2017年11月23日

紅葉が最高でした : 妙義神社〜妙義湖〜妙義温泉

今日は家族サービスでカミサンを車で妙義へお連れしました。SNS で見た、知り合いが撮った妙義神社の紅葉が見事だったもんで。

まずは妙義神社。
IMG_3995.JPGIMG_3999.JPGIMG_4001.JPGIMG_4002.JPG
奥武蔵とは紅葉の勢いや色合いがまるで別物。コントラストが高すぎてスマホじゃ撮りきれない。カメラ持っていけば良かったと後悔。もちろん、奥武蔵の淡い感じの紅葉もあれはあれで良いと思う。

神社も荘厳で彫り物や絵画が美しい。
IMG_3996.JPGIMG_3997.JPGIMG_3998.JPG
赤城や榛名と伍するパワースポット感が半端ないです。これも、奥武蔵の点在する多くの鄙びたスポットはまたそれはそれで良いんですが。埼玉と群馬、こんなに近くなのに地域の特色がこんなに強くあるなんて不思議。チャリに乗るようになってより強くそれを感じるようになりました。

妙義湖の紅葉は終わりかけ。
IMG_4003.JPGIMG_4004.JPG

ランチは田舎やで。立派な古民家の蕎麦屋さん。
IMG_3989.JPGIMG_3991.JPG

天ざるを頂いたけど、蕎麦は普通、野菜の天ぷらが甘くて美味しい。
IMG_3993.JPG
盛りも良いのでチャリでも使えそう。これで \1200 はコスパ高いと思う。
IMG_3992.JPG
味噌おでん \350 も味が独特で美味しかった。

妙義温泉「もみじの湯」に入って帰ったけど、すごく温まるお湯で今でもポカポカ。
IMG_4005.JPG
ここのランチもリーズナブルなお値段でチャリでも使えそう、チェックチェック。

道の駅みょうぎで野菜をたんまりとゲット。これで野菜背負ってチャリで帰るのはしばらく必要なさそう(笑)。家族サービス含めてチャリで思う存分走るために一応こういう努力もしてるんですよ(笑)。
posted by モッパー at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | モッパーの日記

霊山院(表)〜白石峠〜堂平山〜奥武蔵支線〜刈場坂峠〜弓立山

昨日は突然お休みを取れることになったので、当然のごとく山へ(笑)。

午後から降りそうな予報だったので車載でときがわにデポ。

インナー1枚なのと手足カイロ無し以外は完全真冬装備にしたけど甘かった。西平に着いたら-3℃。すでに風邪ひきそう。

まずは軽くアップで霊山院(表)へ。
IMG_3945.JPGIMG_3946.JPG
紅葉はまずまず。

白石峠のタイムは 35:29。前回のチェーン引きずってたときと20秒しか変わらない(泣)。いや、これは自走しなかったせいだ、絶対そうだと自分を納得させる。僕のいつもの行動パターンだと2-3日後には自走で登ってあーでもないこーでもないと言うに決まってるので乞うご期待(笑)。

IMG_3948.JPG
白石峠と定峰の間は予定通り通行止め、来年2月末まで工事です。

次は奥武蔵の峠の中で、一番ゆるクライムで登ると楽しいルートだと思っている奥武蔵支線経由刈場坂峠へ。
IMG_3952.JPG
都幾川の渓谷の紅葉はバッチリ綺麗。
IMG_3954.JPG

途中の舟の沢橋で工事をやっていて、昨日は通れたけど一昨日は舗装工事のため通行止めだったそう。
IMG_3953.JPG
今後も何度か通行止めにするらしく注意です。

IMG_3950.JPG
刈場坂からはピストンで下りたけど、ヤバイくらい寒かった。

ランチは里味さんで。あいにく今日は手打ちうどんがなく、焼きそば大盛り。
IMG_3958.JPG
IMG_3956.JPG
猪汁とかモツ煮を中心として定食にするメニューも開発されたとのこと。次はそれ行ってみよう。

