2017年08月23日

Amazon で人気の激安ライト Te-Rich 1200 ルーメンを購入したのでレビュー

フロントライトはこちらの記事に書いたように CATEYE の VOLT400 を使ってきました。
僕は基本的に夜間走行はしない主義ですが、真冬は夜明け前に走り出すので薄明りの中の走行、稀に帰りが遅くなって仕方なく夜間走行って感じなので、その範囲では VOLT400 には満足してます。
でも、ごく稀に夜明け前の濃霧や帰りに真っ暗闇の河川敷に出くわすことがあって、そんな時は VOLT400 じゃ光量不足。もうちょっと明るいライトが欲しいなとは思ってました。

Amazon を巡回していて良さげな激安ライトを発見。
Te-Rich 1200 ルーメン。1200 ルーメンが本当かどうかは疑わしいけど、多少サバを読んでるとしても
\3200 は安い。Amazonでの評価は上々なので品質的にも大丈夫そうってことで人柱覚悟でポチりました。

案外小さな箱にギッシリ詰まって届きます。
IMG_3073.JPGIMG_3074.JPG

左端のタバコの箱と比べるとコンパクトさが分かるかと。
IMG_3075.JPG
左から、バッテリー・ライト本体・尾灯・ハンドルマウンタ・USBケーブル・ヘルメットマウンタ。
付属物は至れりつくせり。ただし、ヘルメットマウントはロードバイクでは使える代物ではない感じ。尾灯は「贈り物」なので保証しません、だって。要はプレゼントなので動かなくても知らんよということらしい。評価見てると実際動かないこともあるみたい(笑)。
IMG_3134.JPG
僕のは一応点灯しましたが、今使っている MOON GEM 3.0 よりかなり暗いので多分使わないな。
IMG_3076.JPG
左がスマホ充電用にトップチューブバッグに常備している Cheero Power Plus 3 10050mAh。
右がこのライトの付属バッテリー。4400mAh なんで容量なりの大きさってとこですね。

買ってから気付いたんですが、このライトの大きな利点は Cheero みたいな汎用のモバイルバッテリーが付属バッテリーの代わりに使えること。つまり、僕みたいにトップチューブバッグにモバイルバッテリーを常設している場合はそれをスマホとライトで共用出来るんです。これは僕みたいな非常時用途だとメリットが大きいです。

実際、モバイルバッテリーで点灯させてみました。ただし、付属バッテリーと同じ2A以上の出力が必要とされるはずです。
IMG_3078.JPG
左の Cheero は 2.4A 出力なので、問題なく点灯出来ました。もちろん、スマホと同時接続すると定格超えるのでやめたほうが良いですよ。
右のパナソニック QE-PL202 は 1.5A 出力なんですが一応は点灯。
定格を超えた使用になるので怖くて光量の比較や連続点灯等はやってません。使用しないほうが良いでしょうね。

こちらの記事に書いたトップチューブバッグ、ドイターエナジーバッグ7000に付属バッテリーと Cheero 両方を入れてみました。
IMG_3079.JPG
まあ、なんとか入ります。

IMG_3080.JPG
REC-MOUNT で搭載した VOLT400 と Te-Rich の同時マウントはこんな感じ。僕はここまでは必要無くってどちらかあれば良いんですが、ブルべな方には魅力的なんでしょうね。Te-Rich は普通の三脚アダプタが底面についているので REC-MOUNT のオプション買えば、写真の VOLT400 と同じように逆付けマウント出来るはず。

とっても気になるのが USB ケーブルの接合部分。以下はバッテリーをトップチューブバッグに入れた場合。
IMG_3085.JPG
この製品、IPX6 防水だと言ってますが、赤丸部分の USBケーブルのコネクタは明らかにそうではない。おまけに大汗かきの僕は夏場のヒルクライムで大量の汗を落とす箇所です。

以下は標準キットで想定されている、トップチューブにバッテリーをベルクロで固定するパターン。
IMG_3086.JPG
僕は見た目恰好悪いと思いますが、バッテリー自体の安定は問題なさげ。でも、こちらも赤丸部分の防水がダメそう。防水素材で保護するとかしないといけないでしょうね。

さてさて、お約束の実測タイム。
IMG_3082.JPG
VOLT400 は 109g。

IMG_3083.JPG
Te-Rich 1200 本体は122g。ハンドルマウント含んでますからね、これくらいなら許せます。

IMG_3084.JPG
付属バッテリーは 126g。
IMG_3133.JPG
Cheero Power Plus 3 10050mAh は 188g。思っていたより重い。僕の場合は付属バッテリーとの二個持ちはやっぱりあり得ない。Cheero をライトとスマホで共有するんだろうな。

