2017年01月02日

フォレスターへのロードバイクの車載について

当ブログの読者の皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

まずは自宅マンションベランダからの有難みのない初日の出ですんません。
IMG_0765.JPG

前振りはともかく、書きたかったことは最近新車で購入したスバル フォレスター(2016年、型式 DBA-SJ5)へのロードバイクの車載についてです。
新車購入にあたってロードバイクの車載については随分調べたんですが、車として気に入ったフォレスターへの車載の状況があまりネットでは拾えなかったんですよ。なので、以下詳細に書きたいと思います。

必要要件としては「とにかく簡単に素早く車載出来ること」、当然ですよね。

まずはロードバイク一台で、フロントホイールを外して後部座席の狭い側を倒して広い側にトップチューブを引っ掛けて収納するというパターン。
IMG_0783.JPG
乗り換え前の車(グランドチェロキー2004年 WJ40)では出来てたんですが、リアホイールがリアドアに干渉するしフレームが安定しなくてダメ。荷台や後部座席の空いたスペースに他の荷物を載せることが出来て最強だったんですがフォレスターでは出来なくて残念。

次は同じく一台で何にも外さず後部座席を全部倒してゴロリと横置きというパターン。
IMG_0782.JPG
これ、グランドチェロキーじゃ出来なかったんですが、フォレスターではOK。何より車載10秒の手軽さが素晴らしい。
他の荷物を載せるスペースは助手席とフロントシートの後ろくらいになるんですが、一人でツアーやレースに行くなら十分なスペースが確保出来そう。
IMG_0930.JPG

ちなみに助手席をかなり後ろに引いた状態での前後のクリアランスはこんな感じです。
IMG_0929.JPGIMG_0931.JPG
かなりギリギリですが、助手席を前に出すとかフロントホイールを傾けるとかすれば、フレームが大きい人でも横置きで入るんじゃないかな ?
尚、よっぽど初心者の方でなければご存知でしょうが、ディレイラ破損を防ぐためチェーン側を上にして置くのが基本です。

次に二台車載のパターン。
IMG_0784.JPG
フロントホイールを外して自作のアタッチメントにフロントフォークを固定。写真は乗り換え前の車用のアタッチメントなのでこのままじゃフォレスターのリアホイールアーチに干渉していてロードバイクのハンドルがリアドアにぶつかりますが、アタッチメントの幅を1m程度にすればリアホイールアーチ内に収まってハンドルを荷室内に納められます。こんだけの幅があれば中央にもう一台上下逆置きにしたフレームが入るかも。

僕はすごくチビで短足(身長160mm,フレームは実効トップチューブ長513mm、クランク中心からサドル座面までが630mm)なので、サドルを下げずに収納出来ました。サドル弄らずに入れることが出来るってポイント高いんですよね。
IMG_0786.JPG
サドルとルーフとの間のクリアランスは手のひら二枚(5cm?)くらい。ポジションにもよるでしょうが、身長高い人はサドルを落とさないと入らなそう。

IMG_0785.JPG
後輪とフロントシートとのクリアランスは十分。どんなにフレームが大きくてもサドルを下げれば縦置きで二台は絶対入るでしょうね。

SUVってワンボックスやミニバンと比べて荷台の効率がかなり悪いですよね。そんな SUV族の中でもフォレスターはロードバイクの車載に向いているかも知れません。
posted by モッパー at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178255228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。