2016年10月10日

荒川サイクリングロードミステリースポットの散策

一昨日と昨日は午前が雨、午後が曇りというお天気で遠出は出来なかったので、荒川サイクリングロード/入間川サイクリングロード近辺のミステリースポットを巡るルートの散策に出かけました。

まずは第二次世界大戦末期に作られた陶器手榴弾が大量廃棄されている場所へ。
IMG_9870.JPG
ネットで色々と情報が見つかるので説明は割愛します。正確な場所はネットでは見つかりませんが、写真等を手掛かりにあらかじめ推定しておくと比較的簡単に見つかりました。

次は西部大宮線(川越電気鉄道)の遺構と軌跡を辿るルートへ。
IMG_9872.JPGIMG_9873.JPG

はっきりした痕跡はこの橋台のみであとは軌跡を辿るサイクリングになりますが、軌跡の大部分は幹線道路となり走って楽しいものではありません。
IMG_9879.JPGIMG_9878.JPG
当時の雰囲気が残る箇所は、明治大正時代にこんな田舎道を路面電車がガタゴト走っていたかと思うと鉄道ファンならずとも楽しくなります。
IMG_9880.JPG

途中で川越のカニヤさんを訪問してから安比奈線を辿るルートへ。
IMG_9881.JPG
カニヤさんは自転車と車を愛するサングラス屋さんで、店内にはスーパー7が鎮座。

安比奈線は線路内立ち入り禁止なので線路を辿れるわけではありませんが、うまく道を選ぶと何度も線路と交差しながら走るルートが作れます。
IMG_9882.JPGIMG_9883.JPGIMG_9884.JPGIMG_9886.JPG
なかなかデーブで鉄道ファンならずともゾクゾクします。

IMG_9887.JPG
スマホの写真じゃ雰囲気が伝わらないかも知れませんが、薄暗い森の中を伸びる線路の先に明るい場所が見えるここは「スタンドバイミー」を思い起こす神秘的な場所です。

帰りにこちらの記事に書いた荒川河川敷の廃村に立ち寄るのも良いですね、なかなかミステリーなツアーになりますよ。

この記事へのコメント
ヒェー、陶器手榴弾って家から近い!
彩湖に向かうときに通る道です。

随分、ミステリーなツアーですね。奥武蔵系の人たちに人気なようで、どんだけマニアが多いこと。
私も巨木マニアなので大きな声では言えませんが…。
Posted by イガイガ at 2016年10月11日 23:50
イガイガさん
廃村・廃線・廃墟・廃道・廃棄物とか廃◯系が大好きなんですわ。
巨木だけだとネタ尽きるの早そうなんで巨◯系でバリエーション増やすのはいかが?(笑)
Posted by モッパー at 2016年10月12日 06:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177202876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。