2015年04月29日

BB(ボトムブラケット) 交換失敗してました(大泣)

こちらの記事で DEFY3(2010年) の BB(ボトムブラケット)を交換したことを書きましたが、大きな失敗をやらかしてました。

先週のヒルクライムで、フロントミドルからインナーに落とした時にミドルチェーンリングとチェーンステーの間にチェーンが挟まってクランクがロックするという大変危険なトラブルを経験。フロントディレーラーの調整間違ったかなと思い、帰ってから状態を見てみると...オーマイガッ !!!
IMG_5849.JPGIMG_5851.JPG
赤丸がミドルとチェーンステーの間にチェーンが挟まった傷。青丸がインナーのチェーンとチェーンステーが接触した傷です。要は BB の軸長が短すぎたんですね。純正のFSA TH 7420ST が 116mm で、交換したシマノ BB-UN55 が 110mm。たかが 6mm の違いをナメてはいけなかったってことです。

幸い傷は深くなく、見た目上も目立たない部分なのでタッチペンで塗って誤魔化しました。

かなり動揺してあせっていたので、より良い BB を探す気にはならず、BB-UN55 115mm-68mm を探しだして手配。118mm-68mm もあるんですが、110mm-68mm のほうがギアチェンジのフィーリングはむしろ良くなっていたので純正より短めを選択しました。
IMG_5850.JPG
なんでこの表示見落としたのかな。Amazon で買ったので、たまたま 115mm や 118mm の在庫無かったんだなきっと。

どうせフロントディレイラの調整がやり直しになるならと、掘り出し物を安く購入してストックしておいた 105 のトリプルフロントディレイラ(型番不明)に交換することにしました。
IMG_5852.JPG
右が純正の FD-2303、左が交換後の 105(トリプル) ですが、チェーンを捉える部分の幅が広がっていて見た目だけでも安心感あります。

で、走行結果ですが...
チェーンスティとチェーンの干渉は全く無くなりました。FD-2303 はアウターからミドルへのシフトミス(いきなりインナーに落ちる時がある)が多く困りものでしたが、それが無くなり インナー -> ミドルや  ミドル -> アウターもずっとスムーズになりました。
105 が想定するチェーンの幅が狭いためか調整はよりシビアになりましたが、利点のほうが多い感じで満足です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/124876016
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。