2017年03月09日

ヒルクライムと重量の関係について

私は冬場は1分程度白石峠のタイムが増えてしまいます。
このことについては以下の要因を想像していました。
  1. 荷物が増えたりウェアが重かったりすることによる重量増
  2. 荒川峠による影響
  3. 冬は空気の密度が増えることによる空気抵抗の増加
  4. 単にメンタルもしくはフィジカルがヘタレている
3. はそれほど影響しているとは思えない。
2. は定量的に示すことは難しそう。
4. はあってはならない、いや絶対に他の要因を見つけなければならない(笑)。
1. は定量的に計算できるのでは ? と思っていたら見つけましたよ、坂のプロファイルを入力すると重量減によるタイム短縮を計算してくれるサイトを。こちらです。
僕の場合冬場の装備は多分 2kg くらいは重いですからね。白石峠のプロファイルを入力して 2kg をタイムに変換すると...
無題.jpg
なんと 52.16 秒です。結構なもんですね。これで単にヘタれているだけではないことの証明も出来た(笑)。
私は BMI 19 を切っていてこれ以上体重落とすつもりは全くないですが、ダイエット目指している方は目標減量値入れてみると愕然とする結果が出てものすごいモチベーションになりますよ、多分。
この Analytic Cycling ってサイトは他にもマニアックなツール群がいっぱいあって楽しそう。理解するのが大変そうですけど。
posted by モッパー at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179035277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。