IMG_3955.JPG
里味さんの薪ストーブですっかり生き返ったので、午後は弓立山へ。

山頂からの景色はいつも通り素晴らしい。
IMG_3960.JPG

もうちょっと登りたかったけど、娘のお出迎えを頼まれてたのでリターン。

Stravaのログはこちらを。

2017年11月20日

白石峠〜堂平〜高篠峠〜くぬぎむら体験交流館

昨日はホームコースの白石峠参りへ。

日の出前の荒サイの気温は-1℃、さいたま市街より5℃低かった。氷点下は想定してなかったのでグローブが真冬仕様ではなく手がかじかんで死にそう。コンビニで一個売りのホッカイロを探すも売り切れ。飛ぶように売れたんでしょう。

川越線踏み切り南で通行止め、迂回路用意されてます。
1222D526-D8E9-489F-8BE6-E37BC6EFEEE7.jpeg
でも迂回路の途中の坂に意味不明なシケインがあって危険なので、堤防東側の一般道のほうが走りやすいと思う。

ときがわの里エリアの紅葉は見頃。正法寺の紅葉が見事だった。
B1675965-FB4F-40E2-BB22-53B0BE31D095.jpeg

前日泳いで痛めた肩の痛みが残っていて白石は無理せず登ったので35:52の凡タイム。でも楕円チェーンリングと違い「オッオッ〜、僕のハムちゃん今日も良い仕事してます!」感が戻って楽しく登れて安心できた。

堂平の紅葉は終わりかけ。
A1E35836-6BFB-4D78-9C6C-870CE94682C7.jpeg

秋の陣なるイベントやっていたけど、10:00じゃ皆さん準備中で早すぎた。
B1A5BD3D-4AD9-48B5-B793-65B894344085.jpeg99BE339E-D61E-4101-B9BC-7859A54B5252.jpeg6C201B46-6A56-4206-A195-24F936EF1002.jpeg

グリーンラインを下って鎌北湖の紅葉見に行こうと思っていたけど、3℃の寒風吹きすさぶ稜線降りるには装備がショボすぎると判断し、高篠峠から下りて椚平のひもかわうどん食べて帰りました。
0B88C7A0-64AD-41A7-973F-F5265F3BA11C.jpeg

自走路は行きも帰りも冷たい向かい風で辛かった。
帰路でリアディレイラーがなんかチャラチャラ鳴るなって思ってチェックしたら…
0E76DC4D-74CA-4161-BEE8-1F978B13B086.jpeg
チェーン通す時に初歩的な間違いを犯していたまま100km以上走ったことを発見。って言うと自分でチェーン交換したことある方なら必ず分かる例のヤツですよ。普通は音と抵抗ですぐに分かるんですが、新アルテってあまり音変わらないんですよ。超焦っていつもお世話になっているパワーコープに駆け込んで見てもらったら、ちょっと削れてるけど大丈夫とのこと。良かった〜!!!帰宅してから手で回してみたら、「普通分かるよコレ」っていう程の抵抗感(泣)。これで白石35:52は上出来だったかも(笑)

パワーコープで見かけた KNOG の新発売のライト「pwr」。
7875D6DA-650C-491D-862C-FCF478CED355.jpeg
ライトとバッテリーが自由に組み合わせ出来るとか、オプションモジュールが豊富とか、なかなか良さそうです。

以下、Strava のログです。

2017年11月12日

楕円チェーンリング(アブソリュートブラック)の取り付け方法とレビュー

知り合いで楕円チェーンリングにトライする方が増えて気になってたんで試してみました。

信頼するお店のマスターに相談したら、アブソリュートブラックが加工精度が高くて変速ミスが少なくて良いとのこと。アブソリュートブラックはアウターとインナー別売だし、インナーだけなら試しに買っても良いお値段なので、エィっと買ってしまいました。
IMG_3703.JPG
暗くて分かりにくくてすみませんが、赤丸のところにノッチがあってここにクランクが来るよう組み付けます。黄丸のボルト穴はボルトの頭用の凹みがあるほうがフレーム側。

IMG_3702.JPG
まずは TL-FC16 でクランクシャフトの蓋を外します。大したトルクじゃないので工具はいりません。
IMG_3704.JPG
次に左側クランクを固定しているボルトを外します。
IMG_3705.JPG
完全にボルトを抜いてから脱落防止用のスリットを外します。
あとはズボッとクランクを抜くだけ。固かったらプラハン等で軽く叩くといいようです。
IMG_3706.JPG
なかなか普段は手が入らない場所だしいい機会なんでアチコチ清掃。BB の回りは軽くてまだ大丈夫そう。各所のグリスアップもしときます。

