。
BC04A203-E3DE-4382-9C5A-24DC514DDDE9.jpeg
自宅の周りの仲間は797人、こちらの記事書いた時よりは増えてるけどこれだけじゃね。かなり交通量が多い17号線に面した自転車小屋のチャリを見つけてくれる人は1週間放置しても皆無だった。そもそも、もし僕が大規模マンションの一室にある自転車小屋の正確な場所を知らなくて大体の場所が分かったとして何が出来る ? マンションの全室訪問して家探しするなんて絶対無理だし、警察に駆け込んでも何もやっちゃくれないこと確実。

より確実な GPS と携帯網やLPWA網を使う、AlterlockとかGPS Bot GPSBlumo のほうが発見精度は高いだろうけど、発見したとしてどうする ? の問題は同じ。そんな気休めレベルのものにランニングコストをかける気にはならないんだよね。盗難保険とのペア契約とか、他の何かとコラボしないとダメかもね。

2019.5.14 追記
Tile Pro ですが、1日に1度くらいはコミュニティーに見つけてもらえるようになってきた。
7CF02441-6AC1-4A06-ABFE-7AD1AE0505D0.jpeg
上記の2019年3月時点に比べてご近所のユーザー数が倍ほどに増えたせいだと思います。
5EC47A34-8DD7-4E97-9222-36F724964BD3.png
単なる気休めでしかないけど、これくらい見つけてもらえれば価値はあるかも。Mate も同じ場所にあるけど、Bluetooth の到達距離が短いせいか全くダメ。
posted by モッパー at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | モッパーの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185785942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。