2015年10月04日

自宅-小川町-七重峠-あじさいの道-秩父高原牧場正面坂-小川町-自宅

シルバーウィーク初日に負った膝の怪我がようやく癒えて、本調子で走れそうなので自走で奥武蔵ヒルクライムへ。
まずは、小川町経由で栗山七重線へ。奥武蔵支線経由で刈場坂峠の計画だったけど、栗山七重線が一部通行止めになっていて断念。
IMG_6730.JPGIMG_6767.JPG
開通したばかりだったんですけどね、残念。

しょうがないんで、七重峠まで登ってあじさいの道を下る。
IMG_6732.JPG
こんな季節まで生き残っているあじさいが可愛い。

こんだけじゃ物足りないので、秩父高原牧場正面坂(県道361号線)を登ることに。でも超辛かった。
8% 級坂 2 本で音を上げちゃいかん。このクラスを3本こなせないと奥武蔵自転車旅行社さんの中上級ヒルクライムに太刀打ち出来んのです。

秩父高原牧場、コスモスが咲き始めていて綺麗でしたよ。
IMG_6742.JPG

さて、帰りは 361号線を戻り沿線の未訪問のポイントを探索することに。

IMG_6745.JPGIMG_6747.JPG

既に閉館していて、収蔵作品(?)を露天販売中。閉館するまでに一度行きたかった。

次は銀鱗亭(世界一小さなつりぼりセンター)。上りで目にする看板があまりにみすぼらしく、今までは立ち寄る気にならなかった。
IMG_6751.JPG
実際訪問してみれば、釣り掘りというより食事メインで、想像していたよりずっと立派な店舗。店舗までが激坂&未舗装路でちょっぴり苦労します。
IMG_6763.JPG
これが問題の「世界一小さなつりぼり」。ここで釣った魚を調理して頂くことも可能なようです。

釣ってから調理頂くなんて時間も無ないし面倒くさいので、ランチセット \1,300 を頂きました。
IMG_6754.JPG
満足出来るランチはランチセットほぼ一択の模様。

IMG_6765.JPGIMG_6766.JPG
クリームシチュー・小鉢・岩魚の唐揚・サラダ・野菜天ぷら・蕎麦(もしくはうどん)が出て十分なボリューム、お値段に見合っていると思いますよ。何より、岩魚の唐揚が美味しい。頭から尻尾まで食べれて川魚特有の臭みがほとんどない。炭火焼きより美味しいと思いましたよ。岩魚の唐揚以外のお品はまあ普通だけど、岩魚の唐揚のためだけにでも行く価値は十分ある。

自宅まで帰って、心地よい疲労感に浸ってますが、総距離 161km 獲得標高 1422m かぁ。なんかやっぱりこのあたりで明らかに僕サチってるんですよね。この壁を超えたいです。

この記事へのコメント
世界一小さなつりぼりセンターって、普通(失礼 m(._.)m)のお店だったんですね。

お店に行くのに激坂が待っているので躊躇してました。(看板も怪しげだったし)

今度行ってみるか…。
Posted by イガイガ at 2015年10月06日 08:21
イガイガさん
そうなんですよ。あの看板と激坂からは想像出来ない景観とお料理が待ってますから是非一度どうぞ。
Posted by モッパー at 2015年10月06日 11:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165010265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。