2017年03月26日

子供達のダブル受験終了と息子の新生活拠点の自転車秘密基地化について

私事ですみませんが、実は今年は息子(大学受験)と娘(高校受験)のダブル受験となってしまい大変だったんです。僕は子供達の教育には全く興味ないので、大変だったのは主にカミさんですが(恥)。
優秀な娘は早々と自宅近くの志望校をゲットしたのですが、息子は先週にやっと入学したい学校を決定。しかも地方の大学を選択したので一週間ほどで引っ越しする必要がありここ数日はドタバタでした。
本日やっと息子の新生活住居への引っ越しが完了。なんか大した山のないとこだなーと思っていたけど、自宅に帰ってからルートを引いてみると最高標高200mくらいしかないくせに 距離110km 獲得標高 1700m くらいのルートが簡単にひけると判明。
しかも勾配の緩急が激しくて昇り降りを繰り返して脚が削られる、僕が最も苦手とするプロファイルで良いトレーニングになりそう。さいたま市からの行き帰りで片道100km超えのロングも楽しめるので、土日一泊でガツンと走る自転車基地に出来そうでニンマリしてます。

2017年03月21日

ハルヒル試走〜吾妻〜長野原〜北軽井沢〜二度上峠

昨日はハルヒルを試走してから吾妻方面へ下って長野原・北軽井沢・二度上峠経由で榛名支所に帰還するルートを走りました。
ハルヒルはあらかじめ用意しといたベストタイムのタイムテーブルが全く役に立たず 01:09:08 のダメダメリザルト。反省点多数。
IMG_1423.JPG

ハルヒルルートの路面は全線ドライ。降らない限りはもう凍らないでしょって感じ。
と書きながら天神峠の web カメラを今日見たら…
IMG_1446.PNG
昨日降った雪が積もったみたいですね。凍結してるかもしれないので今週末行く方はお気をつけを。

吾妻から見た岩櫃山。
IMG_1429.JPG
見るからに険しいですね。

吾妻から長野原の間は細かなアップダウンがあって地味に脚が削られます。

北軽井沢は素晴らしかった!。白銀の草津白根や浅間山を眺めながら、残雪が残る高原の風を楽しむヒルクライムなんて埼玉じゃ体験出来ないですからね。
IMG_1432.JPGIMG_1442.JPG
勾配が緩いので「どこまでも登っていけそうだな…」と思ってるうちにあっという間に二度上峠に到着。
IMG_1445.JPG
二度上峠から榛名支所まではひたすら下りです。

トータル距離106.7km、獲得標高2224m。今まではハルヒル試走の後は渋川まで下って榛名湖まで登り返すことが多かったのですが、このルートのほうがずっと気持ちよくって楽しいです。良いルート教えてもらった!

2017年03月18日

カーボンフレームの破損とアルミフレーム回帰について

最近、僕と同じフレーム(EMONDA SL)に乗る知り合いが車止めにぶつかってフレームを破損させたという悲報を聞きました。修理には10万円以上の費用がかかるらしい。
僕も同じ目に会う可能性があるかと思うと、いてもたってもいられず、旧フレーム(DEFY3)をセカンドバイクとすべく突貫工事で組み上げました。
IMG_1419.JPG
フレーム以外はブレーキのグレードが違うくらいでほぼ全部同じ、ポジションも完璧に合わせたつもり。

乗ってみた感じは…EMONDA より乗りやすい!エントリーのアルミフレームなんで当然なのかも知れませんが、荒れた路面の衝撃が全然少ない。アルミよりカーボンのほうが乗り心地良いって評価をよく見かけますが、今回の評価はそれと逆。素材の違いよりもフレームの設計の違いのほうが大きい時代になったのでは ?
DEFY3は坂はダメでした。EMONDA は踏んだだけきっちり登ってくれる感覚があるけど、DEFY3 は明らかにもっさりした感じでパワーが逃げるとはこういうことかと分かった。