以下、肝心の点灯テスト結果。写真も撮ったけど、写真での判断って凄く難しいので文面で書きます。

VOLT400 の配光パターンは広くて足元まで見えて安心出来るけど、中央部が暗くてスピードを出すと怖い。

Te-Rich は典型的な懐中電灯パターンと言えば良いかな?中央部に集中していて遠くまで届く。周りにもそれなりに配光されているけど足元までは届かない。対向者に配慮したパターンではないし、Hi だと明るすぎて眼を直撃されると危険なレベル。刺されないようライトの向きに注意しましょう。

Mid はほぼ VOLT400 並。VOLT400 より遠くまで届くけど足元は不安。街中ポタリングだと VOLT400 の方が良さそうだけどサイクリングロードだと Te-Rich のほうが良さげ。

Hi は当然 VOLT400 より遥かに明るい。30km 巡行も不安なさそう。比べるべきは VOLT800 あたりでしょうが、残念ながらこのクラスのライトは持ち合わせてないので比較できません。Hi だと数分しか持たなくて Mid に落ちると書かれているサイトがあったけど、確かに熱くはなるが走ると冷却されるせいか、30分程度点灯しても Mid には落ちませんでした。

とりあえず街中を走ってみただけなので、もう少し色々な状況で試してみてから再度レポートします。
posted by モッパー at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - ライト

2017年08月21日

ぶたのしっぼ〜雀川林道をゆるクライム

昨日はお知り合い達と奥武蔵ゆるクライムへ。
前日の大雨で路面状況が悪そうだということで、荒川河川敷は避けて自走し、路面状況の良さそうな峠へ。ベテランの達人の方々と一緒なので大助かり。

IMG_3094.JPG
八高線が見れてラッキー。

IMG_3096.JPG
都幾川のすぐそばに下りる秘密のポイント。よくこんな場所知ってるな。

ランチはこぐまのしっぽでパンを買って屋外で食べようという作戦。
IMG_3100.JPGIMG_3097.JPGIMG_3098.JPGIMG_3099.JPG
開店した頃に一度行ったことがあったけど、当時はハムとソーセージが中心という感じだったのが、今は随分パンの種類と量が増えてイメージが変わっている。食事にするにはコスパ悪いイメージもあったけど、パン1個のボリュームがかなりあるし美味しいので良い感じです。

雀川林道をゆるゆると登って...
IMG_3101.JPG
東屋でランチ。

雲河原線で降りて、お決まりのビューポイント訪問。
IMG_3104.JPG

お池の水で補給。
IMG_3117.JPG

冷やし甘酒、自販機で売られているのを初めて見たけど、ライド後の疲れた体にはとっても美味しかった。
IMG_3118.JPG


Strava のログはこちら

2017年08月20日

八溝山(敗退)〜袋田の滝

昨日は水戸に行ったので八溝山ヒルクライムにチャレンジ !!! のつもりだったけど、車で辿り着いたらひどい濃霧で路面もウェットなのでギブアップ。このところの悪天候でどこの山もこんな感じみたいですね。

しょうがないので車でトライ(弱!)。大子側からは248号で登る道と林道で登る道があるので、248号で登って林道で降りてみた。
IMG_3059.JPG
248号が「表」な感じで明るく路面も良いが、前半緩やかで後半になって突然レベル上げてくる感じ。

IMG_3056.JPG
林道は「裏」。暗くて路面が悪く常に10%超えてる感じ。

「表」と「裏」の登り返しもガッツリ行けて楽しそう。

でも、人里離れた深山な感じたっぷりで車でも怖い。
IMG_3058.JPG
頂上には展望台もあるけど、「何か」がいそうな雰囲気で怖くて登るの止めた。

ともかく、他にもバリエーションルートあるみたいだし、リベンジする魅力は十分。

帰りに28号線を降りている途中に旧黒沢中学校を発見。
IMG_3062.JPGIMG_3061.JPGIMG_3063.JPG
木造校舎で僕の田舎の小学校みたいで懐かしかった。

道の駅奥久慈だいごに車をデポしてチャリで袋田の滝へ。
IMG_3065.JPGIMG_3064.JPG
袋田の滝周辺等の駐車場は有料なので、道の駅奥久慈だいごあたりに車をデポしてこの辺りの観光地をサイクリングするのは良いプランかも。

大子の町もレトロなお店があっていい感じ。
IMG_3066.JPG

ひよっこ」のレトロバスとも遭遇。
IMG_3067.JPGIMG_3068.JPGIMG_3069.JPG
昭和42年製ってことは僕の一年後輩。よくこの年まで頑張ってんな〜、僕も頑張る。

息子の住処の近くでフレンチを発見。レストランママノエル。よくぞこんな場所にこんなお店がって感じ。
IMG_3070.JPGIMG_3071.JPGIMG_3072.JPG
これで \1,300 は驚愕のコスパだと思う。

