2017年04月25日

横置き輪行袋とホイールバッグによる輪行のレビュー

今まで輪行はこちらの記事に書いたように縦置き輪行袋(オーストリッチL-100)でやってきたのですが、
知り合いから「荷物を駅ロッカーや同行者の車にデポする前提なら、横置き輪行袋でホイールはホイールバッグに入れると両肩に荷重できてすごく楽になるよー」と聞いて、先日のハルヒル試走時にトライしてみました。

選んだ縦置き輪行袋はモンベルコンパクトリンコウバッグ。

ホイールバッグはタイオガ2本用。

収納袋はこちらの記事に書いたタイオガコクーンのものを流用。この袋はオーストリッチL-100でも愛用してました。
IMG_1716.JPG
他の輪行袋の純正品に比べて大きさに余裕があって苦労せずにパッキングできるし、ボトルケージへの収まりも良いんです。
IMG_1717.JPG

輪行袋への同梱物は以下の通り。
IMG_1718.JPG
左から、肩掛け紐・マジックテープ・リアエンド金具・フロントエンド・チェーンテンション・シャワーキャップ・ナイロン使い捨てグローブです。これらを輪行袋でクルクル巻いて収納してます。これらの中でマジックテープとリアとフロントのエンドはオプション、なくてもなんとかなります。

まずはナイロン使い捨てグローブを装着。使い捨て出来るほど安いし、手が汚れなくて良いです。
IMG_1719.JPG
次に車体をひっくり返してっと。このポジションのまま解体も組み立ても出来ることが横置き型の大きなメリットです。縦置きでフレームを何度もひっくり返しながらエンド金具つけてなんてやっていた経験はなんだろう ? って思うくらい楽。

IMG_1724.JPG
リアホイールを取り外します。

横置きでもフレームの破損を防ぐためリアもフロントもエンド金具をつけるべきだという意見も聞きましたが、僕はいらないと思いますね。縦置きと違ってリアエンドは上になるのでぶつからないよう神経使えばいいことだと思います。

IMG_1723.JPG
チェーンがブラブラしてフレームに接触することを防ぐため、輪ゴムとSカンでチェーンにテンションをかけます。

IMG_1725.JPG
スプロケはシャワーキャップで包みます。ホテルから拝借してきた使い捨て品。

IMG_1726.JPG
フロントホイールを外して...

IMG_1727.JPG
ホイールバッグに収納。タイオガ2本用、安いのに軽くて2本が自然にうまく斜交いに収納出来るようになっていて良く出来てます。

IMG_1729.JPG
肩かけ紐をヘッドチューブとチェーンステーに掛けます。

IMG_1730.JPG
あとはすぽっと輪行袋を上から被せるだけ。

IMG_1731.JPG
底は巾着袋的に締め上げるんですが、この紐垂らしてると邪魔でやべ〜。
IMG_1735.JPG
と思ったら、紐の引き出し口にちゃんと収める小袋ついてます。さすがモンベルさん。

IMG_1733.JPG
底が開放されてるのでボトルの落下に注意みたいなことがネット上のサイトに書かれていたのでなんで?と思ってましたが、底の巾着はいくら締め上げてもこんなサイズの隙間が残るんですね。
IMG_1734.JPG
実際、肩に担いで揺らして見ると...ボトルが見事に落ちました(笑)。

IMG_1737.JPG
定番のアウトドアプロダクツのリュックに輪行袋・ホイールバッグ・メット・ボトルを入れてみましたが、なんとか入りそう。
このくらいのサイズのリュックを携行することと、それをどこかにデポ出来ることがこのスタイルの輪行の前提です。

新幹線の3席シート最後尾裏側は、シートが倒された状態でもなんとか収まりました。ホイールバッグも一緒に入れるのは無理。
IMG_1752.JPG

同じく新幹線のデッキで。
IMG_1740.JPG
少しはみ出してますが、まあ許容範囲かな。

京浜東北線で。
IMG_1754.JPG
縦置きなら2つ置けるんですが、ほぼ占有しちゃいます。縦置きよりフレームの安定度が高いので固定しなくても倒れないですが、ホイールバッグは安定しないので、この写真のようにフレームと車体の間に挟むとかして固定する必要があります。

で、輪行してみた結論ですが、確かに縦置きにホイールを内蔵するのに比べると組立と解体ははるかに楽。ただしかさばるので自動改札通るのが大変とか車内での保管場所に困るとかそういうデメリットもありますね。両肩に荷重出来るから楽なのは確かだけど、重い荷物担いでクリートシューズで歩く辛さは全く変わらないのであまりメリットは感じなかったな。

本には輪行出来るようになるとサイクリングの世界が広がる的なことをよく書いてあるけど、車使えない人の話だと思うんですよね。
片道50kmくらいまでなら自走しても時間的にはそれほど変わらないし、なにより楽しい。
僕はカミさんが仕事で土日車を使うことがあるので輪行は最終手段ですね。車載出来るならその方が楽に決まっている。
この記事へのコメント
慣れた輪行もタイヤ(ギア部)がフレームに当たってキズ多くなってきました。また都度、締付&脱着が面倒になってます。モッパーさん記事拝読、ワタシの袋は《L-100》ですが《タイオガ2本用ホイールバッグ》をポチってみましたが、これ最小に畳むとどの位大きさなるか不明ですが、ちぃっと使ってみます。
Posted by 川上龍也 at 2017年05月03日 08:25
川上さん
コメントありがとうございます。
最初は輪行達人になるべく、ホイールとの合体の仕方を工夫したりしましたが不器用な私はなかなか手際よく出来るようにならず…
色々フレームの保護具つけるとかさばって本末転倒ですしね。
ホイールバックはクシャクシャ丸めてリュックに放り込んでいるだけなので輪行袋よりかさばってます。丁度いいサイズの袋に押し込めばもう少し小さくなるかも知れません。参考にならず申し訳ありません。
Posted by モッパー at 2017年05月03日 13:15
確かに・・・クシャクシャ携行では・・・(笑)
《L-100》もきちんと畳むと・・・購入時のスマートな形状になります。ただ輪行先では地面の砂が張り付いて・・・帰宅してから水洗いして畳み直してます。
届いたら正しく畳んでご報告します。(笑)
Posted by 川上龍也 at 2017年05月03日 22:36
川上さん
几帳面なご性格のようで羨ましいです!
僕なんて輪行袋は一度も洗ったことないです。
行きつけの自転車屋のマスターには「あなたはいつもチェーンが汚い」って怒られます(笑)
Posted by モッパー at 2017年05月04日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179521967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。