さてさて、チェーンリングを外そうとして気付いたんですが、トルクス(T-30)なんですね。
IMG_3707.JPG
L型のトルクスレンチは持ってたけど外すのに結構な力が必要でした。調べたら規定トルクは12-14Nmとのこと。手持ちのトルクスレンチは短かすぎて規定トルクで締め付ける自信ないのでトルクレンチにつけられるビットを買いに走りました。
C03920B8-B62C-4BD6-9C72-08808CB57B2D.jpeg
クランク左側のボルトも規定トルクは12-14Nm。これも通常のヘキサレンチの感覚からするとかなり強めなのでトルクレンチで締めこみました。
905DE83D-C37F-45CB-8AA1-05F15A7490B5.jpeg

さてさて、本題の楕円チェーンリングのレビューをば。
今日はシェイクダウンで僕のホームコースの白石峠に自走で行きました。平坦 120km、ヒルクライム 6km、獲得標高合計 1100m くらいなんで初回としては十分でしょう。

  • 平坦路
    なんだか脚を持ち上げる力がいらなくてケイデンスが勝手に上がる。いつもは 95rpm 程度で回すけど、楕円リングは105rpmを楽々と維持出来る。おおー調子いいじゃんコレ。でも心拍とパワーが上がってる程はスピードが乗らない感じもする。50km くらい走ってから突然変調に気づく。えっ太腿終わっちゃってる。要は脚を持ち上げる力が少なくて済む分、踏むペダリングになってしまっている。脚裏の筋肉が使えていない様子。

  • ヒルクライム
    平坦路よりもっとダメダメ。やはり脚裏の筋肉が使えない。ダンシングは明らかにガチャ踏み。何より登るのが全く楽しくない。白石峠1本で登る気失せた。

帰路は非楕円のアウターだけで帰ったけど、ちゃんとパワーがスピードに反映されて生き返った感じ。

お知り合い各氏から、楕円はトルクがある人には向いてるけど僕みたいにケイデンスで稼ぐタイプには向いてないと言われ、オークションサイト出品を決意(泣)。

帰りに購入したお店のマスターに報告したら「1回乗ったくらいじゃ分からない。ペダリングを変えなきゃだから、遅い人は3ケ月くらいかかる。」と言われてショック。大いに心が揺らぐ。3ケ月かかってやっぱり合わないなんて分かったらどうしよう...
結論がまだ無くってすみません、また続報します。

2017.11.13 追記
この記事を書いた後、惨憺たる白石の結果をチェックして愕然。46:56、多分今までで最悪。それなりのパワーは出てるのに、調子いい時は平均85rpmくらいのケイデンスが63rpm。めちゃくちゃ効率悪いってことです。もし楕円リングが合っている可能性があるとしても、こんな状況で峠登るなんて僕にとってはあり得ない。即非楕円に戻しました(弱!)
8D5D066E-D671-4143-BEA5-2055DF5AFF2F.jpeg

2017年11月11日

息子の大学の学園祭へ

今日は水戸に住む息子の大学祭へ。
IMG_3775.JPG
地方大学らしいのんびりした雰囲気で楽しめました。

大学構内の銀杏の巨木が綺麗だった。
IMG_3774.JPG
青い秋空とのコントラストが素晴らしい。

ランチは大学のそばにある日本料理店、真依さんで。
IMG_3773.JPGIMG_3770.JPGIMG_3769.JPG
お手軽ランチを頂いたけど、お味は本物。都内だとあり得ないコスパです。
IMG_3771.JPGIMG_3772.JPG
夜も同じようなお値段で本格的なコースやアラカルトが楽しめるようなので、今度は息子と一緒にお酒も含めて大人の時間を味わせてやろう。

大学の図書館にはサザコーヒーが入っていました。
IMG_3776.JPG
今まで知らなかったけど、サザコーヒーって茨城県に本社がある個人経営のチェーン店で今は都内にも店舗があり、スタバを凌ぐ品質とも噂されているらしい。
IMG_3777.JPG
確かに店内もお洒落だし、コーヒーもスイーツもド〇ールやプ〇ントあたりの画一的な感じと違うエッジが立った感じで好感です。大宮駅内にも店舗あるようなので、出張の時に使ってみよう。

息子が水戸に住み始めてから、初めて茨城の食文化に触れて新鮮な驚きの連続です。
posted by モッパー at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | モッパーの日記
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。