チャリなしで水戸の息子の住処近辺を巡ったら、こんなに楽しくて美味しい場所は多分見つけられなかっただろうし、茨木の魅力にも気付かなかっただろう。チャリって良いなって素直に思う。
posted by モッパー at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク - その他

2017年08月14日

久々の白石峠自走

昨日は約2ヵ月振りに自走で白石峠ヒルクライムへ。

前日のスイカダメージが残ってるからしょうがないと言い訳しつつ、コンポ交換後初めての白石峠は 35:00 の凡タイムで大いに凹む。やっぱりコンポの差なんて微々たるもので、エンジンなんだよな。でも、大枚叩いたマシンでタイム更新出来ないなんて絶対自分を許せないというモチベーションで頑張るしかない、それが最大の投資効果かも(笑)。

知り合いに案内して頂いた知らない自走ルートと山奥の秘密の場所には驚きの連続!

高蓧峠と奥武蔵支線の途中で横道に入ると突然空が開けてこんな素敵な場所が。
IMG_3001.JPG
今はパラグライダーの着地地点や練習場として使われているみたいだけど、戦国時代には橋倉城というお城があったとのこと。
確かにこの辺りだけ起伏が人工的な感じがする。どこが本丸だったんだろうとか想いを馳せると楽しい。

IMG_3002.JPG
橋倉橋そばの湧き水。よく通る場所なのに知らなかった。何も書いてないから知ってる人は少なそう。

ランチは割烹とき川で。
IMG_3003.JPG
見た目入り辛い雰囲気なのでローディーを見かけることは少ないけど、バイクラックもあるし、ランチは¥1000程度の定食もあってお勧めですよ。
IMG_3004.JPG
ミックスフライ定食を頂きました。揚げ物メニューは結構ボリュームあります。メニューには書いてないけど大盛りオプションもあるみたい。

最近は榛名や赤城へ遠征したり、天候不順から奥武蔵や名栗も車載で行くことが多かったけど、やっぱり奥武蔵の峠へ自走って目一杯1日を楽しみ尽くしました感が良いわ〜やっぱりこれが僕のホームルートって思ったのが結論。

Strava のログはこちら、自走路もかな〜りマニアックです。

2017年08月12日

高坂駅から雪見峠めがけて新設されつつある廃線跡利用のサイクリングロードと移転後のサブマリンへ

今日は高坂駅から雪見峠方面へ新設されつつある、サイクリングロードの探索に行ってきました。

高坂駅西口北側からサイクリングロードがスタート。
IMG_2978.JPG
歩道とサイクリングロードを隔離して、サイクリングロードには双方向の車線が用意されている点は高く評価出来ます。

この道、こちらの記事に書いた東武鉄道高坂構外側線(日本セメント東松山専用線とか色々通称があってややこしい)の廃線跡を活かしたものなんです。

IMG_2979.JPG
木陰区間もあって、とっても走りやすい道ですよ。残念なのはどこにも廃線跡地であることが書かれていなくて線路の遺構が残されていないこと。こんな道をガタゴトとセメント列車が走ったことを思い浮かべながら走るととっても楽しい道なのに...もったいない。

IMG_2980.JPG
関越自動車道手前で突然終了。今は 1.5km くらいしかないですが、東武鉄道高坂構外側線は雪見峠の登り口あたりまで続いていたので、そこまで延長する予定みたいです。

ランチは移転したサブマリンへ。
IMG_2984.JPG
旧店舗より屋外が広くなってバイクラックも出来ました。

勇気を出して(笑)、ダイナマイトに初挑戦。
IMG_2985.JPGIMG_2987.JPG
見た目、すげーデカくて少食な僕は絶対無理と思ったけど、食べてみると意外とすんなり収まった。

経路の詳細は Strava のログをご参照下さい。

ここからは本題から外れた番外編ですが...

戸守ローソンの向かいの無人販売所、日によって在庫の差が激しいけど、意外に新鮮で美味しい野菜が手に入ることが多いです。
IMG_2977.JPG
今日は在庫豊富だったので、いんげん・オクラ・スイカ・キュウリをゲット。
IMG_2989.JPG
小振りなんで大丈夫かと思ったけど、スイカは余計だった。重すぎて腰が痛くなってダメージ大(泣)。

半額でLintamanシューズが売られてるのを見つけて買ってシェークダウンしたけど、すごく履きやすくて良い。走りながらの調整も楽々。
IMG_2986.JPG

秋ヶ瀬の自販機でアクエリアスの経口補水液が販売開始されていた。
IMG_2988.JPG
でも \200 もすんだよな...その価値あるのか正直疑問。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ  
↑ ブログランキングに参加してます。ポチッしてもらえるとうれしい。