EMONDA は最初はなんて硬いフレームだとビックリしたけど、しばらくしたら気にならなくなってフレームもエージングがあるのかと思ったけど違いました。身体が慣れただけ。

ブレーキは105じゃ握力のない僕はダメ。アルテグラに変えなきゃ。

でもロングライドならDEFY3のほうが疲れなさそう。結論として普段使いならこれで十分いける。これからは頑丈な DEFY3 を練習機としてヒルクライム本番は EMONDA SL で行こう。
posted by モッパー at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2017年03月13日

ときがわ町サイクルフェスタ新コース上級の試走へ

昨日はときがわ町サイクルフェスタ新上級コースの試走へ行ってきました。
次回のときがわ町サイクルフェスタから全てのクラスのコースが刷新されたので、路面状況の確認といっちょ試してやるか的な人達の集まりでした。

走ったのは雀川上雲線〜西平〜奥武蔵支線〜刈場坂峠〜グリーンライン〜高篠峠〜白石峠。本番はこのあと弓立山登るんですが、時間切れで DNF。

IMG_1404.JPG

日の出時刻、6:00 くらいになりましたね。走り出しも随分温かくなったなと思いつつサイコンの温度見たら -4℃、なんじゃ真冬とあまり変わらん。でも日が照っているだけで随分体感気温は違うものです。

登り始めてからはほとんど写真撮れなかったので、こんな見飽きた写真ですみません。
IMG_1406.JPGIMG_1408.JPG

新コースのインプレは... 昨日はグループライドで何か所かで全員を待ちながら走ったせいもありますが、旧コースより確実に時間がかかるようになった感じがします。白石峠を登り切った時点で13:00くらいにはなってました。参加される方はハンガーノックにご注意を。
弓立山含まずですが、自走区間も含めてトータル 165.2km・2018m と強度的には大したことない。弓立山も登りたかったな...絶対リベンジしてやる。 

以下、路面状況です。
雀川上雲線 : 問題なし
奥武蔵支線・グリーンライン : 凍結箇所や落石があるものの歩かず走行可
高篠峠からの下り : 歩かず走行可だが、路面状況が悪く落石が多いので出来れば走りたくない感じ
白石峠 : 問題なし
[未確認情報]
鎌北湖からグリーンラインで刈場坂まで登った方がいたので聞きましたが大丈夫だったとのこと。

グリーンラインを使うヒルクライムルートもようやくシーズンインですね、うれピー。でもハルヒル登れたって噂も聞いたので来週はハルヒルかな。

ランチは Winterland さんで。
IMG_1409.JPG
照り焼きチキンサンド。具沢山で肉汁がパンにたっぷりしみ込んでいてウマウマでした !

2017年03月09日

ヒルクライムと重量の関係について

私は冬場は1分程度白石峠のタイムが増えてしまいます。
このことについては以下の要因を想像していました。
  1. 荷物が増えたりウェアが重かったりすることによる重量増
  2. 荒川峠による影響
  3. 冬は空気の密度が増えることによる空気抵抗の増加
  4. 単にメンタルもしくはフィジカルがヘタレている
3. はそれほど影響しているとは思えない。
2. は定量的に示すことは難しそう。
4. はあってはならない、いや絶対に他の要因を見つけなければならない(笑)。
1. は定量的に計算できるのでは ? と思っていたら見つけましたよ、坂のプロファイルを入力すると重量減によるタイム短縮を計算してくれるサイトを。こちらです。
僕の場合冬場の装備は多分 2kg くらいは重いですからね。白石峠のプロファイルを入力して 2kg をタイムに変換すると...
無題.jpg
なんと 52.16 秒です。結構なもんですね。これで単にヘタれているだけではないことの証明も出来た(笑)。
私は BMI 19 を切っていてこれ以上体重落とすつもりは全くないですが、ダイエット目指している方は目標減量値入れてみると愕然とする結果が出てものすごいモチベーションになりますよ、多分。
この Analytic Cycling ってサイトは他にもマニアックなツール群がいっぱいあって楽しそう。理解するのが大変そうですけど。
posted by モッパー at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。